めぐちゃんの香港映画感想ブログ

ネタバレおもいっきりあります。

ヤング・マスター / 師弟出馬

ヤング・マスター / 師弟出馬

原題 師弟出馬

製作 1980年

めぐちゃんの満足度 ★★★★★

 

ジャッキー・チェン監督、主演のカンフーアクション作品です。
武術指導も務めております。※馮克安(フォン・ハックオン)と共同で武術指導をされています。
ジャッキーがゴールデン・ハーベストに移籍した後の第1作目の作品です。

 

正風道場の門下生ロン(成龍)と兄弟子のキョン(韋白)は獅子舞の練習をしていますが、キョンが練習中に怪我をしてしまい、急遽ロンがキョンの代役を務めることになります。

 

正風道場と威義道場の獅子舞対決が行われます。
ロンは威義道場の獅子の中にいたキョンを見つけると動揺して負けてしまいます。
キョンは仮病を使い、威義道場から金を貰って獅子役を引き受けていたのです。

 

深夜になるとキョンは道場に女性を連れ込みますが師匠のティン(田豐)に見つかり、威義道場から金を貰って獅子役を引き受けたこともバレてしまいます。
ティンはキョンを問い詰めるとキョンは出て行ってしまいます。

 

仲間の囚人キム(黃仁植)が護送されるので、威義道場の道場主(馮峰)は腕利きの男たち(馮克安、李海生)と共にキムを助ける計画を企てます。
正風道場を飛び出して来たキョンが威義道場を訪れると、道場主はキョンも一緒にキム救出作戦に参加させることにします。

 

キョンの裏切りや不甲斐ない弟子たちに対してティンの怒りが爆発します。
ティンが弟子たちを激しく説教することに耐えかねたロンは、孤児だった自分とキョンを育ててくれた恩に感謝し、出て行こうとします。
ティンは出て行くロンに対し、キョンを連れて帰るように言います。

 

役人たちがキムを護送する道中、道場主たちが立ちはだかり、捕らわれているキムを救出します。
重傷を負った役人はキョンが扇子を持っていたのを見て、扇子を持っている男を指名手配します。

 

ロンはキョンの捜索を続けますが、ロンが扇子を持っていたのを見た役人たちはロンが犯人だと勘違いしてしまいます。
ロンを捕まえようとしますが敵わず、役人(魚頭雲)は上司のサン(石堅)を呼びに行きます。
サンが不在だったのでサンの息子のシー(元彪)がロンの逮捕に協力します。

 

シーはロンを襲いますが、ロンは相手にせず逃げ出します。
途中でサンに出会いお茶をごちそうしてもらいますが、ロンはサンが役人であることに気づいていません。
ロンは追いかけて来たシーと再び闘い仕留めますが、サンが役人であることを知り、油断したロンはシーに攻撃され捕まってしまいます。

 

サンに捕まりロンは護送され、隙をついて逃げようとしますが底なし沼にはまります。
何とか脱出し、サンを沼に突き落として逃走します。
泥を洗い流すため民家を訪ねるとそこはサンの家で、娘のサウ(李麗麗)が風呂を貸してくれます。

 

サウは買い物に出かけ、しばらくすると泥まみれのサンが帰宅。
ロンはサンの家だとは知らず鉢合わせし、ロンは再び捕まり護送されます。

 

威義道場の道場主は扇子の男が銀行強盗をするという情報をサンに知らせます。
ロンが扇子の男ではないことが分かったサンは銀行へ向かい、シーはロンを逃がしてくれます。

 

道場主たちが銀行強盗の罪をキョンにかぶせるという話を聞いたロンは銀行に向かい、道場主の仲間たちと闘います。
ロンは道場主の仲間たちを倒し、捕まっていたキョンを救出します。

 

ロンは自分がキムを捕まえるとサンに訴え、サンは不本意ながらも承諾。

 

キムは道場主を裏切り、強奪した金を独り占めして道場主を殺そうとします。
そこへロンが現れ、道場主が状況を説明します。
このままでは自分が殺されてしまうので道場主はロンに寝返ります。

 

虎の脚の異名を持つキムはとても強く、ロンは全く歯が立ちません。
長期戦となり、喉の渇きを訴えるロンに道場主は持っていた水タバコの水をロンに飲ませます。
水タバコを飲んだロンの様子がおかしくなり、蹴られても殴られても立ち向かい、キムを追い詰めます。
劣勢だったロンは見事キムを倒します。

 

キョンは正風道場へ戻り、ティンと和解。
ロンは無理をして闘っていたので全身包帯グルグル巻きの状態で帰還します。

 

面白くて大好きな作品です!!
コミカルだけどアクションは物凄くて多彩なキャラクターも楽しいです♪
扇子を使ったアクションや布屋さんから借りた布でスカート攻撃などユニークなアクションが本当に面白いです(*^^*)

 

キムと闘った後のロンがミイラ状態になってたけど、ベジータと初めて闘った時の悟空みたい(;・∀・)

 

ラストのおよそ17分に及ぶジャッキーとウォン・インシクによる死闘が凄まじくて、個人的にジャッキーのベストファイトの1つでもあります。
この闘いのシーンだけでも1ヶ月以上かけて撮影しているそうです。
キムが護送中に役人を次々と倒していくシーンではジャッキーが役人のスタントを担当しています(*‘∀‘)
スローで観ると、ちゃんとジャッキーだと確認できます♪

 

田豐(ティエン・ファン)演じるティン師匠は怒るとメチャメチャ怖いですが、これはジャッキーが学んでいた中国戯劇学院の于占元(ユ・ジムユエン)先生をイメージしたとか。
学院に居た頃の厳しい共同生活の様子を表現されているのでしょうね。

 

ジャッキーも本当に素晴らしいですが、元彪もかっこよかった~(*´▽`*)
まだあどけない少年のような感じで、カワイイ♪
李麗麗(リリー・リー)は「ツーフィンガー鷹」の時と同じく元彪のお姉さん役ですね(^-^)

 

護送中に逃げ出そうとするロンがコミカルでとても面白いのですが、壁の間を登ったり腕の力だけでロープを登ったり、地味にハードなアクションですよね。

 

道場主役の馮峰(フォン・フォン)は馮克安(フォン・ハックオン)のお父さんで、監督業もされていました。
需要の問題と製作が50~60年代なので、監督作を日本で観るのはなかなか難しいですけどね(^^;)

 

曾楚霖(チャン・チョーラム)はノミ屋と茶店の店主の2役で出演されていました(・∀・)
大穴の威義道場の黒獅子が買っちゃってガッカリする様子が切ない(笑)

 

日本オリジナル主題歌はジャッキーが歌う「さすらいのカンフー」です♪
ヤンマスは色んなバージョンのソフトがあるのですが、私は新録日本語吹き替え版は持っていなくて、日本語吹き替え版は「日本公開版(国際版)」しか観たことがないのですが、BGMが明るい感じでコミカル度が増していますね(*‘∀‘)
ロンがキョンと2人きりで話すシーンなどは香港公開版にはありませんでしたね。