めぐちゃんの香港映画感想ブログ

ネタバレおもいっきりあります。

プロジェクトBB

プロジェクトBB

原題 寶貝計劃

製作 2006年

めぐちゃんの満足度 ★★★★★

 

陳木勝(ベニー・チャン)監督、成龍ジャッキー・チェン)主演のアクションハートフルコメディ作品です。

 

ギャンブル好きのサンダル(成龍)、女性と派手な物が好きなフリーパス(古天樂)、老後の資金をこつこつ貯めている大家(許冠文)の3人は泥棒です。
サンダルとフリーパスは病院の金庫から金を盗むと警備員に見つかり、一目散に逃げ出します。

 

病院ではマニ(應采兒)がマシュー(蔡志強)を出産しますが、マニの元恋人であるマックス(尹子維)はマニとマシューを連れ去ります。
マックスはマニとよりを戻したいと考えていますが、母親になったマニはマックスと復縁する気はありません。
マニを諦めきれないマックスはマシューを連れ去ろうとしますが、警備員たちに追いつめられ、もみ合っているうちにマックスはエスカレーターから落下して死んでしまいます。
落下したマシューは下で受け止められて無事でした。

 

賭博屋のマックダディ(陳子聰)から借金をしているサンダルは返済を迫られ逃げ出しますが、サンダルの同級生で警察官のモク(元彪)に捕まり連行されます。
大家はサンダルを迎えに行き、大家はサンダルとフリーパスに泥棒を引退する旨を伝えます。
大家の妻(杜麗莎)は精神的に不安定なので、捕まった時に面倒を見る人がいなくなると困るからだと大家は言います。

 

フリーパスは大富豪の娘のエミリー(Lisa S.)とデートをしていると、フリーパスの妻であるバッイン(蔡卓妍)が現れます。
バッインはフリーパスに妊娠したことを告げますが、子供が嫌いなフリーパスは出産を認めてくれません。

 

サンダルは父親(谷峰)と折り合いが悪く、ギャンブルで生計を立てているサンダルを快く思っていません。

 

大家が妻と帰宅すると空き巣に入られ、蓄えておいた老後の資金が全て盗まれてしまいます。
大家の友人のツァッソ(黃毓民)から連絡があり、儲かる仕事があると持ちかけられ、一文無しになった大家は二つ返事で引き受けます。
さっそく大家はサンダルとフリーパスを呼び出し、多額の報酬を貰えると聞いたサンダルたちは舞い上がり、ミッションを引き受けます。

 

しかしそのミッションとは資産家のリー家にいるマシューを連れ出して祖父に手渡すことで、サンダルは泥棒であっても誘拐・殺人・放火は絶対にやらない約束だと大家を非難し、マシューを返しに行こうとします。
大家から空き巣に入られたという話を聞いたサンダルは悩んだ末、とりあえずマシューを連れて行くことにします。
途中で検問に捕まり逃走するサンダルたちですが車が横転してしまい、サンダルたちにマシューを預けて大家は警察に捕まります。

 

大家が釈放されるまでマシューの面倒を見ることになってしまったサンダルとフリーパスはマシューを一生懸命あやします。
ベビー用品の買い出しに出かけ、赤ちゃん教室にも参加します。
赤ちゃん教室で北京から看護研修に来ているメロディ(高圓圓)と知り合い、メロディの助けを借りながら子育ての経験がない2人は悪戦苦闘しながらもマシューの世話をします。

 

マシューを引き渡すように依頼した祖父と名乗る人物はマフィアのボスのホン(陳寶國)で、なんとしてもマシューを手に入れたいホンはツァッソを脅すと、ツァッソはサンダルたちの存在を打ち明けます。

 

ホンの部下たちがサンダルたちの前に現れマシューを奪おうとします。

 

一方、マックダディは仲間を連れて借金取り立てのためにサンダルの家を訪ね、さらにバッインもやって来て、マシューの世話をしていたメロディは困惑します。
ホンの部下たちから逃げてきたサンダルとフリーパスは自宅の前でモクに出くわし、ホンの部下たちもサンダルの家にやって来ててんやわんや状態に。
最初はモクにバレないようにうまくごまかしていたサンダルですが、結局マシューの存在がバレてしまい、フリーパスはホンの部下にさらわれそうになっているマシューを助けて外へ逃げます。

 

フリーパスはマシューが入っている籠をベビーカーに乗せますが、警備会社の車両にベビーカーが引っかかり、ベビーカーが引きずられて行きます。
サンダルとフリーパスは急いでベビーカーを追いかけ、何とかマシューを救出します。

 

大家は釈放された途端、ホンの部下たちに連れ去られます。
ホンは報酬額を吊り上げ、なんとしてもマシューをここに連れて来るよう大家に指示します。

 

サンダルが実家を訪れるとマシューの具合が悪いことに気づき、三女(蔣雅文)は病院へ連れて行ったほうがいいと言います。
サンダルがマシューを連れて家を出ると、四女(馮皓詩)に付き添われた父親が帰って来ます。
赤ちゃん教室が終わった後に父親が倒れたという連絡を受けていたサンダルですが、マシューの世話をするのに手一杯で父親の病院へ行くことが出来ず、サンダルは父親に謝ります。

 

マシューを病院へ連れて行くと体調は安定しますが、大家から報酬額が跳ね上がったことを聞きます。
サンダルとフリーパスは浮かない顔をして、マシューを引き渡すことに消極的です。
マシューの世話をしているうちに情が湧いてしまったのです。
しかしいずれはマシューを返さなければいけないので、サンダルたちは祖父と名乗るホンの屋敷へ向かいます。

 

ホンの主治医にマシューを引き渡すとすぐに血液検査が行われ、約束通り報酬を受け取るサンダルたち。
しかしやはりホンに引き渡すことはできないと思ったサンダルとフリーパスはマシューを取り戻し、ホンの屋敷内にある遊園地に逃げ込みます。
大家は金を持って逃走します。

 

サンダルたちはマシューを連れて遊園地内を逃げ回りますが結局捕まってしまいます。

 

ホンの目的はマシューと一緒に暮らすことです。
ホンは亡くなったマックスの父親で、マシューがマックスの息子だと思い込んでいるのです。
しかし検査の結果、マシューがマックスの息子ではないことが分かり、ホンはマシューをマックスが眠る冷凍部屋へ連れて行きます。

 

ホンは気が触れ、まともに話が出来る状態ではなくなります。
サンダルとフリーパスは冷凍部屋に置き去りにされたマシューを救出するため、ホンの部下たちと闘います。
部下たちの猛攻を受けながらも冷凍部屋へ侵入するサンダルたちですが、扉が閉まり閉じ込められてしまいます。
中からは開けられず、暗証番号を知っているのはホンだけなのでどうすることも出来ません。

 

大家は逃げたのではなく警察を呼びに行っており、モクが助けに駆けつけます。
金庫破りの名人である大家が冷凍部屋の扉の開錠に挑みます。
精神を研ぎ澄ませて見事扉を開けることに成功します。

 

しかしマシューは低体温症になってしまい、サンダルたちはマシューの蘇生を試みますがマシューは意識を取り戻しません。
すぐに警察と救急車が到着し、マシューは病院へ搬送されます。

 

サンダル、フリーパス、大家は逮捕されて服役します。
受刑態度が良好な3人は模範囚となり減刑も約束されます。
大家の妻はたくさんの養子を迎えることになり、妊娠しているバッインは母子ともに健康で、サンダルは父親とのわだかまりが無くなります。

 

マシューの両親が刑務所を訪れ、サンダルたちはすっかり元気になったマシューと再会します。
出所後にマシューの両親がサンダルたちを運転手やボディガードとして雇ってくれることになりました。

 

ジャッキーが放蕩息子役というのは年齢的にちょっと厳しいかなって思いますが、面白くて大好きな作品です(*^^*)
特に吹き替え版は面白さ爆発☆☆

 

「BB(啤啤)」とは広東語で「赤ちゃん」という意味です。
男の子だと「BB仔」、女の子だと「BB女」という言い方もあります。

 

マシューくんは本当に可愛いです(*´ω`*)
全てを許せちゃう反則級の可愛さです!!!
ちなみにマシューくんの役名は「李家成(レイ・カーシン)」なのですが、実在する中国の大富豪「李嘉誠(レイ・カーシン)」とかけています(笑)
漢字は異なりますが、声調が全く同じです。

 

サンダルがマシューを服の中に隠して乳を吸われるシーンがあるんですけど、ジャッキーの乳に蜂蜜を塗っていましたね。
でも赤ちゃんって蜂蜜与えちゃいけないはずじゃなかったっけ?
あと誤ってマシューを洗濯機に入れちゃってたけど、危険過ぎるわ(;゚Д゚)
実際には絶対やってはいけません!!

 

それにしてもボスのホンは自分と血縁関係がないと分かったらマシューをあっさり手放すなんて酷いわ~!
しかも氷漬けにしようとするし。
あとサンダルたちが氷漬けになったマシューを蘇生させようとしていたけど、早く病院へ連れて行ってあげて!!って思いました(゚Д゚;)

 

ジェットコースターのスタントシーンは観ていてヒヤヒヤしました(゚Д゚;)
ジャッキー、おそらく一部ダブルかな?
いずれにしても危険なアクションです!!

 

ジャッキーの役名の「人字拖(ヤンチートー)」は「ビーチサンダル」という意味です。
履物屋の息子役で、日本語版の役名は「サンダル」です。

 

ルイス・クーの役名は「百達通(バッタットン)」なのですが、これは香港の交通系ICカードの「八達通 = オクトパスカード」とかけていると思います。
八達通」が「百達通」なのは百戦錬磨の女たらしだからなのでしょうか(笑)??
それとも「八達通」という名称が使えないから「百達通」にしたのでしょうか??
真相は分かりません(^^;)
前半のフリーパスは金と女にだらしなくて奥さんには中絶しろと言ったり超最低なのですが、小山力也氏の吹き替え版が面白すぎて憎めないキャラクターになっています(笑)

 

マイケル・ホイとジャッキーの共演はキャノンボール以来です。
マイケル・ホイの吹き替え声優はもちろん広川太一郎氏です!
本当に広川さんの吹き替えは最高です(*´▽`*)

 

今回ユン・ピョウの吹き替えが古谷徹氏だったのが嬉しいです(*^^*)
ジャッキーと違ってユン・ピョウには日本語版の専属声優がいないので色々な方が声を担当されていますが、私は古谷さんの吹き替えが1番好きです♪
ユン・ピョウは初登場シーンでNGを出すのですが、最後のNG集を観るとジャッキーがユン・ピョウに対して本名の「夏令震(ハー・リンツァン)」と怒っているのが分かります(*‘∀‘)

 

調べた限り、ジャッキーとユン・ピョウの共演は「香港魔界大戦」以来です。
共演というかジャッキーはカメオ出演なんですけどね。
その前だと「奇蹟 ミラクル」でも共演されていますが、こちらはユン・ピョウがカメオ出演です。
なのでお二人の本格的な共演というと「サイクロンZ」以来となるのではないでしょうか。

 

謝霆鋒ニコラス・ツェー)と吳彥祖(ダニエル・ウー)がガードマン役で特別出演されています♪
日本語字幕でニコラスが「出身どこ?」と尋ねてダニエルが「BBマウンテン」と答えるシーンがあります。
最初は意味が分からなかったのですが、「BBマウンテン」とは2005年のアメリカ映画「ブロークバック・マウンテン(Brokeback Mountain)」のことです。
私は未見なのですが、この作品の監督は李安(アン・リー)なんですよね。
この「ブロークバック・マウンテン」という作品は男性同士の恋愛を描いた作品だそうですが、劇中のダニエルはゲイ役なので、ゲイをかけているというわけです。

 

マックダディは借金の取り立てでサンダルを目の敵にしているのですが、お互いに赤ん坊をあやしている時は一時休戦で、和やかなムードがイイです(^-^)

 

吹き替え版で古仔がケニーをどつく時に「このつるピカハゲ丸!」って言ってるのがウケた!懐かしいなぁ。
ケニーの役名がハゲ頭って…。

 

古仔は背が高いのですが、エミリー役のLisa S.はさらに背が高いですね。(ヒール履いていると思いますが)
Lisa S.はダニエル・ウーの奥様で、本作で絡むシーンはないですが夫婦で出演されています(*‘∀‘)
美男美女夫婦だなぁ(・o・)

 

カメオ出演ではバイク仮免中の女性役に樋口明日嘉、救急隊員役に林家棟(ラム・カートン)、神父役に張同祖(ジョー・チョン)、刑務官役に許紹雄(ホイ・シウホン)などなど♪

 

日本語吹き替え版ではジャッキーやマイケル・ホイの過去の作品が色々登場します♪
ファンにはたまらんね(*´ω`)

●ヤングマスター 師弟出馬
冒頭の病院の金庫を開けるシーンで、サンダルが聴いている競馬中継の馬の名前が「ヤングマスター」

Mr.BOO! ミスター・ブー
大家の初登場シーンで、大家が待ち合わせのB地点のことを「ミスター・ブーのBか?」と聞いている。

●奇蹟 ミラク
ビルのベランダでマックダディに追いつめられたサンダルが室外機に着地して「ミラクルだ!」と言う。

●サイクロンZ
サンダルが室外機から「サイクロンZ~!」と言いながら飛び降りている。
あと冷凍部屋で闘うシーンで、サンダルが扇風機で攻撃しながら「サイクロンZ~!」と言う。

プロジェクトA
モク警部がビルから下りて来たサンダルを捕まえて「賭けに負けたぐらいでビルから飛ぶな、時計台よりはマシだが」と言う。

Mr.BOO! ギャンブル大将
大家が警察に捕まったサンダルを迎えに行った後、サンダルに「ギャンブル大将は卒業しろって言ったろ」と言う。

●新Mr.BOO! アヒルの警備保障
仕事で鳥のようなコスプレをしているバッインに対してフリーパスが「アヒルの警備保障じゃないんだぞ!」と言う。
あとマシューの両親が3人を雇いたいと言った時に大家が「アヒルの警備保障、どっかで聞いたことあるなこれ」と言う。

●ドランクモンキー 酔拳&スネーキーモンキー 蛇拳
バッインが妊娠したとフリーパスに告げるシーンで、酔っ払った時にデキてしまったので、フリーパスが「俺が酔拳使ったって言うのか!?」と言う(笑)
さらにフリーパスが「下半身が蛇拳使ったとでも言うのかよ!?」と言う。
これ、めっちゃ笑った!!

●ポリス・ストーリー 香港国際警察
マシューを連れ出して車で走る途中、ツァッソの車と張り合ってフリーパスが「ここで黙って抜かれたら香港国際警察にも負ける!」と言う。

キャノンボール
検問所から逃走し、暗くて道を踏み外した時にフリーパスが「キャノンボールかよ!」と言う。

ラッシュアワー
衝突寸前でサンダルがマシューを乗せたベビーカーを救出して「とんだラッシュアワーだったな」と言う。

●クレージー・モンキー 笑拳
観覧車から落下したマシューをキャッチしたサンダルが「クレージー・モンキーだな」と言う。

Mr.BOO! インベーダー作戦
大家が冷凍部屋の扉を開ける時に「インベーダー作戦だな」と言う。

●新Mr.BOO! お熱いのがお好き
死刑模範の一般公開の後に奥さんと抱き合う大家が「お熱いのがお好きか?」と言う。