めぐちゃんの香港映画感想ブログ

ネタバレおもいっきりあります。

ヒート・ガイズ 傷だらけの男たち

ヒート・ガイズ 傷だらけの男たち

原題 重案黐孖Gun

製作 2004年

めぐちゃんの満足度 ★★★☆☆

 

林超賢(ダンテ・ラム)監督、郭富城(アーロン・クォック)、陳奕迅(イーソン・チャン)主演のポリスアクションムービーです。
邦題に「傷だらけの男たち」とありますが、梁朝偉トニー・レオン)、金城武主演の「傷だらけの男たち(傷城)」とは全く関係ございません!

 

女性が苦手な警察官のYT(郭富城)と対照的に女たらしな警察官のKC(陳奕迅)は新しくインターポールに着任します。
YTとKCは馬が合わず、着任早々いがみ合います。

 

国際強盗犯のマー(黃品源)はFBIに捕まり、出所後行方不明でしたが香港に潜伏していることを突き止め、YTとKCはマーの捜索を命じられます。
同僚のソン(袁偉豪)はマフィアのボスであるフォック(許紹雄)の部下からマーの情報を手に入れる約束をしており、これを聞いたYTとKCはフォックの所へ向かいます。
結局フォックはマーのことについて教えてくれず、代わりにサントス(吳嘉龍)という男と接触するように言われます。

 

サントスはマーの恋人であるトー(鄔玉君)にブツの情報が入ったメモリーカードを渡します。
YTとKCに気づいたサントスは逃げ出します。
サントスを捕まえることが出来ず、逃げられてしまいます。

 

インターポールに情報が入り、マーたちがブルネイ王室の宝石を強奪する計画を知ります。
王室関係者が乗った車が襲われ、捜査員たちと強盗団との激しい銃撃戦。
宝石が奪われてしまい、犯人を取り逃がした苛立ちと意見の相違からYTとKCは衝突します。

 

奪った宝石はトーが持っており、捜査員はトーとサントスの会話を盗聴します。
トーが中環に潜伏していることを特定し、現場へ向かいます。
サントスたちに面が割れているKCには知らせず、これを知ったKCは水上警察の船を借りて現場へ向かいます。

 

犯人を特定するため、YTは電信局へ連絡し、中環の電波を遮断するように要請します。
携帯電話が使えなくなれば公衆電話を使用すると推測した捜査員たちは、公衆電話付近を張り込みます。
しかしそこへタイミング悪くKCが現れ、トーに気づかれそうになったKCは現場にいた同僚のボボ(鄭希怡)と恋人のふりをします。
警察の存在に気付いたトーは逃走し、追跡していたYTはトーに瓶で殴られ負傷します。
他の捜査員たちに取り囲まれ、トーは逮捕されます。

 

トーは収監され、トーから押収した携帯電話が鳴るとKCはトーに会話をさせます。
相手はサントスで、トーはサントスと会う約束をします。

 

マーの仲間のユエン(王傑)はマーたちを裏切り、宝石を横取りしようと企みますが、宝石を持っているのはトーなのでユエンはサントスとトーが接触する機会を窺っています。
サントスが現れると、SIMカードをトーに渡し、マーからの連絡を待つように伝えて立ち去ります。
KCは潜んでいたユエンと撃ち合いになり、YTも到着して加勢します。
YTたちは逃げるユエンを追いかけますが、取り逃がしてしまいます。

 

署に戻り、トーの身体検査を行いますが、何も出て来ません。
トーはSIMカードを飲み込んでおり、捜査員たちが見ていない隙に吐いて取り出します。
マーの逮捕にはトーの協力が必要なので、YTたちはトーを別の場所に移送します。

 

トーは隙を見てYTの携帯電話を盗み、隠し持っていたSIMカードを入れて電話をかけます。
しかし発信電波をキャッチされ、会話の内容は全てYTの携帯に転送されます。

 

YTの元カノのメイシー(廖碧兒)から連絡があり、YTとトーはレストランへ向かいます。
メイシーと話をしているとマーが姿を現し、メイシーの恋人であるマイケルに銃を突きつけ、トーの解放を要求します。
マーはトーを連れて逃走しますが、KCがトーの服に発信機をつけており、ボボを呼び出してマーたちの行方を追います。

 

トーは隠していた宝石を取り出すとユエンが現れ、トーを人質にしてマーを銃で殺害します。
YTとKCが突入しますが、トーを人質に取られていて手が出せません。
さらにユエンは後から来たボボを人質にしてしまいます。
KCは自分が人質になることを申し出るとユエンは聞き入れ、YTに宝石を渡すように指示します。
YTは宝石を渡すわけにはいかないと拒否し、人質にされたKCの合図を見たYTはKCに向けて発砲。
KCを貫通した弾がユエンに命中します。

 

その後、KCは命に別状はありませんでしたが入院することになります。
YTはKCの合図を読み違えており、KCはYTが発砲するとは思っておらず、シナリオが狂ったとYTに詰め寄ります。
何はともあれ人質にされたボボは救出され、事件は解決です。

 

シリアスなポリスアクションかと思いきや、思ったよりコメディ要素が強かった(^▽^;)
冒頭5分鑑賞して「あ、これはコメディやな」と確信(笑)
ストーリー内容はハチャメチャですが、コメディ部分が結構好きです♪

 

なぜ郭富城(アーロン・クォック)の役名が「YT」かといいますと、「李耀庭(Lee Yiu Ting)」の名前の頭文字を取っているからです。
陳奕迅(イーソン・チャン)は「王啟聰(Wong Kai Chun)」の頭文字を取って「KC」となってます。

 

チャン警視を演じる李Sirは今回もやっぱり警察官です(*^^)v
ひとつ気になるのは、日本語字幕の一人称が「わし」になってることかな(笑)
あんま「わし」ってイメージじゃないんだよなぁ。
日本語は一人称の種類が多いからメンドイね(^_^;)
中国語なら男も女も基本的に「我」で済むもんね。

 

今回の李Sir、警察官だけど全く警察らしい仕事してない(笑)
しかもチャンは親子ぐらい年の差があるボボのことが好きで、密かにラブレターを送ってたりしています(*´∀`*) 羨ましい…♪
でもチャン警視、指輪してたから不倫じゃないか!!

 

ひょんなことからYTとKCがキスしそうになって、キス直前でチャンが現れるシーンはホント楽しい(*´▽`*)
KCがなぜ女性にモテるのかキスしたら分かるというので、YTは真面目な顔して試そうとするんですよね(笑)
YTの純真さが可愛すぎる!!!

 

シウホンさんは激辛料理が苦手でお腹ピーピーしちゃうのに、何でわざわざ激辛料理を食べるんじゃ(;'∀')

 

YTの元カノのメイシーには正直ちょっとイラっとしました(-_-;)
YTが人が良い性格なのをいいことに、新しい恋人の愚痴をこぼしたり、わざわざ妊娠したことを報告するために呼び出したり、YTが都合の良い元カレにされていて不憫だった(T_T)

 

警察署内でYTとKCのケンカが勃発してペイント弾による撃ち合いを始めたり、移送先では容疑者と麻雀したり、こんな警察官は嫌だ~(;'∀')

 

王室関係者が乗った車の警護車両が手薄過ぎる!!
あと犯人を特定するために市内の電波を遮断するって普通無理です(^^;)

 

KCが人質にされてYTが合図を間違えてKCを撃ってしまう最後のシーン。
てか簡単に味方を撃ったらダメでしょ!下手すりゃ死んじゃうよ(゚Д゚;)

 

話は変わりますが、先月の27日に吳孟達(ン・マンタ)氏が肝癌のために亡くなりました。
69歳でした。
ショックです…。ニュースで癌を患っていたことは知っていましたが、これほど短い期間で亡くなられるとは思っていませんでした。
カンフー・ハッスル以降、シンチーと共演がなかったんですよね。
シンチーとの不仲説とかも流れていましたが、実際はどうなのかは分かりません。
強面で演じるコミカルな演技が本当に面白かったなぁ。
ご冥福をお祈り申し上げます。