めぐちゃんの香港映画感想ブログ

香港映画が大好きで、気ままに感想・レビューを書いています。「あらすじ・ネタバレ」ありなので観ていない方は御注意下さい。

死亡の塔

死亡の塔

■原題
死亡塔

■製作年
1980年

 

ブルース・リーの死後、未公開映像を使用して作られた作品です。
監督にウー・シーユエン、武術指導をユエン・ウーピンが担当しています。

 

一言で言うと、ひどいです( ̄▽ ̄;)

 

死亡遊戯のレビューでも言いましたが、
ブルース・リー本人無しで作ろうというのが、そもそも間違いだと思います。
どんなにそっくりでも、彼の代わりは誰にも出来ない。

 

1番許せなかったのは、作中でビリー・ロー(ブルース・リー)が
あまりにもあっさり殺されてしまった事です。あの死に方はないわ~!

 

アクションやストーリー(一部を除いて)は悪くないので、
ブルース・リー関係なしに別の俳優さんで作ったら良かったのにと思います。
無理にブルース・リーの看板を掲げようとするからこうなっちゃうんだよなぁ。

 

この作品の唯一良かったのはユンピョウ演じる僧侶の弟子の棍術
素晴らしかった事ですね、ユンピョウファンとしては。