めぐちゃんの香港映画感想ブログ

ネタバレおもいっきりあります。

狼 / 男たちの挽歌・最終章

狼 / 男たちの挽歌・最終章

原題 喋血雙雄

製作 1989年

めぐちゃんの満足度 ★★★★★

 

吳宇森(ジョン・ウー)監督、周潤發(チョウ・ユンファ)主演のノワールアクション作品です。
邦題に「男たちの挽歌」とありますが、「男たちの挽歌(英雄本色)」シリーズとは関係ありません。

 

元殺し屋のフォン(朱江)は現役で殺しを請け負っているジョン(周潤發)にマフィアのチョン(林聰)の殺害を依頼します。
チョンが潜伏しているクラブへ行き、ジョンはあっさりチョンを殺害しますが、クラブで歌手をしているジェニー(葉蒨文)が現場に居合わせ、ジョンは誤ってジェニーの目を撃ってしまいます。
完全に失明はしませんでしたが、ジェニーは視力の大半を失ってしまいます。

 

責任を感じたジョンは事件以来ジェニーのクラブへ通うようになり、夜道で暴漢に襲われそうになっていたジェニーを助けたジョンは徐々に彼女と親しくなって行きます。

 

警察官のリー(李修賢)は相棒のチャン(曾江)と共に素性を隠してホン(黃光亮)の組織と銃の取引を行います。
しかし運悪く警察官が現れ、ホンはリーたちが警察官だと疑い始めます。
リーが発砲するとホンは逃げ出し、バスの中に駆け込んで乗客を人質に取りますが、リーは容赦なくホンを射殺します。
凶悪犯であるホンは死亡しましたが、銃声によって乗客が心臓発作で亡くなると、リーは上司から責任を問われます。

 

フォンは麻薬王のトンユン(葉榮祖)の殺害をジョンに依頼します。
かつてフォンも殺し屋でしたが右腕を負傷したため、現在は殺しの仲介を行っているのです。
ジェニーの目を治そうとしているジョンはトンユン殺しを最後に殺し屋を引退しようと考えています。
目の手術には高額な費用が必要なため、報酬金を吊り上げたジョンはトンユンが主催するドラゴンボートレース会場へ向かいます。

 

リーたちはトンユンの警護を命じられ、チャンは悪党であるトンユンの警護をすることに不満を感じています。

 

ジョンは変装して海上からトンユンを狙撃すると、リーとチャンはモーターボートで逃走するジョンを追います。

 

ジョンが島に上陸するとそこにはマフィアのウォン(成奎安)の一味が潜んでおり、ジョンは命を狙われます。
島にいた少女が撃たれ、ジョンは急いで少女を島の病院へ搬送します。
島に上陸したリーとチャンはジョンを追って病院へ駆け込みますが、ジョンは車で逃走します。
リーは少女を助けたジョンに対し、彼が冷酷な殺し屋ではないことを感じます。

 

トンユンの殺害依頼をしたのはウォンであり、警察に顔を知られたジョンを始末しようと島で待ち伏せしていたのです。
ウォンはジョンを殺害するようフォンに命じます。

 

事件を捜査していくうちにチャンたちは半年前にジョンがジェニーを誤射したことを知り、ジェニーと接触するためリーは彼女のクラブへ向かいます。

 

島で銃撃を受けたことを不審に思ったジョンはフォンを呼び出し、ジョンはフォンに銃を突きつけます。
フォンが持って来た報酬金は紙切れで、ジョンから銃を奪ったフォンは引き金を引きますが弾は抜かれていました。
自宅にウォンの刺客がいることに気づいたジョンは次々に刺客を倒して行きます。
フォンから依頼人がウォンであることを告げられますが、ジョンはフォンを殺さずに追い返します。

 

ジョンがジェニーの家を訪れると、リーが待ち伏せしており、互いに銃を構えますがジェニーがいるので2人は騒ぎを起こさずに平静を装います。
窓からチャンが侵入しようとしますがジョンはチャンを追い返し、車で逃走します。

 

ジョンの様子がおかしいことに気づいたジェニーがリーに尋ねると、ジョンは殺し屋で半年前にジェニーの目を撃った人物だと告げられます。
リーは警察官であることを明かし、命を狙われているジョンを守るために彼の逮捕に協力して欲しいとジェニーに頼みます。

 

ウォンはジョンに報酬金を払うつもりはなく、殺し屋のフランク(伊凡威)を雇ってジョンの殺害を依頼しますが、ジョンは先回りしてウォンの前に現れるとウォンを撃って重傷を負わせます。
ジョンはそのまま逃走し、フォンはジョンの後を追います。

 

ウォンの命令に背いたフォンも命を狙われることになりますが、ジョンとの友情を無くしていなかったフォンは葛藤しながらもジョンと手を組んでウォンに立ち向かうことにします。

 

ジェニーはシンガポールで目の手術が受けられることになったとジョンに連絡をして空港へ向かわせます。
これはジョンをおびき寄せるためのリーたちの罠で、空港には捜査員たちが待ち受けます。

 

ジェニーと接触する男性を見つけた警察は男性を捕まえますが、捕まえたのはジョンではなくフォンでした。
警察の罠だと見抜いていたジョンもひと芝居打ったのです。
フォンは逮捕され、ジョンはジェニーを連れて空港から脱出します。

 

犯罪を犯したわけではないのでフォンは釈放されますが、チャンはフォンの監視を続けます。
しかしフォンを狙うフランクが現れ、チャンが銃撃されます。
チャンは重傷を負いながらもフランクが乗った車を崖から突き落とし、車で逃走するフォンを追いますが途中で意識を失って病院へ搬送されます。

 

リーはチャンが搬送された病院へ駆けつけますが、チャンは息を引き取ります。

 

フォンはジョンの報酬金を受け取りにウォンの元へ向かいます。
ジョンは引き止めますが、フォンは徹底的にウォンと闘う覚悟を決めていました。

 

リーはチャンが死ぬ直前に言い残した情報を頼りにジョンとジェニーが潜伏する邸宅へ向かいます。
邸宅の周りにはウォンの手下やフランクが押し寄せて激しい銃撃戦になります。
リーの運転する車に乗ってジョンとジェニーは邸宅から逃げ出します。

 

リーは一旦ジョンの逮捕を保留にし、邸宅で負傷したジョンの応急処置を行います。
ジョンがジェニーのために命を懸けて組織と対峙している様子を見ていたリーは徐々にジョンに歩み寄るようになります。

 

ジョンはフォンと待ち合わせをしている教会で彼の帰りを待ちます。
刻々とジェニーの目は失明に近づいており、一刻も早い手術が求められます。

 

ウォンの前に現れたフォンはウォンを人質にしますが、一瞬の隙を突かれてフォンは返り討ちに遭います。
それでもジョンと約束した金を手に入れるため、フォンは銃を奪ってウォンに突きつけると、ウォンから金を奪って急いでジョンたちがいる教会へ向かいます。

 

ジョンは自分に何かあった時はジェニーの面倒を見て欲しいとリーに託します。
フォンが教会に到着してジョンに金を渡しますが、追って来たウォンの銃弾によってフォンは命を落とします。

 

親友のフォンを失ったジョンはウォンに復讐しようとしますが、リーが制止します。
リーも相棒のチャンを失い、やるせない気持ちの中で復讐を諦めたことを告げますがジョンは聞き入れず、葛藤の末リーも闘う覚悟を決めます。

 

銃弾を受けながらもジョンはフォンから受け取った金を持ってリーと2人で迫り来るウォンの手下たちを銃で蹴散らします。
神父はジェニーを守るために教会から連れ出しますが、ウォンは神父を殺害してジェニーを人質にします。
対抗してリーは仕留めたフランクを人質にしますが、ウォンはあっさりフランクを殺害します。

 

ジェニーを人質にされたジョンとリーが銃を手放すとウォンはジョンを撃ちます。
すかさずジョンはリーの腰に挟んでいた銃を取り出してウォンに発砲しますが、ウォンから集中砲火を浴びたジョンは息絶えます。

 

警察が駆けつけるとウォンは保身のために自首を申し出ますが、リーは己の心に従ってウォンに銃弾を浴びせるのでした。

 

最高!!大好きな作品です!!!

 

殺し屋だけど仁義を重んじるジョン。
保身よりジョンとの友情を守るフォン。
人間味がある警察官のリー。
リーと命を懸けて黒社会に立ち向かうチャン。
殺し屋同士の友情、殺し屋と警察官という相反する立場の友情など、これでもかってくらい男のロマンが溢れておりまする~(*´▽`*) 熱いぜ!!

 

私は女なのでこの作品の男たちのようになりたいという憧れの気持ちはありませんが、男たちの生き様がカッコ良すぎてズキューンって胸を撃たれます(゚Д゚*)

 

私はこの作品で初めてダニー・リーを観て、心を奪われました。
もちろん顔もハンサムで大好きなのですが、仕草や表情に男の色気を感じてドキドキします(*´ω`*)
ジョンの家のソファに座って思い耽るシーン、黃炳耀演じるトウ警視から捜査を外されて思い耽るシーン、タバコを吸う仕草、もう魅力的過ぎます(´ρ`)

 

最後リーがウォンを射殺したのは警察官としてあるまじき行為だけど、気持ちは分かるわぁ。
実際行ったら問題だけど、やるせない想いが表現されているシーンだと思います。

 

朱江さんもイケメンで声がセクシーで大好き♪
声優さんではなくご自身の声なのでありがたい(*‘∀‘)
朱江さんもこの作品で初めて拝見しました。
若い頃も超イケメンなんですよね(*^-^*)

 

男たちの挽歌でメチャメチャカッコ良かった發哥とケネス・ツァンは今回も超カッコイイです(*´▽`*)
フォンが殺された時にジョンが黒いネクタイをサッと左腕に巻くのもイイなぁ。
黒腕章を表現されているんだろうね。

 

ヒロインは葉倩文(サリー・イップ)で、主題歌「淺醉一生」と挿入歌「隨緣」も彼女が歌っています。
サリー・イップの歌声いいなぁ(*‘∀‘)
ちょっと切ないメロディなんですけどね。

 

銃撃のアクションも迫力があって凄いです(=゚ω゚)ノ
アクション指導は男たちの挽歌Ⅱに続いて程小東(チン・シウトン)でした☆

 

ジョンがウォンにやられた時に目を攻撃されていましたが、1970年の「ヴェンジェンス 報仇」という作品に同じような描写があって、ジョン・ウー監督はここからインスパイアされたのでしょうかね??

 

気になる点を挙げるとすると、ドラゴンボートレースの大会が行われるシーンで、人が銃撃されたのに大会は中止しないんかい!ってツッコんでみたり(笑)
あと殺し屋のフランクは車ごと崖から突き落とされたのにピンピンしていて不死身か!ってツッコんでみたり(笑)
でもそんなことはどうでもいいぐらい良い作品です。

 

ジョン・ウーの代名詞ともいえる「教会」と「鳩」
彼は貧しいスラム街で育ち、一歩間違えれば黒社会の道へ進みかねなかったと仰っていて、自分が道を踏み外さなかったのは両親や教会の存在が大きく影響しているといいます。
平和の象徴である鳩や、暴力や紛争とは無縁の教会などを作品で描くのは平和と暴力は紙一重であり、その「危うさ」を表現されているそうです。

 

今回、日本語字幕では何故かイングリッシュネームで表記されることが多かったのでオリジナル版と比較してみました。
レビューでは出来る限りオリジナル版の役名で記載するようにしてみました☆

 

●周潤發
オリジナル:小莊(シウジョン)
日本語字幕:ジェフリー

●李修賢
オリジナル:李鷹(レイ・イン)
日本語字幕:リー
広東語読みだと「李」は「レイ」と読みます。

●葉倩文
オリジナル:ジェニー
日本語字幕:ジェニー
サリー・イップはオリジナルと日本語字幕の役名は同じでした。
ちなみに今回クレジットでは「葉蒨文」と表記されていました。
微妙に漢字が異なるんですよね(^-^;

●朱江
オリジナル:四哥(セイコー)、馮剛(フォン・コン)
日本語字幕:シドニー
劇中では「馮剛(フォン・コン)」と呼ばれているシーンあり。

●曾江
オリジナル:老曾(チャン)
日本語字幕:チャン
ケネス・ツァンもオリジナルと日本語字幕の役名は同じでした。

●成奎安
オリジナル:汪海(ウォン・ホイ)
日本語字幕:ジョニー

●伊凡威
オリジナル:フランク
日本語字幕での表記は無し

●黃光亮
オリジナル:黃雄(ウォン・ホン)
日本語字幕:エディ

●葉榮祖
オリジナル:汪東源(ウォン・トンユン)
日本語字幕:トニー

●黃栢文
オリジナル:陳栢文(チャン・パクマン)
日本語字幕:チョウ
ケネス・ツァンが演じる「曾(チャン)」とカタカナ表記が被るので、日本語字幕は「チョウ」になっているのかと思われます。
ウォン・パクマン、出番少なかったなぁ(^^;)

●林聰
オリジナル:張宏(チョン・ワン)
日本語字幕:リム