めぐちゃんの香港映画感想ブログ

ネタバレおもいっきりあります。

サイクロンZ

サイクロンZ

原題 飛龍猛將

製作 1988年

めぐちゃんの満足度 ★★★★★

 

ジャッキー・チェン、ユン・ピョウ、サモ・ハン・キンポー、香港ゴールデントリオが活躍するアクション映画です。
この作品を最後に3人揃っての共演がないんですよね(._.)

 

ファー(元華)が経営する工場から排出される汚水が原因で、イップ(葉德嫻)の養殖場が被害を受け、イップは工場の操業停止をファーに訴えます。
イップの訴えに応じないファーは養殖場を買い取ると申し出ますが、イップは養殖場を売るつもりはなく、法廷で争うことになります。

 

ファーは弁護士のロン(成龍)を雇います。
イップはマン弁護士(胡楓)を雇い、水質の研究をしている親戚のメイリン(楊寶玲)にも協力してもらいます。

 

ロンは友人であるウォン(洪金寶)とトン(元彪)に協力してもらうことにします。
ウォンにはイップに近づいて養殖場を手放すように仕向けてもらい、トンにはイップの家に盗聴器を仕掛けるように頼みます。

 

トンが盗聴器を仕掛けようとするとウォンに見つかり、泥棒に間違えられたトンは警察に捕まってしまいます。
警察に捕まったトンを迎えに行ったロンは帰り際にイップとメイリンに遭遇し、被告の弁護士であるロンの様子を窺うためメイリンはロンの食事の誘いを引き受けます。

 

原告側のメイリンにすっかり入れ込むロン。
いい雰囲気でしたが、トンとウォンがやって来て言い争いになります。

 

メイリンを帰宅させ、3人はバーへ行って頭を冷やします。
しかしバーにいたファーの一味とギャングの抗争が始まり、ロンたちが仲裁に入ります。

 

仲裁に入ったロンを邪魔だと判断したギャングのボス(羅烈)はロンを消すように部下たちに命じます。
再びメイリンと食事をすることになったロンですが、次々とギャングたちに襲われ、何とか追い払います。

 

多額の報酬を目当てに引き受けた今回の依頼ですが、ウォンは徐々にイップのことが気になり始め、イップもウォンを意識し始めます。
裏切られることを恐れているイップはウォンの申し出を断り続けていましたが、ウォンが粘り強くイップを誘い続け、ようやく心を開いてくれます。
ロンもメイリンと親密になりますが、ロンに裏切られたと勘違いしたトンが押し入り、自分を警察に突き出したメイリンを襲います。
ウォンとイップが帰宅し、トンはロンがイップの養殖場目当てにウォンを送り込んだことを暴露します。
この話を聞いたイップは再び心を閉ざしてしまいます。

 

ウォンはイップのことが本当に好きになってしまい、話し合いを持ちかけますが相手にしてくれません。
しかしウォンが自分を本気で想っていてくれていることを知ったイップはウォンを信じることにします。

 

一転してイップ側についたウォンは仲直りしたトンと一緒にファーの工場へ忍び込んで偵察を行いますが、ウォンは捕まってしまいます。
ファーの工場は裏で麻薬を製造していたのです。

 

法廷では裁判が行われ、ロンはメイリンと恋仲になったことを明らかにし、裁判の公正を期すためだと釈明してファーの弁護から手を引きます。
トンがロンの所にやって来て、ウォンが捕まったことを伝えるとすぐにファーの工場へ向かいます。

 

工場へ着くやいなや、ファーの部下たちに襲われるロンたち。
トンが倒されて意識を失い、ロンはファーの部下(Benny Urquidez)と闘います。
警察へ通報しようとしたメイリンを襲うファーですが、ウォンがファーに薬を打つと様子がおかしくなり、ファーは戦闘不能になります。

 

ロンはファーの部下を倒し、麻薬工場を壊滅させます。

 

弁護士でも最強のジャッキー(*´∀`*)
最後のほう、やってることが弁護士じゃないけど(笑)
悪党の弁護をするのって大変ですよね…。

 

香港ゴールデントリオの全盛期は過ぎている頃ですが、面白くて大好きです♪
3人がケンカしててんやわんやになるシーンとかやっぱ楽しい(*^▽^*)

 

僅かですが、フィオンさんと羅烈さんが出演されていました☆

 

劇中でディニー・イップがサモハンの唇の上にある傷のことを指摘していますが、サモの唇の上にある傷は若い頃にナイトクラブで男に割れたビンで切りつけられたらしいです(゚Д゚;)
若かったので血気盛んだったのでしょうかね(^^;)
昔の香港の芸能界は黒社会との関わりも強かったようですし。

 

ウォンが路上で拡声器を使ってイップに語りかけるシーンは実際されたらメチャクチャ恥ずかしいです(;´∀`)

 

夜の養殖場でウォンとイップが釣りデートをしているシーンで、サモが歌っている曲が気になって調べてみると、中国の民謡「康定情歌」という曲でした。
全然知らん(^^;) でも良い曲ですね♪

 

ウォンがファーの工場に潜入するシーンなんですけど、正面から堂々と工場内を撮影してたらそりゃすぐバレるよね(;'∀')

 

サイクロンZとイースタン・コンドルの元華さんはキャラが強烈(笑)
ユキーデは今回なんで目の周りが黒いの(^^;)??

 

ユキーデのキックを食らうサモはさすがにプロテクターつけていましたね(;^ω^)
元彪が飛び蹴りを食らって戦闘不能になるシーンですが、飛び蹴りしているのはユキーデではないですね。
食らっているのはおそらく元彪本人だと思います。

 

元彪が割れたガラスの間を通るの怖すぎ!!
カットごとにガラスの割れ方が違っていたので、別撮りで何テイクか撮っていると思いますが、見る限りガラスを通り抜けているのはガチです。

 

元彪が手すりを超えて横にバク宙しているのはチン・ガーロの吹き替えっぽいですね。
これめっちゃカッコイイ!
足場悪いのにワイヤーつけてなかったなぁ…怖い…。

 

あとジャッキーって狭い隙間をすり抜けるアクション得意ですよね(*'▽')
あれヒヤッとするんだけど、カッコイイです♪

 

元華さんがポーリン・ヤンをガラスにぶつけるシーンは、最初のカットはご本人が行っていますが、カットが切り替わると吹き替えでした。
それにしたって女性にも容赦がない香港映画(^^;)

 

日本公開版ではトンが精神科に通院するシーンが観れます。
精神科の先生は馮淬帆(スタンリー・フォン)です♪
DVDやBDでは削除されたシーンとして観ることができます。

 

主題歌は「纏綿(愛神的箭)」
ジャッキーとアニタ姉さんのデュエットになっておりまする~♪