めぐちゃんの香港映画感想ブログ

香港映画が大好きで気ままに感想を書いています。ネタバレありなので観ていない方はご注意下さい。

拳師 ~The Next Dragon~

拳師 ~The Next Dragon~

■原題
武術

■製作年
2008年

 

この作品は洪金寶演じるリーの息子達が
武術学院で武術を学び、仲間と共に成長していく
カンフーアクションストーリーです。

 

洪金寶主演、
成龍が総監督を務めています。

 

リーのかつての教え子が道を踏み外し、
幼児誘拐というとんでもない事を生業にしており、
息子達が巻き込まれるというお話です。

 

う~ん、なんでしょう、決して悪い作品ではないのですが、
いまいちビシッと響かなかったです。

 

仲間達の成長の描写が描き切れていないように感じました。
個人的には幼児誘拐っていう要素は無くてもよかったのかなぁって思ったり。
まぁ、道を踏み外した元教え子のようにならず、
正しき道を自分で選ぶのだという描写にしたかったのでしょうけど。

 

例えばファンファンという女子生徒がいるのですが、
彼女が進学を決めていた所、家庭の事情で学費が払えないので、
自分の武術の腕を生かして映画スタントの道に行く事になります。
しかしラストでいきなり「私には芸能界は向いていない」と言うのです。
途中の「何故向いていない」と思ったのかという描写がないので、
感情移入が出来ないんですよね(^^;)

 

今回、生徒達の成長を描きたかったのであれば武術学院に焦点を当てて、
学院内でのやり取りを中心に描いた方が良かったのかなって。

 

限られた上映時間の中で色んな要素を詰め込むと上映時間内に収まらず
駆け足になってしまいますからねぇ。・・・偉そうにすみません。

 

しかし武術学院での剣術や棍術の演武はとても素晴らしかったです。