めぐちゃんの香港映画感想ブログ

香港映画が大好きで気ままに感想を書いています。ネタバレありなので観ていない方はご注意下さい。

ロンゲストナイト

ロンゲストナイト

■原題
暗花

■製作年
1998年

 

游達志監督の香港ノワール作品ですが、
製作は杜琪峰とクレジットされていて、
杜琪峰の雰囲気がプンプン漂っております。
杜琪峰監督作かと思ってた(^^;)

 

2大勢力のマフィア達が和解を行い、
これに乗じて勢力を拡大しようとする
年老いたマカオの大ボスのホン(もう引退せぇ~)に
対抗しようと、マフィアと手を組んでいる悪徳警官をも
巻き込んで行くというストーリーです。

 

魅力的なストーリーなのにいまいち刺さらなかったです。

 

まず梁朝偉が悪徳警官を演じるにあたって少々迫力不足です。
そこへ劉青雲が出てくるもんですから、さすがの梁朝偉も霞んでしまいます。
もっと役作りして欲しかったなー。

 

あとちょっと話が分かり辛いですね。
今作はサスペンス調で、中盤以降で徐々に謎が解けていくのですが、
謎が解けてもなんかスッキリ感がない(^^;)

 

演出面は好きです。
拘置所の埃が舞う青白い光の中での梁朝偉劉青雲のやりとりのシーンや、
ラストの銃撃戦での光やガラスの割れる感じ、好きですね。
やっぱこういう感じ、好き♪

 

そういえば林雪が痩せてたな~(;^ω^)

 

杜琪峰作品の中でも結構バイオレンスなシーンが多いので、
苦手な方はご注意ください。