めぐちゃんの香港映画感想ブログ

香港映画が大好きで気ままに感想を書いています。ネタバレありなので観ていない方はご注意下さい。

イップ・マン 葉問

イップ・マン 葉問

■原題
葉問2

■製作年
2010年

 

f:id:meguchanhongkong:20190716103519j:plain

葉偉信監督、甄子丹主演のイップ・マンシリーズ第2弾です。
第1章のレビューから1年以上経っていました(^^;)

ひと月に更新出来る作品数は多くても3、4作品なので、
レビューしたい作品がメチャクチャ溜まっています(´∀`)
でもこれが限界なのです~。ご容赦ください~。

 

 

f:id:meguchanhongkong:20190716103654j:plain

三浦との闘いの後、佛山から香港へやって来たイップ一家。
日本兵に撃たれたイップマンは一命を取り留め、順調に回復。

その後、新聞記者の編集長であるリョン(敖嘉年)が、
武館を開きたいイップマンの為に屋上の空き家を紹介してくれます。

 

 

f:id:meguchanhongkong:20190716103734j:plain

イップ・マン(甄子丹)
やっぱりドニー様のイップマンは最高(*´▽`*) メロメロ~♪
どの役も素敵なのですが、私はイップマン役のドニー様が1番好き☆

今年いよいよ「イップ・マン4完結編」が公開されます。
「完結編」ってことは、もうドニー様のイップマンは
これで最後ってことなんですかね(>_<) 淋しい…。

 

 

f:id:meguchanhongkong:20190716103812j:plain

武館を開いて8日が経ちますが入門希望者はひとりもやって来ません。

 

 

f:id:meguchanhongkong:20190716103841j:plain

チャン・ウィンシン(熊黛林)
イップマンの奥さんです。

イップ・チュン(李澤)
イップマンの息子です。

ウィンシンは2人目を妊娠中ですが、
収入が無く家賃が払えず、生活は困窮しています。

 

 

f:id:meguchanhongkong:20190716103924j:plain

9日目、相変わらず入門希望者が来ないので、
おばちゃんが洗濯物を干します。
屋上って干すのにちょうどいい場所だもんね(^^;)

 

すると武館のチラシを見た1人の青年がやって来ます。

 

 

f:id:meguchanhongkong:20190716104013j:plain

ウォン・レオン(黃曉明)
役名の「ウォン・レオン」って梁贊の師匠である
「黄華寶」と「梁二娣」の2人の名字から取ったんですかね?

そういえば以前このブログで
「ユン・ピョウinドラ息子カンフー」の
レビューをした時は広東語が全く分からなかったので、
サモ兄が演じた「黄華寶」の役名が分からなかった(^^;)
一応、修正しておきました。

ちなみに「梁」という漢字の読み方は非常にやっかいで、
日本語に存在しない発音なんですよね。
「リョン」とか「レオン」とか様々なカタカナで表されますが、
無理矢理広東語に近い発音で表記すると「リォョ~ン」って感じかな。
うん、日本語では無理( ̄▽ ̄;)

 

 

f:id:meguchanhongkong:20190716104148j:plain

レオンはイップマンに挑戦を申し込み、負けたら入門すると言います。
自信満々にイップマンに挑みますがとても敵いません。

 

 

f:id:meguchanhongkong:20190716104215j:plain

あっさり負けて出て行くレオン。しかし仲間を連れて戻って来ます。
3人がかりでもイップマンに敵わず、
これでようやくレオンはイップマンの実力を認め、弟子入りをします。
よかったねイップ師匠(´▽`)

 

 

f:id:meguchanhongkong:20190716104257j:plain

南派少林拳法のひとつである詠春拳
攻守を同時に行う接近戦を得意とする功夫です。
中国武術の歴史はかなり奥深く、
ルーツを知るには相当勉強しなくてはなりません。
私は映画での知識しかありません(^▽^;)

 

 

f:id:meguchanhongkong:20190716104331j:plain

その後もどんどん入門希望者が増えます。
稽古代を集金したいイップマンですが、
弟子達もお金が無いので、払える時で良いと言います。
イップ師匠、自分も生活大変なのに
無理矢理お金を徴収しない優しい方(T_T)

 

 

f:id:meguchanhongkong:20190716104406j:plain

町へ行くとイップマンは肉を盗んで捕まるチンチュンを発見します。

 

 

f:id:meguchanhongkong:20190716104434j:plain

チョウ・チンチュン(任達華)
今回は特別出演なので、出番が少ないです(>_<)

 

 

f:id:meguchanhongkong:20190716104739j:plain

チョウ・コンユウ(鄭家星)
左の男性です。
チンチュンの息子です。

 

なんとチンチュンは佛山から脱出する際、
日本兵に頭部を撃たれ、一命は取り留めたものの
記憶を無くしてしまっていたのです。

 

 

f:id:meguchanhongkong:20190716104820j:plain

コンユウと路上生活を送るチンチュン。
そこでイップマンはコンユウに働き口を紹介します。
勤務先はリョンの新聞社です。

 

 

f:id:meguchanhongkong:20190716104857j:plain

レオンがイップマンの武館のチラシを壁に貼っていると、
洪拳の使い手、ワイケイ達に絡まれます。

 

 

f:id:meguchanhongkong:20190716104924j:plain

チェン・ワイケイ(杜宇航)
第一章でカム(樊少皇)の仲間として
出演されていましたが、今回役違いで登場です☆

「イップ・マン 誕生」では若きイップマン役を演じております。
この作品も面白いですよ♪ ラストが結構衝撃ですけどね。
いずれレビューします!

 

 

f:id:meguchanhongkong:20190716105039j:plain

詠春拳を習っているレオンはワイケイを倒しますが、
一緒にいた仲間に袋叩きにされ、捕まってしまいます。

 

 

f:id:meguchanhongkong:20190716105124j:plain

ワイケイの仲間がイップマンの所にやって来て、
弟子に怪我をさせられたので、魚市場まで金を持って来いと要求します。

言われた通り、魚市場にやって来たイップマン。
捕まっていたレオンを助け、ワイケイ達と話し合おうとしますが、
聞き入れてもらえず襲われます。

 

 

f:id:meguchanhongkong:20190716105231j:plain

イップマンの強さに素手で敵わないと思った
ワイケイの仲間達は武器で襲って来ます。
それでも強い!強い!イップ師匠!

 

 

f:id:meguchanhongkong:20190716105300j:plain

パレットを盾にしながらレオンと連携プレイで闘います。

 

 

f:id:meguchanhongkong:20190716105329j:plain

パレットで刃物を受け止めるのがかっこいい!!

 

 

f:id:meguchanhongkong:20190716105400j:plain

あまりの敵の多さにイップマンはレオンに
合図をしたら逃げるように言います。

2人が逃げようとすると新たな集団がやって来ます。
なんと集団の先頭にいたのはカム・サンチャウです!!

 

 

f:id:meguchanhongkong:20190716105434j:plain

カム・サンチャウ(樊少皇)
カム、前作では凶暴な賊だったのに良い人になってるー!!!
なんか嬉しい(^ω^)

 

その後に続いて今度はワイケイ達の師匠である
ホン・ツァンナムがやって来ます。

 

 

f:id:meguchanhongkong:20190716105557j:plain

ホン・ツァンナム(洪金寶)
前作に引き続いて武術指導をされていますが、
今回は演者として出演されています。貫禄凄い(^^;)

 

 

f:id:meguchanhongkong:20190716105723j:plain

ホンがワイケイ達を問いただすと、
喧嘩ではなく、ただの手合わせだと釈明します。

カムが自分の縄張りで騒ぎを起こされたとホンに言うと、
ホンはここは自分の縄張りだと言い返されます。

イップマンがホンに挨拶すると、
ホンは武館を開きたければ全ての門派の挑戦を受け、
勝たなければならないと言います。

 

 

f:id:meguchanhongkong:20190716105824j:plain

フェイ・ボー(鄭則仕)
真ん中の男性です。

ひょっこり出て来た警察官のフェイ。
イップマン達を傷害で逮捕し、連行します。

 

 

f:id:meguchanhongkong:20190716105913j:plain

フェイに連れられ、ホンも警察署へ向かいます。
そこでウォーレス署長(Charles Mayer)に「上納金」を渡すホン。
このおかげでホンは商売や武館を続ける事が出来るのです。

近々行われるボクシング大会について、
フェイは報酬などの詳細を署長に交渉しようとしますが、
その話は後にしろとあしらわれます。

 

イップマンが逮捕されたという知らせを聞いて
ウィンシンは警察署に向かおうとしますが、
釈放する為に必要なお金が足りず、リョンに貸してもらいます。
リョンさん、何から何まで面倒見てくれて本当にいい人(T_T)

 

 

f:id:meguchanhongkong:20190716135837j:plain

留置所では香港で武館を開くのは大変だとカムがぼやいています。
レオンは今に仕返ししてやると闘気をむき出しにすると、
それでは相手の奴らと同じだとイップマンに窘められます。

そういえばカムだけ普通話でしゃべってるけど、
これで普通に広東語話者と会話が成立するのが不思議。
この感覚は日本人の私にはまだまだ理解出来ない(^^;)

 

ウィンシンとリョンがやって来て保釈金を払い、
(字幕では保釈と書いてありましたが、厳密に言うと釈放ですよね)
イップマンは釈放されます。

カムも奥さんと子供が迎えに来て釈放されます。
しかしレオンには身内がいないので、しばらくここに残ると言います。
イップマンはすぐにレオンも釈放させたいので、
リョンにお金を借りようとしますが、もう持ち合わせが無いと言われます。
するとカムが自分の奥さんに金を出すように言い、レオンも釈放されます。
カム、家族が出来て丸くなったな~。前作では凶暴だったのに(^▽^;)

 

ウィンシンはこんなに大変な目に遭ってまで
武館を開く意味はあるのかと消極的な様子。
それでもイップマンはホンに言われた通り、
門派の挑戦を受けに行きます。

 

 

f:id:meguchanhongkong:20190716140121j:plain

ロー師匠(羅莽)

 

 

f:id:meguchanhongkong:20190716140142j:plain

チェン師匠(馮克安)

お二人、いいおじさんになってますね~(^ω^)

 

 

f:id:meguchanhongkong:20190716140221j:plain

試合時間は線香が燃え尽きるまで行い、
降参するか武舞台から落ちたら負けです。
天下一武道会の言い回しみたい(笑)

武舞台といってもテーブルをひっくり返して
台にのっけた超激セマ不安定なものです(;'∀')

 

 

f:id:meguchanhongkong:20190716140258j:plain

ロー師匠がトップバッターで闘いますが、
イップマンに吹っ飛ばされ場外負け。
立てた椅子の脚に突っ込むのが痛そう(;´∀`)

 

 

f:id:meguchanhongkong:20190716140324j:plain

次はチェン師匠と闘います。
この年齢でこれだけの動きが出来る馮克安はやっぱ凄いな~。
ジャッキースタントチームに所属していた方は本当にタフですね。
若くして亡くなられたのが残念です。

 

 

f:id:meguchanhongkong:20190716140359j:plain

チェン師匠も倒したイップマンの前にホンが立ちはだかります。
このお二人を見ると、SPLを思い出しますね。

記事にする為、試合の様子を外から撮影するコンユウ。

ワイヤーワークのおかげで迫力ある映像になってます!
確かジャッキーはワイヤーワークがあまり好きではないらしいですね。
リンチェイはワイヤーで吊られているのは楽ちんだから
サボってしまうみたいな事を仰っていましたね。

私もビヨーンビヨーン飛び回るのは苦手だけど、
うまく使えばこういう良い映像が出来るのでいいと思います。
映画の闘いとスポーツの闘いは違いますもんね。

 

 

f:id:meguchanhongkong:20190716140514j:plain

互角の闘いが続きますが、
テーブルが真ん中から真っ二つに割れ、結局決着がつかず引き分けに。
しかしイップマンの実力を認めたホンは入会を許可します。
高額の会費を納める事が条件だと提示すると、
イップマンは私腹を肥やす為なら入会はしないと断ります。

 

 

f:id:meguchanhongkong:20190716140600j:plain

ホンも好きで西洋人に上納金を払っているわけではありません。
養っていかなければならない家族や弟子達の為なのです。

 

 

f:id:meguchanhongkong:20190716140629j:plain

そして再びホンの弟子達とイップマンの弟子達の喧嘩が勃発!
この騒ぎにより近所から苦情が入り、
リョンはもう屋上は貸せないと言います。

 

 

f:id:meguchanhongkong:20190716140732j:plain

武館を失ったイップマン達。
イップマンはホンの所に行き、嫌がらせは止めて欲しいと言います。
ホンは自分が西洋人達とうまくやりくりしているおかげで、
武館を存続する事が出来るのだと、
養う義務がないのに無責任な事を言うなと言い返します。

イップマンは弟子達を正しい道へ導くのが武術家の務めではないかと言うと、
ホンは先日の決着をつけようと襲って来ます。
しかし家族が帰って来たので再び勝負は保留に。

 

 

f:id:meguchanhongkong:20190716140815j:plain

武館が使えなくなった為、木人椿をイップマンの家に持って来る弟子達。
レオンは自分がカッとなったせいで
武館を失ってしまった事をイップマンに謝ります。

今は強くても誰でも必ず年を取り、
永久に1番で居続けるのは不可能だと言うイップマン。
技にこだわるのではなく、理念を大切にし、
争わない為に闘うのだとレオンに諭します。

イップ師匠、本当素晴らしいね( ;∀;)

 

 

f:id:meguchanhongkong:20190716140950j:plain

広場で稽古をしているとホンがやって来て、
ボクシング大会のチケットが余ったので
観戦に来ないかとイップマン達を誘います。

 

 

f:id:meguchanhongkong:20190716141018j:plain

ボクシング大会の報酬の交渉がうまくいかず、ウォーレスに詰め寄るホン。
しかし試合をしないのならば市場の責任者から解任させると逆ギレされ、
仕方なく言う通りにします。

 

 

f:id:meguchanhongkong:20190716141051j:plain

タイラー(Darren Shahlavi)
西洋人プロボクサー、通称「ツイスター」です。

私は存じ上げなかったのですが、
イギリス出身で役者やスタントをされていたそうです。
調べて見るとお若くして亡くなられたようです。

 

 

f:id:meguchanhongkong:20190716141125j:plain

そしてボクシング大会当日。
試合前にホンの弟子達が演武を披露しているとタイラーが絡んで来ます。
タイラーはワイケイに自分を殴るように挑発し、
弟子達に殴りかかります。

さらにタイラーは中国ボクシングは
役に立たないダンスだと侮辱し、騒ぎが大きくなります。
ホンは止めに入りたくてもウォーレスの目があり動けません。
しかしレオンがタイラーにやられ、
イップマンが駆け寄ると、何とか騒ぎを止めます。

 

 

f:id:meguchanhongkong:20190716141214j:plain

ホンは弟子に怪我させた事を謝罪しろとタイラーに要求。
すると謝って欲しければ試合で俺を倒せと言われ、
ホンはタイラーと試合をする事になります。

 

 

f:id:meguchanhongkong:20190716141247j:plain

第1ラウンドは互角の闘いを見せますが、
タイラーの強烈な右フックを食らいダウンするホン。
何とか立ち上がり、タイラーを投げ飛ばしてダウンを奪います。

しかしタイラーの攻撃で体は着実にダメージを受けており、
心配したイップマンは棄権するように促しますが、
ホンは侮辱を許す事が出来ないと拒否します。
誇りよりも命の方が大事だという
イップマンの声に耳を傾けず立ち上がります。

 

 

f:id:meguchanhongkong:20190716141336j:plain

再びダウンし、たまらずイップマンはタオルを投げ込もうとしますが、
ホンはそれを頑なに拒否。

 

 

f:id:meguchanhongkong:20190716141407j:plain

体力を消耗し、タイラーのパンチラッシュを浴び、
ホンはリングの上で散ります。
うわ~、まさか死ぬとは思わなかった(゚Д゚;) ショック…

 

 

f:id:meguchanhongkong:20190716200508j:plain

翌日、ホンを殺した西洋人は野蛮だという新聞記事の見出しが躍り、
この記事を見た上司に叱責されたウォーレスは、
記事を書いたリョンを連行するようフェイに命じます。

ウォーレスはリョンに暴行を加え、
これ以上見ていられないと、フェイはリョンの処分は
自分に任せるように言い、暴行を止めます。
こんな奴が警察署長だなんてありえない!!最低だー!!

 

 

f:id:meguchanhongkong:20190716200610j:plain

記者会見でウォーレスは自分達の都合がいいように嘘をつき、
タイラーは再び中国人と闘うと宣戦布告。
そこへイップマンがやって来て、自分が挑戦すると宣言します。

 

 

f:id:meguchanhongkong:20190716200655j:plain

臨月のウィンシンは息子のチュンと一緒に大家さんの家に預け、
イップマンは木人椿で腕を慣らします。

 

 

f:id:meguchanhongkong:20190716200802j:plain

暴行を受けてもリョンは恐れず記事を書くように社員に言います。
しかしまたもや警察がやって来て、
記事について咎められるのかと思いきや、
フェイは「西洋人の惨敗確定」と書けと言います。
フェイ、ついに吹っ切れましたね!! 勇気ある行動です(>_<)

 

 

f:id:meguchanhongkong:20190716200904j:plain

そして試合当日。
ラジオの前では皆、イップマンVSタイラーの試合の様子に耳を傾けます。
一方、陣痛が起こったウィンシンは大家さんの家で無事に出産します。

 

 

f:id:meguchanhongkong:20190716200948j:plain

第1ラウンド、タイラーの右フックでダウンするイップマン。
なんとか起き上がりお返しにキックでダウンを奪います。

第2ラウンド、果敢に攻めるイップマン。
ゴングの後に攻撃をくり出すという卑劣なタイラー。
イップマン、今回大苦戦です!!

一進一退の攻防が続きますが、
西洋人達はこのままではタイラーが負けてしまうと懸念し、
第3ラウンドからキックを禁止にするように通達します。

 

 

f:id:meguchanhongkong:20190716201116j:plain

そして第3ラウンド。
つい脚が出てしまったイップマン。次にやったら負けてしまいます。
再びダウンし、万事休すか!?

 

 

f:id:meguchanhongkong:20190716201156j:plain

するとイップマンはホンが誇りの為に闘っていた事を思い出し、
自分がホンにアドバイスした中肋骨を狙うことにします。

 

 

f:id:meguchanhongkong:20190716201235j:plain

攻撃はヒットし、タイラーにダメージを与え、
顔をつかみ、顔面に掌打を浴びせるイップマン。
タイラーは気を失い、イップマンが勝利します!

 

 

f:id:meguchanhongkong:20190716201409j:plain

イップマンの勝利に歓喜する人々。
記憶を失っていたチンチュンもイップマンの事を思い出していました。

 

 

f:id:meguchanhongkong:20190716201433j:plain

フェイの告発により、汚職警官ウォーレスは逮捕されます。
よかった、よかった。

 

 

f:id:meguchanhongkong:20190716201459j:plain

そしてイップマンのヒーローインタビューです。
イップマンは中国武術とボクシング、どちらが勝っているわけではなく、
身分が違っても互いを尊重出来るようになることを願うと述べます。
本当に立派ですイップ師匠(T_T)

 

 

f:id:meguchanhongkong:20190716201531j:plain

新しい家族が増えた家へ帰るイップマン。

 

その後、コンユウが尋ねて来て、
武術を習いたい人がいると入門希望者を連れて来ます。

 

 

f:id:meguchanhongkong:20190716201559j:plain

連れて来たのは小さな男の子です。
名前を尋ねると男の子は「李小龍」と答えます。
ブルース・リー、キタ――(゚∀゚)――!!

※追記
そういえば、よくよく考えたら「李小龍」ってリーの芸名だから、
ここで「李小龍」って名乗るのはちょっと不自然かも。

ちなみにリーの本名は「李振藩」といいます。
でもここで「李振藩」って名乗ったら、
「え?誰?」ってなるので便宜上、知名度のある
李小龍」って名乗ったのだと思いますけどね(^▽^;)

 

 

f:id:meguchanhongkong:20190716201640j:plain

生意気オーラ全開で喧嘩に強くなりたいと意気込みます。
イップマンはもう少し大きくなったらまた来なさいと、
幼いブルース・リーに諭すのでした。

 

劇終。

 

いい作品です~(*^^*)
実際にリーがイップマンの弟子になったのは
リーが16歳頃だったといわれています。

武術を始めたきっかけが喧嘩に勝ちたいからっていうのが
直球で分かりやすいですね(´∀`)

でも大人になってから、強さだけでなく
武術の哲学などを学び、截拳道を創設されました。

ちなみにこんな逸話もあります。
イップマンが亡くなった時、リーは葬儀に出席しなかったそうです。
特に理由もなくすっぽかしたそうで、
当然周りからバッシングされたそうですが、
私は、なんかリーらしいなぁって思ったりしました。

勝手な想像ですけど、リーって直球人間で、
細かい事をグダグダ考えるようなタイプではないと思うんですよね。
「ま、いっか。」みたいな。
ドラゴンボール孫悟空みたいですよね(笑)
そういえば孫悟空のモデルはブルース・リーといわれています。

でも強さを求める事に妥協はなかったと思いますけどね。
全て私の勝手な想像ですが(;^ω^)