めぐちゃんの香港映画感想ブログ

ネタバレおもいっきりあります。

レッド・ドラゴン 新・怒りの鉄拳

レッド・ドラゴン 新・怒りの鉄拳

原題 新精武門

製作 1976年

めぐちゃんの満足度 ★★★☆☆

 

羅維(ロー・ウェイ)監督、ジャッキー・チェン主演のカンフーアクション作品です。

 

日本統治下の台湾。
観光客相手に泥棒をして生計を立てている青年ロン(成龍)とソンパクおじさん(韓甦)は台湾にやって来たライイー(苗可秀)の荷物を盗みます。

 

ロンは太陽武館のラム(魯平)から強制的に入門するように言われますが、ロンが断ると袋叩きにされます。
ライイーから奪った箱の中に入っていたヌンチャクを使い応戦しますが、敵の数が多く太刀打ち出来ません。
ライイーたちは道端に放り出されていたロンを見つけ、助けます。
ライイーはカンフーを身につければ自分の身を守ることが出来るとロンに武術を勧めますが、ロンはカンフーには全く興味がありません。

 

武術会を牛耳っているのは日本の大和武館の館主である岡村(陳星)で、ライイーの祖父であり師匠でもあるホイ(儀銘)を挑発します。
挑発を受けたホイが毅然とした態度で岡村や門下生たちを牽制すると岡村たちは大人しく去って行きます。

 

ホイが亡くなり、ライイーがホイの後を継ぐことになると、精武会を立ち上げます。
太陽武館のラムが門下生たちを引き連れて精武会にやって来ると、武館の新設に反対し、ライイーたちを襲います。
師範のハン(韓英傑)がラムに強烈な一撃を食らわすと、ラムたちは一旦引き上げます。

 

ラムは岡村の腰巾着で、さっそく岡村に精武会のことを報告します。
岡村は許可なく武館の新設をすることは許さないと精武会へ乗り込みます。
岡村の娘の千代子(鄭秀秀)は精武会の看板を壊し、見せしめのために壊した看板を町のど真ん中に捨てて行きます。

 

日本人の横暴ぶりに我慢できなくなったロンはカンフーで鍛え、仲間と結束して大和武館に立ち向かうことにします。
ロンは精武会の看板を直し、精武会へ行ってカンフーを教えて欲しいとライイーに頼みます。

 

真面目に修行に励むロンはどんどん上達し、秘技・迷踪拳を伝授されます。

 

水商売をしているロンの母親(劉明)は岡村の酒のお酌をした部屋で警察署長(孫嵐)たちが精武会へ乗り込むという話を聞いてしまいます。
精武会にいるロンの身を案じた母親はすぐにソンパクに知らせに行きます。
ソンパクはハンたちに知らせ、精武会にいる人たちを逃がし、残ったライイーやハンが尋問を受けます。
しかし岡村はすぐにライイーたちを釈放させます。

 

岡村は流派を大和武館に統一することに決め、それぞれの流派を集めます。
これに対して意見を求める岡村ですが、従わなければ果合となります。
七嵌武館のイップ(陸一龍)はこれに猛反対し、岡村の門下生に挑みますが、あっさりやられてしまいます。

 

精武門の門下生のフェイ(蔣金)が挑みますが敵わず、ハンが岡村の門下生たちを倒します。
しかし強烈な千代子の飛び蹴りでハンもやられてしまいます。

 

ロンが千代子に立ち向かい、苦戦しながらも千代子を倒します。
これに激怒した岡村がロンに襲いかかり、ロンは伝授された迷踪拳で応戦。
岡村が釵を持ち出したため、ロンの仲間は三節棍をロンに渡します。
互角の闘いですが、岡村の門下生たちが日本刀でロンに切りかかり、ロンは何とか門下生たちを倒し、落ちていた日本刀を使い岡村を倒します。
しかし武館の外には日本軍が待機しており、武館から出て来たロンは日本軍に撃たれて絶命します。

 

レッド・ドラゴン 新・怒りの鉄拳」は「陳元龍」の芸名で活動されていたジャッキーが初めて「成龍」の名前でクレジットされた作品です。
ジャッキーは一時期映画界から距離を置いて両親がいるオーストラリアで働いていましたが、ゴールデン・ハーベストを退社したロー・ウェイが映画プロダクションを立ち上げた後、役者を探していた時にジャッキーの存在を知り、契約を結ぶことになります。

 

今作品はブルース・リーの「ドラゴン怒りの鉄拳(精武門)」の続編なのですが、全く続編という感じがしませんでした(^^;)
そもそもゴールデン・ハーベストから続編の許可を取らずに勝手に製作されたんですけどね。
強行製作するところがロー・ウェイらしいですな(;'∀')
私は観ていないのですが、確か台湾でも精武門の続編が勝手に作られているらしいです。

 

今回は短縮版を観た上でレビューしております。
実は日本のソフト版では大幅に内容がカットされているそうです。
ブルーレイ版にはライイーたちが上海から台湾へ向かう様子のもうひとつのオープニング映像が収録されていて、日本ソフト版では登場しなかったロー・ウェイの姿を観ることが出来ます。
ノーカット完成版をDVDやBDで視聴するには海外版を購入するしかありません。

 

後半はわりと面白いのですが、前半が間延びしていて正直少し退屈に感じてしまいました。
岡村がホイにケンカを売っておいてあまりにもあっさり引き上げるのがちょっと拍子抜けだったり、ハンがラムに強烈な蹴りを食らわしているのに次のシーンではラムがスタスタ歩いているのが気になる(;´∀`)

 

ロンの母親は水商売をしていることを知られたくないという理由で息子のロンに母親だと名乗り出ていませんでしたが、息子は泥棒という…(;'∀')

 

ロンの結末は前作と同じですが、私は前作のような高揚感が感じられませんでした。
精武館から出て行く時の陳真の最期のシーンはそれはとても強烈なものでした。

 

一部、字幕が無いと全く聞き取れない日本語のセリフがありますね(^^;)

 

千代子役の鄭秀秀(チェン・サウサウ)は本当にテコンドーの有段者だそうです。

 

前作で悪役だったハン・インチェが今回は善人役でした。
今作では武術指導をされていますが、演者としてカンフーも披露しております。

 

ロー・ウェイはなんとしてもジャッキーをブルース・リーのようなスタイルで売り出そうとしていましたが、それぞれタイプが異なりますし、同じようなやり方ではなかなか上手く行かない…ですよね(^^;)
ジャッキーの才能を開花させたウー・シーユエンやユエン・ウーピンは凄いですね。