めぐちゃんの香港映画感想ブログ

香港映画が大好きで気ままに感想を書いています。ネタバレありなので観ていない方はご注意下さい。

エグザイル / 絆

エグザイル / 絆

■原題
放・逐

■製作年
2006年

 

f:id:meguchanhongkong:20190111164744j:plain

巨匠・杜琪峰監督による香港ノワールの傑作です。
大好きな作品です!かっこいいです。とにかくかっこ良過ぎる!
「ザ・ミッション 非情の掟」のキャストをほぼ踏襲しているので、
前作を彷彿とさせます。

邦題の「エグザイル」というのは、
もちろん日本の某男性音楽グループとは関係ありません(^^;)
「エグザイル=亡命」なので、
組織から追われる様子を描いたこの作品に合ったタイトルですね。
ちなみに英題は「EXILED」となっております。

 

 

舞台は返還前のマカオです。

f:id:meguchanhongkong:20190111164937j:plain

2人の男達が女性の家を訪ねます。
ウーという男の所在を女性に尋ねるとそんな男は知らないと言われ、
男達は家の外でウーを待つ事にします。

 

 

f:id:meguchanhongkong:20190111165033j:plain

ウーの妻(何超儀)

 

 

f:id:meguchanhongkong:20190111165055j:plain

赤ん坊をあやすウーの妻。
すると今度は違う2人の男達がウーを探していると訪ねて来ますが、
ここにはいないと追い返します。

 

 

f:id:meguchanhongkong:20190111165132j:plain

外で待つ2人と合流する2人。

 

 

f:id:meguchanhongkong:20190111165158j:plain

タイ(吳鎮宇)
この作品の吳鎮宇、なんか若く見える。
インファナル・アフェア2の役がかっこよくて好きだったな(*´▽`*)

 

 

f:id:meguchanhongkong:20190111165233j:plain

ブレイズ(黃秋生)
説明不要、香港の大物俳優です。
今回特にシブい印象を受けます。

 

 

f:id:meguchanhongkong:20190111165311j:plain

キャット(張耀揚)
最近、周潤發主演の「黒社会」を観たんですけど、
若き張耀揚が出演されていました。
結構いい役どころで、印象的でした(*'▽')

 

 

f:id:meguchanhongkong:20190111165349j:plain

ファット(林雪)
杜琪峰作品の常連ですね。
黃秋生と同じく映画の出演本数がかなり多いです。
味がある役者さんです。

 

タイはブレイズに話し合いをもちかけます。
ブレイズはタイにここへ戻って来ないようウーに伝えろと言い、
戻れば必ず殺すと宣告。
タイはブレイズにウーを見逃すよう求めます。

ブレイズ、タイ、ファット、キャット、ウーの5人は一緒に育った仲間で、
皆、裏社会に属しています。
タイの要求にブレイズはタイとは立場が違うと言い、受け入れません。

 

 

f:id:meguchanhongkong:20190111165606j:plain

すると1台のトラックがやって来ます。
トラックに乗っていたのはウーでした。

 

 

f:id:meguchanhongkong:20190111165650j:plain

ウー(張家輝)
この方もノワール作品の常連ですね。
ゴッド・ギャンブラーシリーズに出演されていますが、
作品が多くてまだコンプリート出来てないや。

ちなみに「ゴッド・ギャンブラー」という名の作品は多数ありますが、
邦題で勝手に付けられているだけで正式にはシリーズ物ではないです(^^;)
「~の挽歌」や「Mr.BOO」とかシリーズ物ではないのに、
あちこちで同じ邦題付けちゃうからややこしい(;'∀')

 

 

f:id:meguchanhongkong:20190111165748j:plain

4人は自宅へ戻るウーの後を追います。
すると今度は刑事が車でやって来ます。

 

 

f:id:meguchanhongkong:20190111165813j:plain

トイサン(許紹雄)
右の男性です。刑事です。

役名不明(黃華和)
左の男性です。
詳細な説明が無かったけど、トイサンの同僚だと思います。

ブレイズ達を見つけたトイサンは動揺します。

 

 

f:id:meguchanhongkong:20190111165910j:plain

ファットとキャットは家の外で待機し、
ブレイズとタイが家の中へ入るとウーの妻は祈り始めます。

 

 

f:id:meguchanhongkong:20190111165940j:plain

ウーが引き出しから銃を取り出すのを見たブレイズは自分の銃弾を抜きます。
ウーのリボルバーの装弾数が6発なので数を合わせたのです。
タイも同じく銃弾を取り出します。何てクールな奴らなんだ!!

 

 

f:id:meguchanhongkong:20190111170023j:plain

銃撃戦が始まります!

 

 

f:id:meguchanhongkong:20190111170046j:plain

かっこいいわ…(*´Д`*)

 

 

f:id:meguchanhongkong:20190111170111j:plain

f:id:meguchanhongkong:20190111170146j:plain

銃声を聞いたトイサンが動くと、待機しているキャットとファットが
トイサンに威嚇射撃をします。
ファットはこれはフェイの命令だと言うと、トイサンはフェイに電話をし、
定年が迫る自分を抗争に巻き込まないでくれと嘆きます。

 

 

f:id:meguchanhongkong:20190111170226j:plain

ウーの弾がなくなりブレイズがウーに発砲しかけた瞬間、
タイがナイフを投げ、ブレイズをかすめたナイフが壁に刺さり銃撃戦は終了。
ウーの赤ん坊の泣き声が部屋中に響き渡ります。

 

 

f:id:meguchanhongkong:20190111170309j:plain

ウーのトラックの荷台から家具を運び出すブレイズ達。
先程の銃撃戦が嘘のように超和やかムードです!

 

 

f:id:meguchanhongkong:20190111170340j:plain

壊れた家具も新調します☆

 

 

f:id:meguchanhongkong:20190111170416p:plain

夕食を共にするウー達。
鍋に撃ち込まれた銃弾がブレイズの料理に混入してて
口から銃弾を出すのが楽しい♪

 

 

f:id:meguchanhongkong:20190111170448j:plain

食事の後はみんなで写真撮影です。
だってみんな一緒に育った仲間ですものね。

 

 

f:id:meguchanhongkong:20190111170520j:plain

この若き日の写真は、役者さん達の本当に若い時のものですかね。
面影があります。うまく合成したって事かな??

 

和やかな雰囲気ですが、ブレイズの決断は変わりません。
ウーに死ぬ前に何か望みはあるか尋ねると
ウーは妻子にお金を残したいと言います。

タイはウーに手を出す事を許しません。
ブレイズはボスの命令でウーを殺すしかないと言います。
タイとキャットはブレイズと同じ組織ではないので、
ウーの殺害を妨害するのです。「立場」が違うからです。

ブレイズのボスが何故ウーの殺害命令を出したかというと
ウーがボスを殺害しようとしたからです。
そりゃ狙われて当然やな。

 

ウーは席を立ち子供の所へ行き、脚に鈴のついた輪をつけてあげます。
ウーの妻はブレイズ達にウーを見逃して欲しいと頼みます。

ブレイズはファットと交代でウーを見張ります。
それを見張るようにキャットに命じるタイ。

 

 

f:id:meguchanhongkong:20190111170900j:plain

フェイ(任達華)
ブレイズとファットのボスです。

年取ってからのかっこよさが半端ない!!
出演作品も多く、善人役と悪役問わず演じられ、
同じ人間が演じているとは思えない時があります。素晴らしいです。
今回は極悪人です(´∀`)

90年代以前の若い任達華が出演している作品は
あまり観た事がないので観てみたいですね。
そういえばジャッキー主演の「奇蹟 ミラクル」に出演していたらしいけど、
見つけられなかったです。次、レビューする時に捜してみます。

 

ブレイズの携帯にボスから電話がかかって来ます。
ウーを始末したのかと聞かれ、まだだと答えると
フェイは他の誰かに殺らせるかと言います。
ブレイズは自分が殺ると言い、電話を切ります。

 

 

f:id:meguchanhongkong:20190111171042j:plain

カッチョン(譚炳文)

 

 

フェイの所にカッチョンがやって来ます。
フェイがキョンと話はついたかと尋ねると、
カッチョンはキョンは手を組みたがらないと言います。
フェイはそれならばキョンを始末すればいいと言います。

 

 

f:id:meguchanhongkong:20190111171137j:plain

翌朝、ウーの望みである妻子に残す金を作る為、
皆トラックに乗り込みホテルへ向かいます。
このホテルでは仕事を紹介してくれる仲介人がいるのです。

 

 

f:id:meguchanhongkong:20190111171213j:plain

娼婦(陳雅倫)

 

 

f:id:meguchanhongkong:20190111171238j:plain

ジェフ(張兆輝)
裏稼業の仲介人です。

 

ホテルにいた娼婦を見てニヤニヤするファットがなんか可愛い。
ブレイズ達の後にカッチョンもやって来ます。

 

 

f:id:meguchanhongkong:20190111171338j:plain

ジェフはマカオ返還前で混乱期の今、仕事はたくさんあると言います。
殺し、コカインの運び屋などの仕事を紹介されますが、
近場で高額報酬の仕事はないかと尋ねると、
ジェフは金塊の大仕事を紹介します。
ジェフ、話す時にいちいち距離が近いんですよね(;'∀')

明日、政府高官が汚職で手に入れた金塊1トンが運ばれ、
輸送車は観音山を通ると言い、それを強奪すればジェフが捌くと言います。
ウーはこの話に乗ろうとしますが、ブレイズは明日まで待てないので
今晩中に出来る仕事はないかと尋ねます。

 

 

f:id:meguchanhongkong:20190111171522j:plain

一旦席を外し、ジェフはカッチョンの元へ。
カッチョンはジェフにキョン殺しの依頼をします。
これを聞いたジェフはブレイズ達にキョンを消せば50万だとオファー。
報酬が高額なのはキョンマカオを牛耳るボスだからです。
ブレイズ達はこれを引き受け、
ジェフは今晩8時、鴨涌河レストランに行くように指南します。

ジェフに礼を言うウー。
ウーはタイにこの仕事が済んだら報酬を妻に届けて欲しいと頼みます。
そしてブレイズにキョンの件が済んだらカタをつけようと言います。

 

 

f:id:meguchanhongkong:20190111201736j:plain

キョン(林家棟)
近年もバリバリ活躍されています。
最近ますますいい感じですね(*'ω'*)

 

 

f:id:meguchanhongkong:20190111201752j:plain

指定されたレストランにキョンがやって来ます。
カッチョンはキョン接触
しかしキョンはカッチョンとは手を組んでもいいが、
他の連中とは組まないと言います。用心深い男です。

ジェフが言っていた合言葉の「料理を見て来る」
という言葉を口にしてカッチョンは席を立ちます。
周りではウー達がキョン殺害のチャンスを窺います。
キョンの座ったテーブルの裏には銃が隠してあります。

 

 

f:id:meguchanhongkong:20190111201847j:plain

フェイがやって来ます。すげぇ迫力…

 

 

f:id:meguchanhongkong:20190111201917j:plain

キョンに上がりの折半を持ちかけるフェイですがキョンは応じません。
フェイはテーブルをひっくり返し、こんな所に銃を隠しても
周りが皆お前を狙っているのだから無駄だと言い放ちます。

フェイはブレイズに近づき、何故ウーを始末しないのかと聞きます。
答えないブレイズに苛立つフェイは発砲。
幸いブレイズは防弾チョッキを着ていたのでセーフ!

さらにブレイズを撃とうとするフェイに対し、ウーがフェイを撃ちます。
これを皮切りに銃撃戦開始!

 

 

f:id:meguchanhongkong:20190111202127j:plain

キョンはカッチョンを殺害。
外で待機していたファットとキャットが銃声を聞いて駆けつけようとします。
ウーがキョンに撃たれ、タイ達は負傷したウーを連れ出します。

 

 

f:id:meguchanhongkong:20190111202213j:plain

一方、フェイはキョン銃口を向ける部下を制止し、
目障りなカッチョンを殺す為にハメたと言い、手を組む事をもちかけます。

 

 

f:id:meguchanhongkong:20190111202254j:plain

逃げるタイ達ですが、トラックのエンジンがかかりません。
そこへトイサン達がやって来ますが、
抗争に関わりたくないトイサン達はすぐに退散。

 

 

f:id:meguchanhongkong:20190111202324j:plain

トラックが動かないので他の車を盗みます。
「普通」の病院には行けないので、ヤミ医者へウーを連れて行く事にします。
タイはウーがいなければ殺されていたと、
そんなウーを殺すつもりかとブレイズに対し声を荒げます。

 

 

f:id:meguchanhongkong:20190111202401j:plain

ヤミ医者(甄懋強)
右から2番目の男性です。

 

ヤミ医者が娼婦と性行為中にブレイズ達がやって来ます。
治療代を5万から3万に値切りますが、
結局5人合わせても1万7千しかありません。
しかしヤミ医者は治療を引き受けてくれます。
引き出しに金をしまっている所を見ている娼婦。

 

 

f:id:meguchanhongkong:20190111202515j:plain

ウーの手術が行われ、銃弾を取り出します。
フェイを裏切った事を悩み考えるブレイズに対し、
タイは一緒に逃げようと言います。

 

 

f:id:meguchanhongkong:20190111202542j:plain

するとドアを叩く音がし、警戒するブレイズ達。
娼婦が扉を開けるとフェイ達が入って来ます。
動じず治療を続けるヤミ医者ですが、
フェイはウーのベッドを無理やりどかし、
自分の治療が先だとヤミ医者に言います。
フェイ、よりによって「タマ」を撃たれるとはね(;´∀`)

 

 

f:id:meguchanhongkong:20190111202645j:plain

息を殺して隠れるブレイズ達。ドキドキ…

 

 

f:id:meguchanhongkong:20190111202736j:plain

娼婦はキョンを手当てします。
キョンはテーブルの上にあった飲みかけの飲み物を見て人の気配に気づきます。
ベッドで朦朧とするウーはフェイと目が合い、
キョンは隠れていたファットを見つけ、銃撃戦開始!

 

ウーは立ち上がり何処からか聞こえる鈴の音の方へ向かいます。
子供の幻の声が聞こえてきますが、鈴の音の正体はドアチャイムでした。
意識を失うウー。

 

 

f:id:meguchanhongkong:20190111202954j:plain

応戦しますがウーが部下に捕まり、なんと窓から突き落とされます。
さらにダメ押しでフェイはウーに発砲。残酷な奴じゃー!
隙を見てファットはウーが横たわるカバーを引き寄せウーを救出。
何とか逃げ出します。

娼婦はどさくさに紛れて引き出しの金をネコババ
ヤミ医者に見つかり娼婦は逃げ出します。
フェイはヤミ医者を殺害し、何としてもブレイズ達を探し出すように命じます。

 

 

f:id:meguchanhongkong:20190111203105j:plain

キャットが行き先を尋ねると、
瀕死のウーが家に帰ると言い残し車内で絶命します。

ウーの自宅へ戻る一行。
変わり果てた夫と対面するウーの妻。
ここは危険だとタイはすぐに荷物をまとめるように言いますが、
ウーの妻は銃を持ち出し2人に乱射。
一時退散するブレイズ達。

 

 

f:id:meguchanhongkong:20190111203246j:plain

ウーの妻は赤ん坊に銃口を向けますが殺す事は出来ず自暴自棄。
破壊した家財道具と共にウーに火をつけ燃やしてしまいます。
赤ん坊を連れて家を出るウーの妻。ブレイズ達を捜します。
消火しないで行っちゃったからこの後家の周辺が大変な事になってそう…

 

 

f:id:meguchanhongkong:20190111203424j:plain

f:id:meguchanhongkong:20190111203436j:plain

あてもなく遠くまで来たブレイズ達。
コインで行き先を決め、気がつけば観音山の近くまで来ていました。
観音像を見て、金塊の話を思い出す一行。
すると輸送車が通ります。

 

 

f:id:meguchanhongkong:20190111203510j:plain

金塊を強奪するかどうかコインで決めます。
表が出れば決行すると言いますが、結果は裏でした。
諦めて先を進むと銃声が聞こえます。
金塊強盗が現れ、特警隊が追い払っています。

 

 

f:id:meguchanhongkong:20190111203630j:plain

特警隊員(任賢齊
あまりのかっこよさに一瞬にしてハートを奪われました(*゚Д゚*)
リッチーってこんなにかっこよかったっけ!?

でも最近役作りで太っちゃったんですよね。見たら別人でした(;'∀')
せっかく役作りしたのに出演する作品の監督が何かやらかして
作品が頓挫するトラブルに巻き込まれたとか。

 

 

f:id:meguchanhongkong:20190111204059j:plain

f:id:meguchanhongkong:20190111204135j:plain

ナイスな射撃にキャットのテンションが上がると、
声を出すなとブレイズに怒られます。

隠れていた強盗の存在をキャットが鏡を反射させて特警隊員に教えます。
そして特警隊に加勢するブレイズ達。
強盗を一掃すると特警隊員に今すぐここから消えろと言います。
しかし特警隊員は金塊が奪われ、自分以外の仲間が全員死んだとなれば、
戻っても自分が疑われると言って従いません。

 

 

f:id:meguchanhongkong:20190111204237j:plain

するとブレイズは大量の金塊を持てるだけ持っていけと言い、
一緒に逃げる事を提案します。
特警隊員は横琴島に船があると言い、一行はそこへ向かいます。

 

 

f:id:meguchanhongkong:20190111204316j:plain

ジェフのホテルへやって来たウーの妻。
娼婦に金を払い、ブレイズ達の行方を尋ねます。
娼婦はジェフに事情を説明。

 

 

f:id:meguchanhongkong:20190111204351j:plain

一方、ブレイズ達は大金が手に入ったとバカ騒ぎ。
しかし水を差すようにブレイズの携帯にフェイから電話がかかって来ます。
フェイは0時までにジェフのホテルに来るように言い、
来なければウーの妻も殺すと脅します。
ジェフはフェイにタレこんでいたのです。
ジェフは誰の味方でもなく、得する方につくからね(^^;)

 

 

f:id:meguchanhongkong:20190111204442j:plain

船に金塊を運ぶとブレイズは特警隊員に金塊を全てくれてやると言いますが、
特警隊員は夜明けまでブレイズ達の帰りを待つと言います。
いや~、リッチー本当かっこいい(*´Д`)

 

 

f:id:meguchanhongkong:20190111204552j:plain

ホテルにやって来た4人は酒を飲みながらフェイ達に姿を見せるように挑発。
フェイ達が出て来ると、4人は証明写真機で撮影を始めます。
完全にフェイをおちょくっています。

ジェフはウーの妻を呼び、ウーの妻はブレイズに発砲。
しかし再び防弾チョッキに助けられます。
フェイに頭を狙えと言われますが、
ウーの妻はこれ以上攻撃する事が出来ず、銃を投げ捨てます。
ブレイズを殺してもウーは戻ってこないもん。
てかそもそもウーを殺したのはフェイだからね( `ー´)ノ

 

 

f:id:meguchanhongkong:20190111204723j:plain

タイが金塊の入ったバッグを投げます。
船に積んだ金塊を少し持って来ていたのです。
この金塊で全てをチャラにするようフェイに頼みます。
残りの金塊は車の中にあると嘘をつきます。

この金塊は6人分の命の値段に相当するのかとフェイが尋ねると、
ジェフが1トンあると叫びます。
フェイはブレイズ以外の者は帰ってもいいと言います。

タイ達はその場を立ち去ろうとしますが、
タイがウーの妻に車の鍵を渡し、横琴の埠頭に行くように耳打ちし、
ウーの妻だけをホテルの外へ出し扉を閉めます。
仲間1人を置いて逃げるわけにはいかねぇってことです。
いや~熱い!男だね!!

 

 

f:id:meguchanhongkong:20190111204925j:plain

この挑発的な態度にフェイが飲んでいたレッドブルの缶を投げつけ、
タイ達が蹴り返すと、銃を構え、抗争が始まります。

 

 

f:id:meguchanhongkong:20190111205006j:plain

みんな勢いだけで銃をぶっ放すから捨て身です!!

 

 

f:id:meguchanhongkong:20190111205041j:plain

両者相打ち、全滅です。

 

 

f:id:meguchanhongkong:20190111205108j:plain

0時になり返還の日を迎え、トイサンは無事に定年を迎える事を喜びます。

 

 

f:id:meguchanhongkong:20190111205146j:plain

静かになったロビーに出て来る娼婦。
まだかすかに息のある4人が絶命する中、娼婦は金塊を奪うのでした。
おーい!娼婦が1番おいしいじゃないか!
イイとこ持ってっちゃうのね(;´∀`)

 

 

f:id:meguchanhongkong:20190111205227j:plain

証明写真機からは4人で撮影した写真がプリントアウトされるのでした。

 

劇終。

 

いや~最高ですな。この雰囲気、実際ご覧になって楽しんで頂きたいです。
この作品、「インファナル・アフェアを超えた!」と記載されていましたが、
比べたら私はインファナル・アフェアの方が好きかな。

個人的に杜琪峰の作品の中では
「ヒーロー・ネバー・ダイ」が凄く好きなんですよね。
いずれレビューします☆

香港ノワールの巨匠と呼ばれている杜琪峰ですが、
実はラブコメ作品もあります。私は観た事ないんですけどね(^^;)
機会があれば観てみようと思います♪