めぐちゃんの香港映画感想ブログ

ネタバレおもいっきりあります。

広東語を勉強する上でやっかいな問題

香港映画を観て広東語を勉強しようと思う人は多いと思います。
教科書にはないスラングや様々な表現を知ることが出来るので、それはとても良いことだと思います。

 

英語だとBDやDVDの映画に英語字幕があるので、音声と字幕を使って勉強することが出来ますが、広東語となると一筋縄では行きません。
何故かというと香港映画の字幕は普通話だからです。

 

「話す言葉は広東語」「字を読む際は普通話」というのが一般的なのです。

 

例えば「あなたは日本語が話せますか?」という日本語を広東語の口語で表現すると「你識唔識講日文呀?」となりますが、これを書き言葉で表現すると「你會說日語嗎?」などという表現になります。

 

香港の人はこの「你會說日語嗎?」を見て「你識唔識講日文呀?」と発音するのです。

 

中国語が母国語でない外国人が広東語を勉強しようとすると、話している言葉は広東語なのに字幕は普通話なので混乱してしまうというわけです。

 

一部を除いて香港映画の字幕はほぼ普通話なので、映画で広東語を勉強するにはまず普通話を理解しなくてはいけません。
そして次に広東語を勉強するステップを踏むのがいいかと思います。

 

でも私のようにいきなり広東語から勉強して、広東語だけ勉強したいという方もいるかと思います。
そういう方は映画やテレビはとにかく耳を鍛える為に活用された方がいいかと思います。
語彙力を上げればだんだん聴き取れるようになって行きます。
私もまだまだですが頑張っています。