めぐちゃんの香港映画感想ブログ

香港映画が大好きで気ままに感想を書いています。ネタバレありなので観ていない方はご注意下さい。

プロジェクトA2の幻のシーン

f:id:meguchanhongkong:20181212133644j:plain

飽くなき香港映画への探求心から
当時の関連雑誌やパンフレットなどを集めている私。

 

ふとプロジェクトA2の当時のパンフレットを見てみると、
ある発見がありました。

 

チン署長(林威)がドラゴン(成龍)を刑務所長に引き渡すシーンで、
完成版ではドラゴンを麻袋に押し込んで川へ沈めた所を
革命党員達が助けるというシナリオですが、
パンフレットにはドラゴンが刑務所に連れて行かれ、
死刑囚とすり替えられてしまい、
処刑の時になって革命党員達が助けると記載されているのです。

 

あれ?なんかシナリオが違うなぁと思って調べてみると、
パンフレットに書かれていたシナリオは日本試写版で、
ギリギリになってジャッキーがシナリオを変更したそうです。
ポリス・ストーリー2でも途中で大幅にシナリオを変更していましたよね。

 

本当にギリギリの変更だった為、パンフレットの修正が間に合わず、
完成版とは大きく異なってしまったというわけです。

 

当時、試写版のプロジェクトA2を観た方達はラッキーですね(*´з`)