めぐちゃんの香港映画感想ブログ

ネタバレおもいっきりあります。

十福星

十福星

原題 最佳福星

製作 1986年

めぐちゃんの満足度 ★★★☆☆

 

福星シリーズの第4弾です。
今回は曾志偉(エリック・ツァン)が監督を務め、ジャッキーと元彪は出演しておりません。
「悪漢探偵」で夫婦役だった麥嘉(カール・マッカ)と張艾嘉(シルヴィア・チャン)が出演しており、福星シリーズと悪漢探偵のコラボ的な作品となっております。

 

捜査官サム(徐少強)の潜入捜査によって、日本人テロリストのフジキ(松井哲也)が率いる組織が武器密輸を行うという情報を手に入れた警察は何としても取引を阻止しようと意気込みますが、香港で行われる金銭の取引自体は違法ではないのですぐに逮捕することは出来ません。
警察の幹部(劉家榮)は取引に使う金を強奪すれば取引を阻止出来ると提案しますが、警察が盗みを行うわけにはいかないので考案した結果、元泥棒のエリック(洪金寶)に強奪の任務を与えることにします。

 

チョウ署長(曹達華)は早速エリックを呼び出すと、部外者を捜査させることが気に入らない警察官のマン(張艾嘉)が抗議しにやって来ます。
マンはエリックと顔見知りで、エリックが任務を担当することを知ったマンは納得し、再会を喜びます。
マンには夫のアルバート(麥嘉)がおり、エリックがマンと親しくしている様子を見たアルバートは嫉妬してエリックに嫌がらせをします。

 

単独での任務は心許ないのでエリックは仲間たちを誘いますが、銀行強盗を企んでいた仲間たちはエリックの要請を断ります。
その後、仲間たちは銀行強盗容疑で逮捕され、エリックは仕方なく別の仲間を探すことにします。

 

ウォン警察官(王青)に協力してもらったエリックは、ロン(譚詠麟)、ブー(鄭則仕)、ランボー(劉德華)、ピギー(樓南光)、モー(陳友)を捜査に任命します。
仲間たちは全員警察官です。

 

エリックは早速任務の説明を行い、訓練をするために邸宅へ向かいます。
捜査に乗り気ではない仲間たちですが、女性隊員のホン(童玲)が現れると、男たちの態度が一変します。
鼻の下を伸ばす男たちに手を焼きながらも、ホンは空手を教えたり、捜査で使用する得意の変装を披露します。

 

ロンたちをアラブ人の恰好に変装させ、ホンは通訳を装ってフジキと商談を行います。
フジキたちの目を盗んで金庫室へ侵入したホンたちは保管されていたダイヤモンドを見つけて奪います。
しかし金庫室の扉が閉まり、ホンたちは金庫の中に閉じ込められてしまいます。
幸い金庫の外で見張りをしていたロンは閉じ込められずに済んだので、ロンはエリックに助けを求めに行きます。

 

仲間たちが捕まった話を聞いたエリックはチョウ署長に応援を頼みますが、警察官の窃盗を公にするわけにはいかないので応援は出せず、やむを得ずチョウ署長はエリックを精神病院に追いやります。

 

エリックが精神病院へ連れて行かれたことを知ったマンは病院へ向かおうとすると、エリックを目の敵にしているアルバートもついて来ます。
マンをトイレに閉じ込めたアルバートは隔離部屋にいたエリックに嫌がらせをするとケンカが始まります。
アルバートが事件の詳細を知っていると勘違いしたチョウ署長はアルバートも隔離部屋に閉じ込めてしまいます。

 

フジキの屋敷に戻って来たロンはフジキの部下に見つかりますが、捕まっているホンたちは監禁部屋から脱出し、ランボーを筆頭にフジキの部下たちと闘います。

 

フジキが現れるとランボーが単身でフジキに挑み、他の仲間たちは力を合わせてフジキの側近であるトヨタ(Joao Antonio Gomes)を倒します。

 

フジキは強く、徐々にランボーが押され始めますが、エリックが駆けつけてフジキと闘います。
エリックはフジキを倒し、警察が到着するとフジキは連行されて行きます。

 

フジキが逮捕されて一段落しましたが、アルバートは因縁のエリックにロシアンルーレットの勝負を挑みます。
先攻のエリックが5回引き金を引くと5回とも不発でしたが、6発入りのリボルバーなのでアルバートの負けが確定します。
言い出しっぺのくせに怖気づいたアルバートは言い訳をしてごまかし、マンの悪態をついていると、アルバートの悪態を全て聞いていたマンに怒られてしまうのでした。

 

相変わらずハチャメチャな福星シリーズ(^^;)
前3作と比べると面白さが少し欠けるかな~。
楽しいシーンもありましたけどね。

 

もうとにかくツッコミ所が満載です!!
警察がマフィアの金を奪って取引を中止させようとするトンデモ設定(笑)

 

アラビア語が出来ないのにアラブの人たちに変装して商談をするのはリスクが高いでしょ!!
そもそも結局金庫室に忍び込むなら変装して商談する必要がないと思うけど(^^;)
あとフジキの資産を強奪するのに何でダイヤしか盗まないのよ(笑)

 

隔離病棟に閉じ込められたエリックがどうやって病院から脱出したのかが謎(;'∀')
でも福星シリーズはそんな細かいことを考えていたらいけませんね(´∀`)

 

アルバートのエリックに対する嫌がらせが大人げなさ過ぎ(笑)
トーストを握らせて手をベタベタにしたり、コーヒーに胡椒をたくさん入れたり、地味に嫌です(^^;)

 

そして福星シリーズお約束の男たちのセクハラ大作戦は健在です(;´∀`)
ホンは変装の名人で魔女に変装するシーンがあるのですが、魔女に変装する任務ってどんな任務だよ(笑)

 

ロンがエリックに助けを求めに映画館へ行くシーンがあるのですが、上映されていたのは「ファースト・ミッション(龍的心)」でした(・∀・)

 

サモのラストのキックえぐかったなぁ(;゚Д゚)
もちろん松井さんではなくダブルですが、サイドから頭にキックするなんてスタントマンでもかなり危険ですよ…。

 

曾志偉(エリック・ツァン)、馮淬帆(スタンリー・フォン)、苗僑偉(ミウ・キウワイ)、吳耀漢(リチャード・ン)の福星シリーズのメンバーが登場するのですが、出番が少ない( ;∀;)
邦題が「十福星」なので、てっきり旧福星メンバーと新福星メンバーの10人が活躍するのかと思いきや然に非ず…
だったら邦題を「新・五福星」とかにすればいいのに(´Д`)
邦題詐欺だー!!

 

フジキ役の松井哲也氏はかつて倉田様のプロダクションに所属されていたそうです。
端整なお顔立ちで、キレのある動きです!!

 

バリー・ウォン監督が妻に浮気される男の役で出演していました!

 

主題歌は出演もされている譚詠麟(アラン・タム)による「最佳福星」です。
日本では劇場公開されなかったようで、日本オリジナルの主題歌はありませんでした。

 

福星シリーズはまだ続きますが、私は十福星までしか観ていないんですよね。
機会があれば続きのシリーズも観てみようかと思います。