めぐちゃんの香港映画感想ブログ

ネタバレおもいっきりあります。

ワイルドヒーローズ 暗黒街の狼たち

ワイルドヒーローズ 暗黒街の狼たち

原題 義膽群英

製作 1989年

めぐちゃんの満足度 ★★★★★

 

徐克(ツイ・ハーク)製作、吳宇森(ジョン・ウー)&午馬(ウー・マ)監督によるノワールアクション作品です。

 

エグゼクティブプロデューサーに張徹(チャン・チェ)の名前がありますが、本作は夢のショウブラOB作品で、ショウブラ時代に活躍されていた俳優さんが大勢出演されています。
もうそれだけでテンション上がりまくりの私(*‘∀‘)♪

 

武器の密輸を行っている男たち(高飛、張午郎)がマー(午馬)の組織の船を使って武器の積み込みを行っていたため、警察に目をつけられることを煩わしく思ったマーは男たちに自首を促しますが、男たちはマーの忠告を聞き入れません。
マーと一緒にいた組員のジャッキー(周星馳)がダイナマイトを仕掛けて爆発させ、これを皮切りに銃撃戦が始まります。
そこへ組員のサウ(李修賢)が颯爽とバイクで現れてマーたちに加勢し、男たちを一掃します。

 

クラブで豪遊するサウたちの所に別組織のワー(成奎安)が部下たち(黃樹棠、陳國權)を連れてやって来ます。
黒社会のボスであるチョウ(趙雷)が高齢のため、ワーはサウに手を組むことを持ちかけますが、チョウを慕っているサウはワーの申し出を断ります。

 

チョウは自分の年齢を考慮し、引退を考えています。
チョウの運転手のビル(鄭康業)は車のエンジンの調子がおかしいと言い、スタンドで車を停車させます。
ビルはエンジンの様子を見に行くとそのままその場から去ります。
そこへ刺客が現れ、車に乗っていたチョウや幹部たち(谷峰、劉家榮)は殺されてしまいます。
ビルは裏切り者だったのです。
護衛していたジャッキーが駆けつけますが、手遅れでした。

 

ジャッキーはチョウが殺されたことを兄貴分のタイ(陳觀泰)に伝えると、チョウが死んだことはすぐに組中に知れ渡ります。

 

チョウの葬儀が行われ、ワーたちも参列します。
元組員で現在は養魚場の仕事をしているワイ(姜大衛)は葬儀の様子を外から眺めていると、マーたちがワイに助けを求めますが、組織から足を洗ったワイは申し出には応じませんでした。

 

弁護士のウォン(黃霑)からチョウの遺言状を受け取ったマーは中身を確認します。
マーはチョウを殺した犯人は身内にいると睨んでおり、犯人が見つかるまで遺言状に書かれている内容は口外しないようウォンに言います。

 

マーは犯人が見つかるまでサウをボス代理に指名します。
タイを慕っているジャッキーにとって、サウがボスになるのは面白くありません。

 

代理ボスとなったサウは婚約者のアニー(恬妞)の身に危険が及ぶ可能性を恐れ、しばらく離れて暮らすことを提案します。
アニーは嫌がりますが、指名を断ることは出来ません。
アニーは妊娠したことをサウに伝えると、サウは喜び、結局別居の話は無くなります。

 

ワーは武器の密輸を企てており、サウに船を貸して欲しいと頼みますが、ワーと関わりたくないサウは断ります。

 

タイの所にビルから電話がかかって来ます。
タイはビルとの会話を録音し、ウォンとジャッキーを呼び出して録音したテープを聞かせます。
ビルはサウからチョウを殺すように指示されたと証言しており、これを聴いたジャッキーは居ても立っても居られず、報復のために車でアニーを当て逃げします。
病院へ運ばれたアニーは無事でしたが、流産してしまいます。

 

情報屋の男(馮克安)はジャッキーから預かった録音テープを警察官のリー(黃柏文)に渡すと、ジャッキーは用済みになった情報屋を口止めのために始末します。

 

サウはアニーを轢き逃げしたのは取引を断ったワーの腹いせだと思い込み、ワーを石切場へ呼び出します。
石切場にワーがやって来るとサウに取引の話を切り出します。
サウは座席の後ろに隠してあった銃をワーに突きつけ、アニーに手を下したことを責め立てます。
サウがワーに発砲すると撃ち合いが始まり、ワーは車に轢かれて死んでしまいます。

 

情報を聞きつけたリーも駆けつけてサウに銃を向けると、身を潜めていたジャッキーがライフルでサウの腕を撃ちます。
リーに気づいたサウが動揺しているとタイがやって来てサウに加勢し、向かって来るリーを射殺します。

 

石切場にタイがやって来るとは思っていなかったジャッキーは動揺し、アニーに手を下したことをタイに告げます。
警察官を殺害したタイは自首を考えますが、自分で蒔いた種の責任を取るためにジャッキーが自首を申し出ます。

 

タイが帰宅すると妻のシンファイ(鄺美雲)が倒れていることに気づきます。
タイはシンファイが自殺を図ったことを彼女の元婚約者のワイに伝え、サウが犯人だと睨んでいるタイはワイにテープを渡すと、黒社会から退いていたワイの心境に変化が現れます。

 

チョウは麻薬の商売には反対していたので、ワイはかつて仲間だった男(江島)に足を洗うよう忠告するために麻薬工場へ潜入しますが、男は聞き入れず撃ち合いになります。
サウが現れてワイに加勢し、男と手下を倒します。

 

かつてワイは事情があって婚約者のシンファイを残して渡米していましたが、1年程して帰国するとシンファイはタイと一緒になっていました。
ワイの帰りを待てなくてタイと結婚したシンファイですが、やはりワイが忘れられず精神が不安定になり自殺を図ってしまったのです。

 

ワイはタイから預かったテープをサウに聴かせ、サウにチョウ殺しを指示したのか尋ると、サウはいずれ真実が明らかになると答えます。

 

ワイはサウとアニーの結婚式に参列し、サウを銃で殺害します。
ワイの弟分であるロバート(倪震)が運転する車に乗って逃走しますが、ロバートを巻き込みたくないワイは助けに来たことを非難します。

 

サウが死んだことで事態は急展開します。
なんとタイの家の隠し部屋に裏切り者の運転手ビルがおり、タイは用済みになったビルを殺害します。
チョウを殺すように指示した犯人はタイであり、録音されたテープはでっち上げだったのです。

 

服役中のジャッキーはタイの命令によって無残にも囚人たちに殺されてしまいます。

 

本性を現したタイはマーに銃を突きつけ、遺言状を見せるように脅します。
タイはボスになるために先代のチョウを殺害したのです。
遺言状に書かれていた後継者の名前はワイでしたが、ワイが組の人間ではなくなっていたので、マーはサウを指名していました。

 

タイがウォンに発砲するとワイが現れ、銃撃戦が始まるとサウも駆けつけます。
シンファイが死の直前にチョウ殺しの犯人がタイであることをワイに告げ、真相を知ったワイはサウと芝居を打ち、サウを殺害したふりをして犯人が動き出すのを待っていたのです。

 

激しい撃ち合いの最中、ロバートが援護しにやって来ます。
しかし弟分を危険な目に遭わせたくないワイはすぐに逃げるように言います。

 

ワイとサウはタイを追いつめると、タイはマーを人質に取りますがサウは動揺せずにマーの脚を撃ち、反動で倒れたマーの隙間からタイの額と首に銃弾を撃ち込みます。
タイを倒すとロバートはサウたちを称えて喜びますが、ワイは黒社会の非情さを説いて、堅気で居続けるようロバートに諭すのでした。

 

友情や裏切り、野心、様々な思いが交錯する男の世界ってやっぱしびれますね(*´∀`*)
でも銃撃戦は現実でやられると困る(^^;)
フィクションだから良いのです。

 

ショウブラOBの出演が本当に嬉しくて、世代違いの私がこれだけ興奮するんだからリアルタイムで観られていたファンの方は更に大興奮だったのかもしれない(*‘∀‘)

 

李Sir、今回はマフィア役です!!
あ~素敵♪ 超かっこいい~(*´Д`*)
醸し出される色気にハート奪われちゃってますー!!

 

デビチャもいいおじさんになっていて素敵(*^-^*)
李Sirとビールを飲むシーンとか最高~♪
あと麻薬工場に乗り込むシーンで李Sirとデビチャが背中合わせで銃を構えるのがメチャクチャかっこいいー!!

 

若手組員役のシンチーも良かったな~☆
おふざけ一切なしのシリアスモードです!!
私はチャウ・シンチーというと喜劇王というイメージがあったので、ノワール作品に出演されている時代があったのは知りませんでした。
シンチーは李Sirプロデュースの「霹靂先鋒」にて第25回台湾金馬奨の最優秀助演男優賞を受賞されていて、いわゆるシンチーにとって李Sirは恩人なんですよね。
ネットでは李Sirとシンチーが仲違いして絶縁状態という記事を良く見かけますが、本当の所は当人同士しか分かりません。
ン・マンタ氏との関係もまた然り。
自分でアフレコすることが多いシンチーですが、今作は声優さんによる吹き替えでした。

 

「皇帝小生」の異名を持つ趙雷(チャオ・レイ)はショウブラ時代に活躍された役者さんです。
若い頃、超イケメンなのです!!
このワイルドヒーローズが最後の出演作なんですよね。

 

出番が少ないですが、狄龍様も出演されていて嬉しい(*^^*)
あと董驃さんも僅かな出演ですが、相変わらず飄々とした感じでイイですね♪

 

ワイの弟分ロバート(倪震)は男たちの挽歌のマークに憧れているという設定で、クラブでマークがシンに昔話を語るシーンを再現したり、ラストの銃撃戦では楓林閣のシーンのように銃を植木や壺に隠したりしています♪♪
ジョン・ウーセルフパロディですね(^o^)
倪震(ニー・チェン)は作家で映画出演は少ないのですが、ジャッキー主演の「奇蹟 ミラクル」に出演されていました。
ちなみにお父さんは作家・脚本家の倪匡(ニー・クァン)です。

 

ワーは無実なのに誤解したサウに殺されてかわいそうだったなぁ…。
タイを慕っていたジャッキーも無残に殺されてかわいそう( ;∀;)
これが極道か…。

 

※以前レビューした際、日本語字幕に誤りがあり、間違えに気付かないままレビューしてしまっていたので修正しました。
昔の香港映画はたまに日本語字幕に誤りがある場合があるので、原語音声をよく聞いて確認する必要がありますね(^^;)