めぐちゃんの香港映画感想ブログ

香港映画が大好きで、気ままに感想・レビューを書いています。「あらすじ・ネタバレ」ありなので観ていない方は御注意下さい。

ドラゴン怒りの鉄拳

ドラゴン怒りの鉄拳

■原題
精武門

■製作年
1971年

 

ブルース・リー主演第2作です。

この作品は結構リメイクされていて、
ジャッキー・チェンドニー・イェンなども演じています。

ジャッキー・チェンの「レッド・ドラゴン新・怒りの鉄拳」は
続編的な位置付けらしいですが、あんまり続編という感じはしませんでした(^^;)

ちなみにこの作品、ジャッキーがスタントで出演しているそうです。

 

f:id:meguchanhongkong:20171013085835j:plain

主題歌が何とも哀愁があって良いんですよねぇ。

 

 

f:id:meguchanhongkong:20171013085907j:plain

チェン(李小龍)の師匠が謎の死を遂げます。
帰郷したチェンは使用人に師匠の埋葬場所を聞き駆けつけます。

 

 

f:id:meguchanhongkong:20171013085928j:plain

ティン(黃宗迅)
武館の料理人です。

 

 

f:id:meguchanhongkong:20171013085950j:plain

師匠の死を受け入れられないチェンは遺体を掘り起こそうとしますが、
師範に制止され気絶させられます。

 

 

f:id:meguchanhongkong:20171013090009j:plain

ユアン(苗可秀)
チェンの幼馴染であり婚約者です。

 

 

f:id:meguchanhongkong:20171013090031j:plain

チェン(李小龍
様々な俳優さんがこの陳真役を演じています。
師匠の霍元甲は実在した方らしいですが、弟子である陳真は架空の人物だとか。

師匠の死のショックから食事も喉を通らないチェン。

 

 

f:id:meguchanhongkong:20171013090054j:plain

師範(田豐)
左の男性です。厳格な父や師匠役のイメージが強い俳優さんです。

スー(李昆)
真ん中の男性です。ドラゴン危機一発にも出演されていました。
クレージーモンキーに出演されていた時のコミカルな役が印象的です♪

役名不明(田俊)
右の男性です。こちらも危機一発に続いての出演です。

 

師範に師匠は病死だと言われますがチェンは納得出来ず真相を暴こうとします。

 

 

f:id:meguchanhongkong:20171013090211j:plain

そして師匠の初七日を迎えます。
厳かに式が行われていると、日本人である鈴木が館長を務める虹口道場で
鈴木の通訳をしているウー(魏平澳)と門下生2人がやって来ます。

 

 

f:id:meguchanhongkong:20171013090240j:plain

「東亜の病人」と書かれた看板を持って嫌がらせをします。
おまけに精武館の門下生と闘ってもし負けるようなら
この看板を食べてやると挑発してきます。

彼らの挑発に怒りが爆発しそうなチェンは闘おうとしますが師範に制止されます。

「武術は自身の心身を鍛える為で相手を傷つけるものではない」という
師匠の教えを守る為です。
その場は何事もなく済みましたが、チェンの怒りは頂点まで達しています。

 

 

f:id:meguchanhongkong:20171013090307j:plain

チェンは単身で虹口道場へ乗り込みます。

 

 

f:id:meguchanhongkong:20171013090327j:plain

ヨシダ(馮毅)
日本人役ですが、中国の方です。

 

 

f:id:meguchanhongkong:20171013090348j:plain

袴が逆です!!!
でもこれはあえて逆に履いているらしいです(;・∀・)

 

 

f:id:meguchanhongkong:20171013090440j:plain

リーの代名詞「ヌンチャク」登場!!
鍛えられた美しい体…ドキドキ(*´з`)

リーって片手の指だけで腕立て伏せが出来るんですよね。
腕立て伏せじゃなくて指立て伏せと言った方がいいのかな。
凄すぎます(゚Д゚;)

 

 

f:id:meguchanhongkong:20171013094753j:plain

次々と門下生を倒すチェン。
そこにヨシダが立ちはだかりますがあっさりと倒します。
負けたら看板を食べるという約束を門下生に果たさせチェンは去ります。
これを聞いた鈴木は怒り、報復を目論みます。

 

 

f:id:meguchanhongkong:20171013094817j:plain

鈴木館長(橋本 力)
虹口道場の館長です。日本人の方です。

 

 

f:id:meguchanhongkong:20171013094834j:plain

鈴木の用心棒(勝村 淳)
この方も日本人の方です。

 

 

f:id:meguchanhongkong:20171013094855j:plain

帰り道、チェンが通ろうとすると門番に制止されます。
(ここが何の施設だかちょっとハッキリ分かりません。公園?かな。)
中国人と犬は入れないと言われます。

 

 

f:id:meguchanhongkong:20171013094914j:plain

日本人役の元華、発見!
若くてあどけない感じです(・∀・)

挑発に逆上したチェンは日本人達をやっつけます。

 

 

f:id:meguchanhongkong:20171013094937j:plain

一方、精武館に虹口道場の門下生達が仕返しにやって来ます。
武館をメチャクチャにされ、3日以内にチェンを引き渡さないと、
道場は閉鎖し、全員逮捕すると脅されます。

チェンが戻ると自分のせいで精武館に危害があった事に心を痛めます。
仲間達は捕まらないように上海から離れるように言います。

 

 

f:id:meguchanhongkong:20171013095000j:plain

出発前の夜、師匠の祭壇の前にいるチェンを心配するユアン

みんなが寝静まった頃、チェンは怪しい物音を耳にします。
物音がする方へ向かうとそこは調理場で、料理人のティンとフォンがいます。

 

 

f:id:meguchanhongkong:20171013095021j:plain

フォン(韓英傑)
左の男性です。

 

チェンはティンが菓子に毒を入れ師匠を毒殺したという話を聞いてしまいます。
チェンはティンとフォンを殺害します。

 

師範に師匠の仇を討つと手紙を書き残し姿を消します。
翌朝、ティンとフォンの遺体が電柱に吊るされているのが発見されます。
これはチェンの仕業だと確信した師範は行方を捜します。

 

 

f:id:meguchanhongkong:20171013095156j:plain

チェンは師匠の墓地にいました。
ユアンはどうするつもりなのか尋ねても答えてくれません。
チェンの意志は固いのです。
しかしチェンがユアンを想う気持ちは本当で、それを証明します。

リー、ここで初めてキスシーンをみせるんですよねぇ(*´з`)

 

チェンはユアンにウーという名前に聞き覚えはないかと尋ねます。
ティンとフォンを殺害する前に2人がウーという名前を口にしていたからです。
ウーは鈴木館長の通訳だと伝えるとチェンの表情が一変します。

 

 

f:id:meguchanhongkong:20171013095246j:plain

虹口道場ではティンとフォンが殺され、復讐を企てています。
ティンはヨシダの弟で精武館へスパイとして送り込んでいたのです。

ウーはこちらから動くと師匠殺しの疑いをかけられるので、
警察に圧力をかけて精武館を揺さぶってはどうかと提案します。

 

 

f:id:meguchanhongkong:20171013095306j:plain

警察官(羅維)
この作品の監督です。中国の警察官役です。

 

 

f:id:meguchanhongkong:20171013095330j:plain

警察はチェンを引き渡さないと道場を閉鎖し全員を逮捕すると
日本領事館から通達があった事を伝えます。

警察も不本意ですが、日本の租界であるこの地で面倒を起こしたくないので、
チェンを引き渡すように言います。
しかし師範達にもチェンの居場所は分からないのです。

 

 

f:id:meguchanhongkong:20171013095403j:plain

一方、鈴木館長達は宴会でバカ騒ぎしてます。

ペトロフ(Robert Baker)
真ん中の男性です。
自国で騒ぎを起こし亡命してきたロシアンマフィアのボスです。

 

 

f:id:meguchanhongkong:20171013095454j:plain

宴会を1人抜け出したウーは人力車に乗り込みますが
この車夫はチェンだったのです。

人力車持ち上げてぶん投げます(/・ω・)/

チェンを目の前にしたウーは師匠殺しの真相を全て暴露します。
命乞いをするウーはチェンの隙をついて殺そうとしますが、
返り討ちにあい殺されます。

 

 

f:id:meguchanhongkong:20171013095535j:plain

通訳のウーも殺され鈴木の怒りは頂点に。
一刻も早くチェンを捕まえるよう警察に詰め寄りますが、
警察はあてにならないと日本領事館に連絡します。

 

 

f:id:meguchanhongkong:20171013095556j:plain

新聞売りに扮したチェン
リーがおじいちゃんになったらこんな感じなんですね(^^)
おじいちゃんになる前に亡くなってしまったからなぁ(T_T)

 

警察は再び精武館にチェンを引き渡すように忠告します。
チェンと接触したユアンはチェンの行方を師範に話します。

 

 

f:id:meguchanhongkong:20171013110212j:plain

チェンは電話修理工になりすまし偵察をします。

緊張感のある雰囲気の中にリーのコスプレがちょっとほっこり(*´ω`*)

 

 

f:id:meguchanhongkong:20171013110231j:plain

道場ではペトロフが鉄の棒を曲げる技を披露しています。
よく見ると本物を曲げているわけではなく、別撮りで作り物を使用しています。

 

そしてついに鈴木は精武館を皆殺しにする命を下します。

チェンを捜しに来た師範と一部の門下生達は師匠の墓地を捜索します。
その間に虹口道場の門下生達は精武館へ向かいます。

 

 

f:id:meguchanhongkong:20171013110314j:plain

チェンは単身で虹口道場へ向かいます。
僅かに残っていた虹口道場の門下生達を倒し、再びヨシダと対決します。

ヨシダは日本刀を持ち出して襲いかかってきますが、
チェンが蹴った自身の日本刀が刺さって死亡します。

 

 

f:id:meguchanhongkong:20171013110342j:plain

チェンは鈴木の用心棒を倒し、ペトロフと闘います。

私の好きな回し蹴りが結構観れて満足~♪
回し蹴りって綺麗にキマるとスカっとするのよね(^^)v
あとリーのパンチってボクサーみたいに速いっす!!

鈴木館長がボスなんだけど、
チェンVSペトロフの闘いがこの作品のベストファイトだと思います(/・ω・)/

トドメは顔面にキックを浴びせ喉に強烈なチョーーップ!!!
ペトロフを倒します。

 

 

f:id:meguchanhongkong:20171013110403j:plain

鈴木はヨシダと同じく日本刀を持ち出してきますが、チェンはヌンチャクで対抗!
日本刀を手放させ、最後は拳で闘い、チェンの飛び蹴りで鈴木を吹っ飛ばします!

この鈴木が吹っ飛ぶシーンのスタントをジャッキーが演じているとか。
でも言われないと分かりませんね(^^;)

鈴木を倒した後のチェンの表情がなんとも…
復讐を果たしても師匠は戻って来ないですもの。

 

 

f:id:meguchanhongkong:20171013110431j:plain

師範達が精武館に戻ると残っていた門下生達が殺されていました。
そして日本人領事館の者達がやって来てチェンを引き渡すように言います。
警察もかばいきれず師範達を説得します。

 

チェンが戻って来ます。
師範達の話を聞いたチェンは精武館を守る為、自首する決意をします。

 

 

f:id:meguchanhongkong:20171013110515j:plain

警察に連れられ外に出ると銃を構える面々が。

 

 

f:id:meguchanhongkong:20171013110539j:plain

衝撃のラストです。

 

 

日本人が悪役という事で当時は日本での公開が躊躇われたとか。

私はほとんど政治的な事は気にしません。

誰が善か悪かなんて人によって変わるし、
歴史の真実なんて伝言ゲームみたいに簡単にねじ曲がっちゃうし、
個人的にはあんまりこだわってもしょうがないと思うんですよね。

領土問題とか歴史問題とか、
過去より未来を見ようぜって感じですかね。
辛い過去はどうやったって変えられないんだし。