めぐちゃんの香港映画感想ブログ

香港映画が大好きで気ままに感想を書いています。ネタバレありなので観ていない方はご注意下さい。

男たちの挽歌

男たちの挽歌

■原題
英雄本色

■製作年
1986年

 

f:id:meguchanhongkong:20180511125615j:plain

ジョン・ウー監督のアクションドラマで、
香港ノワールの金字塔ともいえる作品です。

「香港映画といえばカンフー」というイメージを変えた
革新的な作品で、興行収入的にも大ヒットしたそうです。

21世紀の傑作香港ノワールが「インファナル・アフェア」なら、
20世紀の傑作香港ノワールは「男たちの挽歌」だと私は勝手に思っています。

 

ちなみに「ノワール」というのはフランス語で「黒」という意味で、
映画のジャンルで使用する際は黒社会・暴力・犯罪とかいう意味になるそうです。

 

 

f:id:meguchanhongkong:20180511125820j:plain

弟のキットが殺される夢を見て兄のホーが飛び起きる
ショッキングなシーンから物語が始まります。

 

 

f:id:meguchanhongkong:20180511125843j:plain

f:id:meguchanhongkong:20180511125937j:plain

マーク(周潤發)
マフィアの幹部です。
ヘビースモーカーで常にタバコを吸っています。
でもタバコを吸う仕草がメッチャかっこいいんですよねぇ(*´з`)

この方は通称「香港映画界の帝王」と呼ばれており、
様々な黒社会系の作品に出演しておられます。

 

 

f:id:meguchanhongkong:20180511125957j:plain

f:id:meguchanhongkong:20180511130019j:plain

ホー(狄龍)
同じくマフィアの幹部で、マークの親友・戦友です。

70年代は武侠系の作品を中心に活動しておられましたが、
80年代以降は黒社会系の作品に多数出演されています。
周潤發も男前でとても素敵なのですが、
私は狄龍が超タイプです(*´ω`*) 浮気性な私(^^;)
あ、でも1番好きなのはやっぱり元彪です♪

 

 

f:id:meguchanhongkong:20180511130118j:plain

シン(李子雄)
マフィアの新入りで、マーク達の運転手をしています。

 

 

f:id:meguchanhongkong:20180511130150j:plain

マーク達はまず偽札を印刷する工場へ行き、偽ドル紙幣を受け取ります。
そして外国人と取引をする為にホテルに向かいます。
マークとホーの仲の良さそうなやり取りが楽しくて好き♪
マフィアというのを忘れてしまいそう('ω')

 

 

f:id:meguchanhongkong:20180511130342j:plain

ホーが偽ドル紙幣の入ったアタッシュケースを差し出すと、
向こうは香港ドル紙幣の入ったアタッシュケースを手渡して来ます。

ブラックライトを使い、香港ドル紙幣が本物かどうか確認するホー。
そして取引は成立します。

この取引って相手が「偽物のドル紙幣」を買い取ったってこと??
それとも相手が偽札だと知らなくてホー達が
香港ドル紙幣を詐取したってこと??

もし後者ならこの取引はお金同士を交換するという事になりますが、
そういう取引ってあるんですかね??
普通は「金と薬物」とか「金と銃器」とかが多いですよね。

でも相手が札束を見て「上出来」と言っているからやっぱり
偽物のドル紙幣を買い取ったって事なのかなぁ。
どちらなのかちょっと確定が出来ませんでした。

 

 

f:id:meguchanhongkong:20180511130410j:plain

取引が終わりボスの元へ戻るマーク達。
マフィアの本部は表向きは普通の会社のようです。

香港映画に出てくるマフィアって表向きは堅気の商売をしている事が
多いですよね。ポリス・ストーリーのチュウもそうだったな~。

 

 

f:id:meguchanhongkong:20180511130506j:plain

ユー(石燕子)
マーク達のボスです。

 

 

f:id:meguchanhongkong:20180511130538j:plain

秘書のリンダに話しかけるも全く相手にされないマーク(^^;)

 

ホーの弟が今日警察学校の卒業式ではないかとボスに言われ、
ホーは卒業祝いを買わなければと考えます。

そしてボスは次の取引で、シンを一緒に台湾へ連れていくようにホーに言います。
新入りのシンに「経験・勉強」をさせる為です。

 

 

f:id:meguchanhongkong:20180511130839j:plain

ホーは父親が入院している病院へやって来ます。
しかし突然警察官が現れ、強引な身体検査を受けます。
と思ったら警察ではなく、ホーの弟キットでした。
キット~冗談きついぜ~(笑)

 

 

f:id:meguchanhongkong:20180511130857j:plain

キット(張國榮
ホーの弟で、刑事を目指しています。

俳優と歌手をされていた方です。
この方は若くして自ら命を絶ってしまわれたんですよね・・・
うつ病を患っていたという話もありますが、
何か大きな悩みがあったのでしょうか、とても残念です。

 

 

f:id:meguchanhongkong:20180511131025j:plain

ジャッキー(朱寶意)
キットの恋人です。

 

父親の病室にいたジャッキーは音楽の試験がある為、退室します。
キットも一緒について行きます。

 

 

f:id:meguchanhongkong:20180511131111j:plain

ホーの父(田豐)

 

 

f:id:meguchanhongkong:20180511131147j:plain

父はホーに極道から足を洗うように言います。
なんとキットはホーがマフィアである事を知らないのです。
キットは刑事を目指しており、このままでは幼い頃の警泥ごっこ
現実になってしまうと父は懸念しています。
ホーは次の台湾での取引を最後に極道から足を洗う決心をします。

 

 

f:id:meguchanhongkong:20180511131232j:plain

ジャッキー達は渋滞で遅れるも何とか試験を受けます。
試験の審査員の中に徐克がいました!左の男性です。
この作品では製作総指揮を担当されています。

 

 

f:id:meguchanhongkong:20180511131349j:plain

緊張からかジャッキーは動揺し、うまく演奏する事が出来ません。
試験は終わり、あまり良い印象ではないようです。

 

 

f:id:meguchanhongkong:20180511131407j:plain

一方、ホーはマーク達に台湾での取引を最後に足を洗うと伝えます。
ホーは自分1人で台湾へ行くと言いますが、
マークはシンも連れて行けと言います。
マークもシンもホーを信頼し、尊敬しています。

マークはインドネシアで会食中に失言をし、
相手のマフィアに銃で頭を突きつけられた出来事を話します。
酒の一気飲みを強制され、あまりの怖さにビビっていると、
ホーが代わりに酒を飲んでくれたと言います。
しかしさらに銃を突きつけられ、今度は小便を飲まされたと言います。
それ以来、マークは2度と屈辱を受けまいと誓います。
いやぁ、極道怖い・・・

 

 

f:id:meguchanhongkong:20180511131800j:plain

訓練中のキットの元にホーがやって来ます。
旅に出ると言い残し、キットに父親の面倒を頼みます。

 

 

f:id:meguchanhongkong:20180511131819j:plain

台北にやって来たホーとシン。ホーは何かがおかしいと勘づきます。

 

 

f:id:meguchanhongkong:20180511132429j:plain

ワンという男と取引の約束をしていたホーですが、不在の為、
代理人の男が代わりに対応します。
この代理人と名乗る男はワンの甥っ子です。

最初はおとなしくしていた台湾マフィア達が本性を現し、
ホーの読み通り、襲いかかってきます!

 

 

f:id:meguchanhongkong:20180511132634j:plain

激しいドンパチ!!
ホーは銃弾を受け、負傷してしまいます。

 

 

f:id:meguchanhongkong:20180511154325j:plain

その頃、香港では・・・
キットが父親に電話をしますが、眠っていて電話に出ません。
ちょうどジャッキーが帰宅し電話に出ますが、電話は切れます。
部屋の中に怪しい男の影が・・・

 

 

f:id:meguchanhongkong:20180511154424j:plain

怪しい男はホーの父親の前に現れ、台湾でホーが警察に捕まった際に
仲間の事をしゃべられては困ると父親を人質にしようとします。

 

 

f:id:meguchanhongkong:20180511154600j:plain

ホーの父親は必死に抵抗しますが、男は銃を取り出して発砲。
騒ぎに気付いたジャッキーですがどうすることも出来ません。

 

 

f:id:meguchanhongkong:20180511191429j:plain

キットが帰宅し、男ともみ合いになります。
ジャッキーは包丁を取り出し、恐怖で震えながらも男を刺します。

包丁で刺されながらも暴れる男。
父は火にかけていた熱湯を男にかけ必死に応戦!
しかし男ともみ合っているうちに包丁が父に刺さってしまいます。
男も刺された傷が致命傷となり息絶えます。

父はキットに兄を許すようにと言い残して死んでしまいます。

 

 

f:id:meguchanhongkong:20180511191511j:plain

警察に追われるホー達。
逃げきれないと思ったホーはシンを逃がし、自首する決意をします。

 

 

f:id:meguchanhongkong:20180511191701j:plain

ホーの逮捕を新聞で知るマーク。
台湾のボスの所に行きます。

 

 

f:id:meguchanhongkong:20180511191728j:plain

ワン(王俠)
台湾マフィアのボスです。

 

 

f:id:meguchanhongkong:20180511191805j:plain

ワンの甥は香港の新勢力と結託し、事業を奪おうとしたのです。
ホー達、叔父のボスもワンの甥に裏切られたのです。

電話が鳴り、今夜「楓林閣」にワンの甥と仲間達が現れると情報が入ります。
それを聞いたマークはたった1人で乗り込むと言います。
微笑みを浮かべるマークがメチャクチャ怖い(;'∀')
内心はらわたが煮えくり返ってますからね。

 

 

f:id:meguchanhongkong:20180511191843j:plain

単身、楓林閣へ乗り込むマーク。
通路の途中にある植木鉢に銃を忍ばせながら進みます。

 

 

f:id:meguchanhongkong:20180511191913j:plain

f:id:meguchanhongkong:20180511191941j:plain

台湾マフィア達がいる部屋に辿り着くと、マークが2丁拳銃でぶっ放します。
そして弾が無くなると、隠しておいた銃を取り出します!

 

 

f:id:meguchanhongkong:20180511192003j:plain

全員を殺し、ひと息つくマークですが、
まだ生きていたワンの甥に脚を撃たれてしまいます。
脚を引きずりながら息絶えたワンの甥の顔に銃弾を浴びせるマーク。
惨劇後の楓林閣に警察が駆けつけます。

 

 

f:id:meguchanhongkong:20180511192140j:plain

台湾の警察部長(吳宇森)
監督も出演されていました(^^)

 

 

逮捕されたホーは台湾で服役し、キットは刑事になります。

3年後・・・

 

f:id:meguchanhongkong:20180511192249j:plain

刑期を終えたホーが出所すると、台湾の警察部長が待っていました。
これからは堅気になろうとするホーに
警察部長は足を洗うのは難しいと忠告します。

 

 

f:id:meguchanhongkong:20180511192322j:plain

キットとジャッキーは亡くなった父の墓参りをし、帰宅します。
するとどしゃぶりの中で立っているホーの姿を目にします。
ホーに殴りかかるキット。
そりゃそうだよね、兄がマフィアだなんて知ったらショックですよ。
しかもよりによって弟は刑事。水と油ですもん。
2度と目の前に現れるなとホーに言い放ちます。

 

 

f:id:meguchanhongkong:20180511192405j:plain

ホーはタクシー会社にやって来ます。
台湾のチュンに聞いてやって来たと言うと、
社長はいないので、代わりにキンという男が対応します。

 

 

f:id:meguchanhongkong:20180511192449j:plain

キン(曾江)

 

仕事を探している事を伝えると、キンは元極道の就職は難しいと顔をしかめます。
ひょっとして仕事は無理??と思ったらキンも含め、
ここにいるタクシーの社員はみな服役していた者達で、ホーの就職を歓迎します。
キンさん、いい人です(^^)

運転免許を持っていなかったホーですが、
しっかり研修を受けて、順調に仕事をこなせるようになります。

 

 

f:id:meguchanhongkong:20180512063842j:plain

ある日、ホーは仕事中に片脚を引きずる男を見かけます。
なんとその男はマークでした。
マークはボロボロの服を着て、車を洗車しています。

 

 

f:id:meguchanhongkong:20180512063905j:plain

するとビルからマフィアらしき集団が出てきます。
男達を引き連れているのは、なんとシンでした。
部下に成奎安がいます。やっぱ悪役が似合います!

シンは洗車をしたマークに昼食代の金を渡し、車に乗り込みます。
マークとホーがいなくなり、シンが幹部のトップに君臨していたのです。

毅然とした態度で部下を引き連れるシン。
シン、あんなに従順だったのに(;'∀')
人ってここまで変わるんですね~、あぁ恐ろしい・・・

 

 

f:id:meguchanhongkong:20180512064011j:plain

3年ぶりに再会したマークとホー。
マークはチャンスがあればまた巻き返したいと言いますが、
ホーはもう極道に戻るつもりはないと言います。
マークは強制はしませんが、キットがシンを追っているという事を伝えます。

 

 

f:id:meguchanhongkong:20180512064055j:plain

香港の警察部長(金興賢)
ポリス・ストーリーでは悪徳警察官の役でしたね。

 

 

f:id:meguchanhongkong:20180512064129j:plain

キットは上司から昇進はあり得ないと宣告されます。
どんなに優秀でも身内に極道がいる限り、警察の面子が保てないからです。
シンの捜査からも手を引くように言われます。

 

 

f:id:meguchanhongkong:20180512064207j:plain

久々に再会したマークとホーは酒を酌み交わします。
その場にはシン達もおり、マーク達の所へやって来ます。
シンは話があるとホーを誘いますが自分には関係ないと断ります。
ホーの意志は固く、その場は一旦引き下がるシン。

 

 

f:id:meguchanhongkong:20180512064242j:plain

シンを追っていたキットも現れ、ホーを強引に外へ連れ出します。
シンとの会話の内容を話すように詰め寄ります。もはや尋問です。
キットは兄が自分の名前を呼ぶことすら許しません。
兄が弟に対して「阿sir(お巡りさん)」と呼ぶシーンが切ない(T_T)

兄を盗っ人呼ばわりしたキットの態度にマークが怒ります。
ホーはもう1度チャンスをくれとキットに懇願しますが聞く耳を持ってくれません。
兄がマフィアだったせいで昇進する事も出来ない怒りをぶつけます。
キットの気持ちも分かるし、ホーの気持ちも分かります。う~、もどかしい!

 

 

f:id:meguchanhongkong:20180512064358j:plain

そんなキットを見兼ねたジャッキーはホーの仕事場に訪れ、
キットの前から姿を消し、香港から離れて欲しいと言います。
ホーは拒否し、更生した所を見せてまた前のように
兄弟仲良く元通りになりたいのだと言います。

今度はシンの部下達がやって来て再びホーを誘います。
始めは断りますが弟の事を持ち出され、従います。

 

 

f:id:meguchanhongkong:20180512065414j:plain

シンはホーに大きな麻薬の取引を持ちかけます。
ホーの弟が刑事なので、シンはそれを利用しようとしています。
この誘いに弟やマークに手を出したら許さないとホーは怒りを爆発させます。

 

警察達はマークを逮捕しようとしていますが、
決定的な証拠がなく足踏み状態。

台湾の警察部長は2日以内に台湾へ
偽札と500キロの麻薬が送り出されるとの情報を手に入れ、
これを足掛かりに告発に持ち込もうとしています。

 

 

f:id:meguchanhongkong:20180512065458j:plain

シンは新たに何か企んでいます。
シンの部下達の取引現場を目撃したキットはゴミの山から証拠となる紙を探します。
そしてシンがタイ人と取引する証拠を見つけ警察本部に伝えますが、
本部は情報だけ受け取り、キットには捜査をさせようとしません。

 

 

f:id:meguchanhongkong:20180512065536j:plain

誕生日のジャッキーはケーキを用意しますが、
シンの確保に没頭するキットが相手をしてくれないので、すねます。
しかしキットはちゃんとジャッキーの誕生日を覚えていてプレゼントを渡します。
ジャッキーに願い事を聞くと、兄弟が仲直りしてほしいと言います。

するとホーがやって来てシンには気をつけろとキットに忠告します。
やはりキットはホーの言葉に耳を貸しません。
キットの憎しみは深く、決して兄を許そうとしません。

 

 

キットは証拠の紙から割り出した取引現場へ向かいます。
しかしこれはシン達の罠で、キットは撃たれてしまいます。

 

f:id:meguchanhongkong:20180512065700j:plain

キンから連絡を受け、ホーはキットが運びこまれた病院へ向かいます。
幸い命に別状はありませんでした。
警察はホーに捜査を協力してほしいと言います。
ホーをあんだけ目の敵にしておいてちょっと勝手な言い分です。
まぁ警察は何としても組織を一網打尽にしたいわけですからね。

 

 

一方シン達はサツにタレコミをしないようにマークに制裁を加えます。
マーク、フルボッコ(;´Д`)
シン、なんて非情な男なんだー!
でもトップに君臨するにはこれぐらい非情じゃないと務まらないんだろうなぁ。

 

 

f:id:meguchanhongkong:20180512065749j:plain

次にシンの部下達は気を失ったマークを連れて
ホーが勤務するタクシー会社を襲撃します。
キンや従業員達が必死に制止しているとホーが戻り、何とか追い払います。
キンは足を洗う苦しみに耐え、彼らの挑発には乗るなと言います。

一難去ってまた一難、今度は警察がやって来てホー達を狙います。
タクシーで逃走し、それを追いかける警察。
しかし実はこのタクシーはおとりで、乗車していたのはキンでした。
キン、本当にいい人(T_T)

 

 

f:id:meguchanhongkong:20180512065914j:plain

別のタクシーで逃げたホーはマークの手当てをします。
やはりマークには未練があり、ホーにまた昔のようにやろうと誘います。
しかしホーの意志は揺らぎません。

 

 

f:id:meguchanhongkong:20180512065947j:plain

マークは偽札を作る工場へ行き、偽札を作る原版テープを強奪します。
工場員達も黙って帰すはずもなく銃撃戦になります。

銃撃戦の末、原版テープを死守し、ホーに渡します。
ホー達はこの原版テープを証拠として警察に渡し、
組織を壊滅させようとしているのです。
マークも少し吹っ切れたようですね。

 

その頃、ユーは原版テープが警察に渡れば破滅だと焦り、シンに詰め寄ります。
するとホーから連絡が入り、100万ドルを用意して大廟へ来ること、
波止場に舟を用意することをシン達に要求します。
シンはそれに応じ、ユーにはホーから夕食の誘いを受けたと嘘をつきます。

 

 

f:id:meguchanhongkong:20180512070102j:plain

ホーがシンと取引をするという情報はすぐに警察に伝わり、
職場復帰したキットが捜査を名乗り出ますがやはり上司は許してくれません。
兄を自分の手で逮捕したいと意地でも引かず、やはり単独捜査をする事になります。

 

ホーはジャッキーの所へ行き、
今夜香港を発つので、原版テープをキットに渡して欲しいと頼みます。

 

シンに騙されホーを待っていたユーは殺されてしまいます。
シン、世話になったボスまで殺すとは・・・非情過ぎる(;'∀')

 

 

f:id:meguchanhongkong:20180512070210j:plain

いよいよ取引です。
シンから武器を奪い、アタッシュケースを受け取ります。

マークが金を確認する為に開けようとすると、シンが爆発すると言います。
それを聞いたマークは慎重にアタッシュケースを開けますが、
爆発はせず、中には金が入っていました。
爆発するというのはシンのハッタリでした。
自分がマークの立場だったらビビって絶対開けられないと思う(;´∀`)

 

 

f:id:meguchanhongkong:20180512070258j:plain

ホー達はシンを人質にして波止場へ向かいます。
波止場周辺には武装したシンの部下達が大勢待機しています。
用意させた舟に乗り込むマークですが、ホーは乗らず先に行ってくれと言います。
仕方なく先に出発するマーク。

キットがやって来ます。
しかし待機していた部下達に捕まり、シンの解放を求めます。
キットとシンを同時に交換しようとすると解放されたキットがシンに手を出し、
これが引き金になり銃撃戦が始まります。

 

 

f:id:meguchanhongkong:20180512070343j:plain

f:id:meguchanhongkong:20180512070407j:plain

ドンパチが激し過ぎます!!
DVDの解説に当時、映倫から「待った」がかかるほどの
火薬の量を使用したと書いてありました。銃器も本物を使用しているらしいです。
やっぱり香港映画は凄い・・・

 

 

f:id:meguchanhongkong:20180512070459j:plain

先に出発したマークですが、やはりホーが気になり引き返します。

 

 

f:id:meguchanhongkong:20180512070539j:plain

f:id:meguchanhongkong:20180512070718j:plain

負傷したホーとキットに加勢するマーク。
銃をぶっ放しまくります。
自動小銃サブマシンガンの区別もつかないぐらい銃に疎い私(^▽^;)
銃について少し勉強しようかな。

 

 

f:id:meguchanhongkong:20180512070747j:plain

マークは頑なに兄を許さないキットに対して怒り訴えます。
ホーは勇気があり、もう十分過去は償ったと必死に説得するマーク。
しかし次の瞬間、マークはシンに頭を撃たれてしまいます。
だめ押しで更にマークに発砲するシン。

 

激高したホーはシンを追いますが、警察がやって来て完全に包囲されます。
追いつめられたシンは自首を申し出ます。
何故なら金の力ですぐ保釈になるからだと言います。
「金さえあれば黒も白になる」皮肉にも昔ホーがシンに教えた教訓でした。

 

 

f:id:meguchanhongkong:20180512070842j:plain

キットは黙ってホーに銃を渡し、受け取った銃でホーはシンを射殺します。

 

 

f:id:meguchanhongkong:20180512070921j:plain

最後の最後で、ホーの気持ちが少しはキットに伝わったのかなぁ。
警察官としてはあるまじき行為だけど、
キットが自分の思いに従った行動だったんだろうなぁ。

 

劇終。

 

非常に面白い作品です!
バイオレンスが苦手な人には少し衝撃があるかも。

シナリオも良いですし、それを演じる俳優さん達の
配役がバッチリはまっていて、引き込まれます。
交錯する人間ドラマが良いんですよねぇ(*´▽`*)
銃撃戦シーンも圧巻で、見応えあります。

あと、従順だったシンが3年の間にどう変貌したか気になりますね~。
それだけでも1本ストーリーが作れそう(*'▽')
インファナル・アフェアみたいに過去にさかのぼる方式で。