めぐちゃんの香港映画感想ブログ

ネタバレおもいっきりあります。

ドラゴン怒りの鉄拳

ドラゴン怒りの鉄拳

原題 精武門

製作 1971年

めぐちゃんの満足度 ★★★★★

 

羅維(ロー・ウェイ)監督、ブルース・リーの主演のカンフー作品です。
この作品は結構リメイクされていて、リンチェイやドニー様も陳真(チャン・ジャン)役を演じています。
ジャッキー・チェンの「レッド・ドラゴン/新・怒りの鉄拳」は今作の続編的な位置付けらしいですが、あんまり続編という感じはしませんでした(^^;)

 

精武門の創設者であるホー師匠が急死し、突然の出来事にショックで食事も喉を通らない五番弟子のチャン(李小龍)。

 

ホー師匠の初七日を迎えると、日本人が開いている虹口道場で通訳をしているウー(魏平澳)と門下生が現れ、精武門の門下生たちを侮辱し、挑発してきます。
先輩のファン(田豐)が制止し事無きを得ますが、怒りを我慢できないチャンは虹口道場へ乗り込みます。

 

チャンは門下生たちを次々と倒し、顧問のヨシダ(馮毅)も倒して立ち去ります。
これに腹を立てた虹口道場の鈴木館長(橋本力)は精武門に門下生を送り込みます。
門下生たちは精武門道場を荒らし、3日以内にチャンを連れて来るように言い放ち、去って行きます。
引き渡せば殺されてしまうので、チャンに精武門から遠くへ逃げるように促します。

 

出発前日の夜、チャンは精武門で料理人をしていたティン(黃宗迅)がホーに毒を盛ったという話を聞いてしまいます。
精武門の関係者であるフォン(韓英傑)も共謀してホーの殺害を協力していたことが分かり、チャンは2人を殺害します。

 

チャンの婚約者で同じく門下生のユアン(苗可秀)に説得されますが、チャンの復讐の意志は揺らぎません。

 

ヨシダの弟であるティンを殺され、鈴木館長の怒りはさらに増し、ついに警察に圧力をかけることにします。
警察が精武門の門下生を捕まえればきっとチャンが姿を現すと考えます。

 

チャンは車夫になりすまし、待ち伏せしてウーを殺害。
これを知った鈴木館長は警察は役に立たないので、日本領事館に連絡をすると警察を脅し、ヨシダは精武門の門下生を皆殺しにすることを提案します。

 

チャンは変装をして虹口道場へ潜入します。
その後、チャンは改めて虹口道場へ乗り込み、門下生とヨシダを倒します。
立ちはだかる鈴木の用心棒(勝村淳)を倒し、ロシアのマフィアで武術の達人であるペトロフ(Robert Baker)と闘います。

 

ペトロフを倒し、鈴木館長との一騎打ちとなり、チャンは鈴木館長を倒し、復讐を果たします。

 

精武門では仲間である多くの門下生が殺されてしまい、これまで耐え忍んできたファンも我慢の限界に達します。
日本領事(金軍)が現れ、チャンを引き渡さなければ精武門を閉鎖すると脅され、戻って来たチャンは精武門を守るために自首します。
しかし精武門の外で待ち受けていたのはチャンに向けて銃を構える領事館関係者たちの姿でした。

 

ラストが衝撃でしたね~(゚Д゚;)
内容が抗日的なので気になる人はちょっと不快に感じてしまうかもしれない。
その辺について私は特に気になることはありませんでした。

 

チャン役のリーがカッコ良すぎて、私はこの作品でリーが大好きになりました(*^^*)
リーの代名詞であるヌンチャクはこの作品で初めて使用されました。

 

そしてリーの貴重なラブシーンも観れる今作。
モノクロ映画時代にはラブシーンはあったのかな??
昔の作品も観てみたいな~。

 

若きジャッキーもスタントで出演されていて、スタント以外では精武門の門下生役の李英琪(リー・イェンケイ)と稽古をする相手役としてジャッキーが出演されていました☆
DVDの画質だと認識できないかもしれない。私もブルーレイ版を観て気づいたくらいなので(^^;)

 

虹口道場の門下生の中には、陳會毅(ビリー・チャン)、林正英(ラム・チェンイン)、元奎(ユン・ケイ)、吳明才(ウー・ミンツァイ)などの姿がありました。

 

ペトロフに技をかける門下生の1人が元彪だと思うのですが、違うかな?
ブルーレイ版でも顔がハッキリと映らないので、断言は出来ないです(;^ω^)

 

元華さんは日本人役で、チャン役のリーに絡んでぶっ飛ばされていました(;^_^A

 

精武門の門下生役で成運安(シン・ワンオン)が出演されていました(*‘∀‘)
成奎安(シン・フィオン)のお兄さんですね。

 

今作の監督である羅維(ロー・ウェイ)も警察官役で出演されていました。

 

日本人キャストは鈴木館長役の橋本力と用心棒役の勝村淳です。
橋本さんってプロ野球選手だったんですね!全然知らなかった!
プロ野球選手を引退した後、勝新太郎の映画会社に所属したそうです。
クレジットでは勝村さんの英語表記が「JUN ARIMURA」になってた(;'∀')
日本人の英語表記がちょいちょい間違っているのは「香港映画あるある」なんですかね(笑)

 

今作はシリアス路線なのですが、リーがおじいちゃんの変装をしたり、修理工の変装をしたりするのがなんかほっこり(笑)
というか、最終的に正面から道場に乗り込むなら修理工になりすまして潜入する必要があったのかな?って思ったりします(^^;)
あと物凄い近距離なのにチャンだと気づかない鈴木館長たちってどうなのよ(笑)

 

そして日本人が観たら指摘するであろう、「袴が逆でしょ!」というツッコミ(^^;)

 

田豐(ティエン・ファン)は日本語字幕だと「師範」となっていましたが、広東語音声だと「大師兄(タイシーヘン)」で、「1番上の先輩」という意味です。
道場などで先輩を呼ぶ時に「師兄(シーヘン)」という言葉はよく使われていますね。
ちなみに弟弟子を呼ぶ時は「師弟(シータイ)」といいます。

 

師匠の霍元甲(フォ・ユエンジャ)は実在した人物で、上海精武体操学校を創設した武術家です。
香港映画でよく題材になる方ですね。
広東語発音だと「フォ・ユンカップ」といいます。

 

精武門の主題歌は何とも哀愁があって良いんですよねぇ。
このテーマ曲を聴くと鳥肌が立ちます。
アメリカの刑事ドラマ「鬼警部アイアンサイド」のテーマ曲に似ているという指摘があり、確かに似ていると思います。
私はアイアンサイドは観たことがないのですが、アイアンサイドのテーマ曲は日本のバラエティ番組などでよく使われていたり、キル・ビルでも使われていたので馴染みがありますね。