めぐちゃんの香港映画感想ブログ

ネタバレおもいっきりあります。

男たちの挽歌Ⅱ

男たちの挽歌

原題 英雄本色Ⅱ

製作 1987年

めぐちゃんの満足度 ★★★★★

 

徐克(ツイ・ハーク)製作、吳宇森(ジョン・ウー)監督、前作を踏襲した「男たちの挽歌」の正式な続編です。

 

元弟分シンとの銃撃戦後に自首をして服役中のホー(狄龍)はウー警部(劉兆銘)に呼び出されます。
ICPOから偽造紙幣の犯罪グループが香港に潜伏しているという情報を手に入れたウーは組織を検挙するため、ホーに協力を要請します。
偽造紙幣の犯罪グループの一員だったルン(石天)はホーの師であったためウーはホーに内偵を頼みますが、ルンはすでに犯罪から足を洗っており、ホーは要請を断ります。

 

ホーの弟で警察官のキット(張國榮)もルンの内偵を行っており、ルンとルンの娘のペギー(簡慧珍)に近づきます。
ペギーはすっかりキットに惚れてしまい、キットは造船所を営むルンの会社が繁盛するように帆船模型をプレゼントします。
しかし模型には盗聴器が仕掛けてあります。

 

ルンの造船所は経営不振に陥り、裏社会のワン(吳孟達)がルンの造船所を狙っています。

 

キットの妻で妊娠中のジャッキー(朱寶意)がホーとの面会に訪れると、ホーはキットが極秘捜査をしていることを知り、ウーに対しキットを捜査から外すように訴えます。
キットに危険が及ぶことを危惧したホーはウーの捜査に協力することにします。
さっそくホーはルンの元を訪れ、久々の再会を果たします。

 

パーティー会場でホーは任務中のキットと再会します。
ホーはキットに捜査から手を引くように促しますが、キットは聞き入れません。

 

ワンから部屋に来るように呼び出されたルンは社員のコー(關山)と共にワンのいる部屋へ向かいます。
ワンはルンの会社を乗っ取るため、殺し屋のチョン(龍銘恩)にルン殺害の依頼をしていました。

 

ワンと口論になるとコーは銃を取り出しますが、チョンが銃でワンを殺害します。
ルンはコーがワンを殺害したと思い込んで動揺しますが、現場にいたホーは急いでルンを連れ出し、ホーが勤めていたタクシー会社の社長であるキン(曾江)の所に避難させます。

 

ホーはルンがワンを殺害したのは冤罪であると確信し、ルンを逃亡させるためキンに協力を求めます。
ホーはペギーを預かり、ルンをニューヨーク行きの船に乗せます。

 

キットが警察官で結婚していることを知ったペギーは深く傷つきます。
次の日、キットの家にいたペギーは姿を消します。
ペギーはコーの部下(成奎安)に殺害され、現場に駆けつけたキットはペギーが死んだことをホーに伝えます。
ルンの会社の社員であるコーは裏切者で、ワンも利用されていただけで、コーがチョンに依頼してワンを殺害したのです。

 

ホーは知人の画家のチャン(良鳴)からマークには双子の弟のケン(周潤發)がいることを聞きます。
ケンは15歳で世界を回り、現在はニューヨークで中華料理店を営んでいます。

 

ルンはニューヨークへ到着し、元黒社会で現在は神父をしている友人のサム(王正方)と再会します。
コーが裏切者だとは知らず、ルンはコーに電話をして潜伏先の住所を教えます。

 

ルンの居場所を聞き出したコーはニューヨークへ刺客を送り、サムと幼い少女が殺害されます。
目の前でサムたちが殺され、精神が崩壊したルンは病院へ収容されます。
病院で酷い扱いを受けているのを目の当たりにしたケンはルンを自宅へ連れて行きます。

 

ホーはコーを内偵するため、コーの組織に入りたいと志願します。
キットは警察官だということを偽り、コーの部下たちの前に現れて取り入ります。

 

ケンはルンの面倒を見ますが、ルンはすっかり腑抜けになってしまいます。
ケンの店が爆破され、刺客はケンの家にも押し入ります。
ケンは刺客を倒しながらルンを家から連れ出します。

 

コーはホーを仲間として迎え入れますが、ひとつ条件を提示します。
コーはキットが警察官だと見抜いており、キットを始末すればホーを組織に加入することを約束します。

 

コーはキットを呼び出し、潜入であることを問い詰めます。
ホーは不本意ながらもキットを銃で撃つと、撃たれたキットはコーを信用させるためにもう1発撃つように目で訴えます。
ホーは仕方なく2発目を撃つと、ホーを信用したコーは正式に組織に迎え入れてくれます。
コーたちが去った後、ホーは急いで現場に戻り、キットを病院へ連れて行きます。
幸いキットは一命を取り留めました。

 

ケンはルンに立ち直ってもらおうと説得しますが難航し、次々とやって来る刺客を倒していくケンですが腕を撃たれて銃を落とします。
負傷したケンを見たルンは銃を拾って刺客を倒します。
極限まで追いつめられたルンはついに吹っ切れ、ケンと共に香港へ帰国します。

 

ルンたちはペギーの墓参りをした後、コーの悪事を暴くために作戦を立てます。
コーは偽造紙幣の犯罪に手を染めており、ルンに濡れ衣を着せるために造船所で取引が行われることを予見したルンたちはコーの取引現場を押さえることにします。

 

ジャッキーが出産間近なので心配したホーはキットに今回の作戦から身を引くようにいいます。

 

コーが現れると待ち伏せしていたホー、ルン、ケンの3人はコーの車を襲います。
しかしキンが造船所に侵入すると誰もおらず、コーは替え玉で騙されたことに気づきます。
最初からコーはホーを信用していなかったのです。
コーは警察に通報しており、駆けつけた警察が造船所を包囲するとケンは残ってキン、ルン、ホーを逃がします。

 

キットはホーの説得に応じず、単独でコーの邸宅に侵入します。
コーの邸宅の地下室で偽札を製造していることを知ったキットは証拠の写真を撮影しているとチョンが現れ、キットは撃たれます。
重傷を負ったキットはコーの邸宅から逃げ出し、車に乗ったケンが通りかかるとキットを車に乗せて逃げます。

 

キットはコーの邸宅で偽札を製造していることをケンに伝え、ジャッキーに電話をかけたいので車を止めて欲しいと頼みます。
意識が遠のく中、キットはジャッキーに生まれたばかりの赤ん坊の性別や体重などを尋ね、最後に赤ん坊に付ける名前を告げて息を引き取ります。

 

ケン、ホー、ルン、キンの4人はキットの葬式を執り行い、コーの邸宅へ向かいます。
キンを巻き込みたくないホーはキンに立ち去るように促し、残った3人は武装してコーの邸宅に突撃するとコーの部下たちを次々と掃射していきます。

 

ケンは偽札を製造している地下室を爆破して脱出するとコーの部下(林聰)に襲われますが、戻って来たキンがケンに加勢して部下を倒します。

 

逃走するコーを見つけたケンたちはコーを撃ちますが、男はコーに扮したダミーで、ルンは本物のコーに撃たれます。

 

チョンはコーから分け前を渡されていましたが、金は受け取らずケンの前に姿を現します。
ケンとチョンは互いに撃ち合い、ケンは銃弾を浴びながらもチョンを倒します。

 

追いつめられたコーはキンとルンを銃で撃ち、ルンにとどめを刺そうと銃を向けたコーはケンとホーに撃たれて倒れます。
ルンは倒れたコーにとどめの銃弾を浴びせ、コーの組織を壊滅させます。

 

傷ついた男たちは静かに腰を下ろし、警察が到着するのでした。

 

大好きな作品です!!男気があって熱い!!
前作でマーク死んじゃったけど發哥はどうするの??って思っていたら何と双子の弟として別の役で出演していました(´∀`)
多少強引な気がしますが、作品は楽しめました♪
前作以上にラストの銃撃戦が激しいです。
今回はアクションコーディネーターが程小東(チウ・シウトン)なんですよね(*'▽')

 

主題歌は「奔向未來日子」で、今回もレスリー・チャンが歌っています♪
切ないメロディ…。

 

劉兆銘(ラウ・シウミン)演じるウーの肩書きは日本語字幕や吹き替え版だと「特捜部長」ですが、オリジナルだと「總督察(日本でいう警部)」だったのでウー警部と表記しました。

 

コーを信用させるためにホーがキットを撃つシーン。
これはホーにとって非常に辛い仕打ちであり、危険な賭けです。
事前にホーと打ち合わせをして、血のり仕込んで「撃たれたふり作戦」でもすればよかったのに(T_T)

 

發哥は本作の他に「誰かがあなたを愛してる(秋天的童話)」の撮影のためにニューヨークに滞在していたので、發哥演じるケンはニューヨークにいるという設定だそうです。
劇中でケンは香港に帰国しますが、実際には狄龍様たちがアメリカに行って撮影したってことなのね。
この頃の發哥は目が回るぐらい超多忙だったそうなので、帰国する時間が無かったんだろうなぁ。

 

チョウ・ユンファティ・ロンレスリー・チャンケネス・ツァンと、男前が勢揃いなのですが、今回は何といってもディーン・セキがめちゃめちゃイイ男(*´▽`*)
30代後半でこの渋さヤバすぎ!!
ホントに酔拳蛇拳のへっぽこ師範なの!?と思わず二度見してしまう変貌ぶり(笑)

 

ケンがマークの遺品のコートを着る時、撃たれた穴の所に手榴弾を装着するのがイイ(-ω-)
ケンの所作がいちいち素敵なんですよね(*´ω`*)

 

キンは本当に仲間思いで、どんなに危険な状況でも仲間を放っておけず、最後はケンたちに加勢するんですよね。
並大抵の勇気では出来ない行為です(T_T)

 

殺し屋のチョンもかっこいいんですよね(*‘∀‘)
金よりも殺し屋としてのプライドを持っているのです。
全身銃で撃たれているのに全く表情に出さないのが怖いぜ(;'∀')
最後にケンと対峙するシーンではフェアに互いの銃を渡していましたが、それが彼らの流儀なんですね。

 

狄龍様は日本刀を使ってズバズバ敵を切り裂いていましたが、武侠映画に出演されていましたし、刀がとても似合います(*^^*)

 

最後、ホーたちの生死についてハッキリとした描写がありませんでしたが、どうなったんでしょうね?
みんな結構銃弾浴びてたし、あの怪我だったら死んじゃうと思うんですよね。
どうなったのかは観賞者の想像に委ねるといったところでしょうか。