めぐちゃんの香港映画感想ブログ

ネタバレおもいっきりあります。

五福星

五福星

原題 奇謀妙計五福星

製作 1983年

めぐちゃんの満足度 ★★★★★

 

洪金寶(サモ・ハン・キンポー)監督によるアクションコメディ作品「福星シリーズ」の第1弾です。

 

刑務所内で一緒になったジャック(岑建勳)、パイプ(吳耀漢)、ラム(秦祥林)、ランクス(馮淬帆)、キュウス(洪金寶)の5人は出所後ジャックの家で同居を始め、清掃会社を立ち上げます。
ひょんなことからマフィアの裏取引に巻き込まれ、事件を解決するというお話です。

 

面白くて大好きな作品です(*‘∀‘)
ストーリーはハッキリ申し上げて、あってないようなものです(^^;) ←失礼
こんなハチャメチャな内容で面白いって凄いなぁ(笑)
でもハマれない人はハマれないかも。好みの問題なので。

 

お菓子のカールを買っていたり、ペットの亀を大切に飼っている陳Sir(陳欣健)がカワイイ♪
陳Sirホントいい男だわ(*´▽`*)

 

マフィアのボスのチウ(田俊)が娘(夏文汐)に英語はやめろと言っておきながら自分は「Good」って言うんかい!ってツッコんでみたり(笑)

 

パイプが透明人間になれたと勘違いして全裸でいるところを郵便配達員(午馬)に白い目で見られるシーンが面白くて大好き(^O^)

 

お祭りのシーンでは曹達華(チョウ・ダッワー)、西瓜刨(サイ・クワパウ)、洪家拳の達人の趙志凌(チウ・チーリン)を発見。
チウ師匠、Tシャツにしっかり自分の名前がプリントされていました(笑)
サイ・クワパウは「牙擦蘇(出っ歯のソー)」だと思うのですが、ダッワーさんが何役なのかハッキリ分からない。

 

ファストフードの店員役で許鞍華(アン・ホイ)が出演されていました。
私が初めてこの作品を観た時はまだ彼女を知らなかったので、後に観直して知りました。

 

元彪が李賽鳳(ムーン・リー)と出演されていましたが、ほんの一瞬で残念。
もっと見たかったよ~( ;∀;)
でもキックがかっこ良かった(*´▽`*)
この頃はチャンピオン鷹の撮影をしていたのでスケジュールが取れなかったそうです。
ジャッキーの彼女役で葉童(セシリア・イップ)も出演されていました。
まだあどけない感じでしたね(*‘∀‘)

 

ジャッキーは主役ではありませんが、素晴らしいアクションを披露してくれます☆
ローラースケートでトラックの下をくぐり抜けるのは凄かったなぁ(゚Д゚;)

 

ラストのマフィアとの闘いは洪家班なので安心して観れます。
ただ福星チームでまともに闘えるのがサモ兄だけなのよね(^^;)

 

日本語字幕の役名がどうやって名付けられたのかちょっと考察してみました。
(吹き替え版だと下記とは名前が異なります)

●日本語字幕 キュウス
●オリジナル 茶壺(チャーウー)
茶壺は「急須」という意味なので、そのままキュウスですね。

●日本語字幕 ジャック
●オリジナル 鬈毛積(キュンモウチェ)
「積」という発音から、ジャックになったと思われます。

●日本語字幕 パイプ
●オリジナル 死氣喉(セイヘイハウ)
「死氣喉」は「排気管」という意味なのでパイプになったと思われます。

●日本語字幕 ラム
●オリジナル 凡士林(ファンシーラム)
これは名前のラムがそのまま使われていますね。

●日本語字幕 ランクス
●オリジナル 蘭克司(ランハッシー)
これはちょっと分からないですね。

●日本語字幕 メイ
●オリジナル 妹頭(ムイタウ)
妹という意味ですが、なぜ「メイ」という名前になったのか不明。

 

オリジナルの主題歌はサモハンが歌う「福星高照」
日本版の主題歌は陣内孝則氏が歌う「SUPER SUPERSTAR」です☆
昔の香港映画は日本オリジナルの主題歌が作られていましたよね(*‘∀‘)

 

日本版ではジャッキーが主役のように扱われていますが、主役はサモハンですよ~(;^ω^)
でもジャッキーが脇役って贅沢な作品だなぁ(-∀-)