プロジェクトA2 史上最大の標的

プロジェクトA2 史上最大の標的

原題 A計劃續集

製作 1987年

めぐちゃんの満足度 ★★★★★

 

ジャッキー・チェンが監督、脚本、主演を務めたプロジェクトAの続編です。

 

プロジェクトA作戦」によってボスを失い、勢力の衰えた海賊の残党たちはロンを逆恨みし、復讐を誓います。

 

西環(サイワン)地区を担当している警察官のチン(林威)は善良な警察官を装っていますが、実は裏で黒社会と癒着しています。
チンが担当している西環は犯罪検挙率が極端に低く、警察の上層部はチンを担当から外そうと検討します。

 

町では興中会の革命党員であるソウリン(劉嘉玲)が演説を行っています。
党員のサンサン(張曼玉)が市民たちに呼びかけて花を売っていると警察に目をつけられてしまい、たまたま居合わせた警察官のロン(成龍)と同僚たちがうまく話を合わせてサンサンたちを助けます。

 

安心したのも束の間、サンサンたちが持っていた募金箱が男たちにひったくられます。
ロンはすぐに取り返し、ひったくり犯たちを警察署に連れていきますが、犯人たちがタイガー(陳惠敏)の身内だと分かると途端に警察官たちは萎縮してしまいます。
タイガーは西環地区を牛耳る黒社会のボスで、警察官たちはタイガーと癒着しているため、犯罪が野放し状態となっているのです。

 

新しくロンが西環地区を担当することになり、ロンは不正は決して許さないと釘を刺します。
タイガーの一味を摘発するため現場に乗り込もうとしますが、汚職にまみれた警察官たちは動こうとしません。
唯一腐敗していない警察官のホー(何家勁)を連れてタイガーたちがいる宿へ向かいます。

 

ロンはタイガーに令状を見せますが、従わないので争いになります。
さすがのロンたちもタイガーたちの猛攻に押されますが、応援を頼んでいた海上警察が到着し、一味は逮捕されます。
しかしロンはタイガーと再戦を申し出て、今度は自らの手でタイガーを倒します。
タイガーたちを逮捕するとチンはあっさりタイガーを裏切り、警察官たちもロンに寝返ります。

 

保安司(Božidar Smiljanić)の娘であるレジーナ(簡慧珍)の誕生日パーティーが行われるので、ロンは警護を命じられます。

 

革命党員のマン(呂良偉)とパク(關之琳)は革命資金を捻出するため、チンと組んで保安司の屋敷からダイヤを盗む計画を企てます。
しかし革命党員のキッド(程守一)は密偵で、清朝武官のウォン(劉兆銘)にマンたちの行動を密告します。

 

パーティーが行われる中、マンは屋敷内をうろついていると不審に思ったロンが後を追います。
ロンにバレてしまったため、ソウリンはロンを泥棒に仕立て上げます。
保安司はロン以外に犯人がいると睨み、ロンに真相を突き止めるように命じます。

 

パーティーが終わるとソウリンがさらわれ、ソウリンが持っていた手紙の住所を見てウォンの部下であるチョイ(李海生)とチュー(朱鐵和)がサンサンたちの家にやって来ます。
サンサンとマンが帰宅し、犯人を捜索中のロンはホーと手錠が繋がれたままサンサンの家にやって来ます。
その後、トン署長(董驃)もやって来て、さらにチンまでやって来ます。
それぞれバレないように部屋の中で隠れますが、ロンはチョイたちを見つけて捕まえます。

 

トンはチョイたちを連行し、ロンはチンに護送されますが、海賊たちが現れてロンを襲います。
ロンとチンは手錠で繋がれているためロンの巻き添えを食うチン。

 

一方、ソウリンはマンたちに手紙を渡し、香港から離れます。

 

海賊から逃げ切ったチンは刑務所長にロンを引き渡します。
刑務所長はチンとグルで、刑務所長は仲間と共にロンを川へ沈めます。
この様子を見ていたマンたちがロンを救出します。

 

海賊の仲間の1人が体調を崩し、お金がないため薬が買えず困っていると、ロンが薬を買ってあげます。

 

チンはウォンと結託し、サンサンたちを捕まえます。
ロンはマンたちと協力して清朝武官たちから逃げますが、革命党員の名簿が奪われ、捕まってしまいます。

 

ロンも捕まりますが何とか逃げ出し、パクたちは名簿を取り返して逃げます。
しかし執拗に追ってくる武官たちから逃げ切れないと思ったパクはロンに名簿を預けます。
ロンは武官たちに追いつめられてしまいますが、海賊たちが現れてロンを助けてくれます。

 

警察が到着し、捕まった刑務所長を見たチンは逃げ出します。
ロンは逃げるチンを追いますが、チンは倒れた壁の下敷きになります。
もう1つの壁がロンの方に倒れて来ますが無事でした。

 

ウォンは部下を引き渡すようにトンに訴えますが、トンはウォンに強烈な一撃を食らわせます。
ロンはマンたちに名簿を返し、海賊たちはロンに恩が出来てしまい、ロンに対し儀礼的な復讐をして去っていくのでした。

 

イースタン・コンドル(東方禿鷹)」の撮影のため、元彪とサモハンが出演しておりませんがとても面白い作品です!!
火星(マース)と太保(タイ・ポー)は続投で嬉しい(*^-^*)
李海生(リー・ホイサン)や張午郎(チャン・ウーロン)など前作とは違う役で出演されている方もいらっしゃいます。

 

日本語字幕では「チン署長」となっていますが、広東語では「幫辦(ポンパン)」と呼ばれていました。
「幫辦」とは警察の責任者を意味するもので、香港映画の警察モノでよく出てくる言葉です。
ちなみに「警察の署長」は広東語で「警署署長(ゲンチューチューチョン)」といいます。

 

あと日本語字幕での役名が広東語の発音とはだいぶ異なる場合がありますが、日本語字幕のカタカナに従って表記しました。
例えばカリーナ・ラウの役名は「ソウリン」となっていますが、広東語の発音だと「チャウレン」なんですよね。

 

許冠英(リッキー・ホイ)が出演されていました(*^^*)
でも今回はご本人の声ではなく吹き替えでした。
他にも呂方(ロイ・フォン)、陳友(アンソニー・チャン)、鍾鎮濤(ケニー・ビー)、陳可辛(ピーター・チャン)など、一瞬ですが様々な方がゲスト出演されています♪

 

アクションに関しては前作よりも迫力があるように感じました(*'▽')
タイガーたちと対峙するシーンではジャッキーが椅子ごと後ろにひっくり返ったり、はしごから落ちたり、階段から落ちたり、吹き替えですがタイガーが2階から陶磁器の置物に突っ込んだり、凄まじいです!!

 

ジャッキーとラム・ウェイは手錠で繋がれているのにあのキレキレの動きは凄いです(゚Д゚;)
手錠で繋がれて逃げるといえばアメリカ映画の「手錠のまゝの脱獄」という映画がありますが、立場は違いますがこちらも対照的な2人でしたね。
あと「こち亀」でも両さんと麗子が手錠で繋がれるなんていう話がありました(笑)

 

終盤の清朝の武官たちと闘うシーンでは巨大なすりつぶし器の中に入れられたり、水責めにあったり、羽毛回転機の中で闘ったり、唐辛子を大量に食べちゃったり、ジャッキー体張りまくりです(;゚Д゚)

 

最後の壁が倒れてくるシーンはバスター・キートンの「キートンの蒸気船」からインスパイアされていて、私も「キートンの蒸気船」観ました♪
ジャッキーも凄いですが、キートンのアクションも凄いです(*'▽')

 

保安司の屋敷でジャッキーがうまいこと絵と同化するシーンや、サンサンたちの家で次々に人がやって来ててんやわんやになるのが楽しいです(^▽^)
あとちょっと抜けている海賊たちのキャラクターも楽しくて大好きです☆
保安司の娘なのにレジーナのルックスに欧米要素が無いというツッコミは置いておこう(笑)

 

前作でロンを目の敵にしていたチー司令官(關海山)が話の分かる良い上司になっていました(笑)
ちなみに前作で海上警察の司令官役だった劉克宣(ラウ・ハクスン)は1983年に亡くなりました。

 

東方的威風」もメッチャ良いんですけど、今作の主題歌「突破」も大好き!!

 

実は「プロジェクトA2」は途中でシナリオが変更されており、チンがロンを刑務所長に引き渡した後、ロンは刑務所に連れて行かれて処刑されそうになり、革命党員たちに助けられるというシナリオだったそうです。
シナリオ変更前バージョンは当時の日本試写版でのみ観賞出来たそうで、試写版を観た方たちは超ラッキーですね!
「ポリス・ストーリー2」の時も途中で大幅にシナリオが変更されましたが、今作もギリギリになってジャッキーがシナリオを変更したそうです。