めぐちゃんの香港映画感想ブログ

香港映画が大好きで気ままに感想を書いています。ネタバレありなので観ていない方はご注意下さい。

レッド・ドラゴン 新・怒りの鉄拳

レッド・ドラゴン 新・怒りの鉄拳

■原題
新精武門

■製作年
1976年

 

ジャッキー・チェン主演のカンフーアクション映画で、
李小龍主演のドラゴン怒りの鉄拳の続編・・・らしいですが、
あまり続編という感じはしませんでした(^^;) まぁそれは別にいいのですが。

 

この作品、上映時間が90分も満たない短いものなのですが、
これは日本仕様で、抗日という内容から大幅にカットされているらしいです。

 

だからなのかなぁ、なんかいまいち見応えがなかった感じなんですよね。
ストーリーもアクションも悪くないのに、ピンと来なかったというか。

 

完全版を観たらまた評価が変わるのかなぁ。。。
まぁまず日本で完全版が観れることはないと思いますが。
海外版が観れたとしても字幕ないと分からないし(;´∀`)

 

李小龍の死後、成龍を次世代のカンフースターとして
売り出していたらしいですが、私個人的にはジャッキーはリーの代わりは
出来ないと思うし、リーもジャッキーの代わりは出来ないと思います。
2人とも素晴らしい大大大スターですけど、全くタイプが違うんですもん。

 

だからジャッキーはコミカルカンフー路線で大ヒットしたんですよね。
そのせいで監督と色々もめることになったらしいですが。