めぐちゃんの香港映画感想ブログ

ネタバレおもいっきりあります。

ハード・ボイルド 新・男たちの挽歌

ハード・ボイルド 新・男たちの挽歌

原題 辣手神探

製作 1992年

めぐちゃんの満足度 ★★★★★

 

吳宇森(ジョン・ウー)監督、周潤發(チョウ・ユンファ)主演のノワールアクション作品です。
邦題に「男たちの挽歌」とありますが、「男たちの挽歌(英雄本色)」シリーズとは関係ありません。
發哥が出演されている作品は「挽歌」率が高い(笑)

 

警察官のテキーラ(周潤發)と相棒のロン(林保怡)は武器密輸団を摘発するため、茶樓へ向かいます。
銃の取引現場を押さえたテキーラたちですが、銃撃戦の末、相棒のロンが密輸団の一味の男(國村隼)に殺されてしまいます。
テキーラは一味の男を殺害しますが、情報を手に入れるために警察が追っていた男だったので捜査は振り出しに戻ります。

 

図書館で殺人事件が起こり、殺された被害者は武器密輸で指名手配されている男でした。
殺された男はボスであるホイ(關海山)を裏切り、対立するジョニー(黃秋生)の組織に鞍替えしたため、ホイの部下であるトニー(梁朝偉)に消されたのです。

 

情報屋のコウ(董瑋)はトニーをジョニーに紹介します。
ジョニーはトニーと手を組みたいと持ちかけ、これに応じるトニー。

 

ジョニーがホイの倉庫を襲うという情報をテキーラに売るコウ。
ジョニーは商売の妨げになっているホイを消そうとしているのです。
パン警視(陳欣健)はテキーラを捜査から外そうとしますが、テキーラは聞き入れず現場に向かいます。

 

ジョニーたちはホイの倉庫を襲い、組員たちを蹴散らし、ブツを強奪。
倉庫に到着したホイはトニーの裏切りを知り、トニーはホイを射殺します。

 

テキーラが突入すると、トニーはジョニーたちを逃がしてテキーラと撃ち合います。
テキーラは執拗に襲ってくるジョニーの用心棒(郭振鋒)を手榴弾で蹴散らし、トニーと一騎打ちになりますが、トニーは何もせずに去って行きます。

 

テキーラはトニーの不可解な行動が気になり調べてみるとトニーが潜入捜査官だということが判明。
ジョニーを摘発するためテキーラはトニーと手を組むことを持ちかけますが、ホイの組織の残党がテキーラたちを襲い、トニーが負傷。
トニーは残党を倒し、ジョニーに連れられ病院で手当てを受けます。

 

残党に情報を密告したのはコウであることを知ったジョニーはコウを暴行。
トニーはジョニーの手前、コウを殺害するふりをします。

 

ジョニーの武器庫がある場所を突き止めていたコウはテキーラに場所を伝えると救急搬送されます。
武器庫があるのはジョニーの組織が経営している病院で、重傷を負ったコウは治療を受けますが用心棒に殺されてしまいます。

 

テキーラの同僚のテレサ(毛舜筠)から病院の霊安室が怪しいという情報をもらい、テキーラはトニーと協力して霊安室へ向かいます。
霊安室には隠し扉があり、その先にはコウの情報通り武器庫がありました。
武器庫には用心棒が待ち受けており、必死に応戦するテキーラとトニー。
一方、テキーラの合図を受け取ったテレサはパン警視と共に院内の患者たちを避難させます。

 

ジョニーたちが到着し、武器庫に毒ガスを発生させると用心棒は避難し、テキーラたちは閉じ込められます。
皮肉にもテキーラたちはジョニーの所有する武器を調達して脱出しますが、警察とマフィアが入り乱れ、院内は銃弾が飛び交い、患者たちの命が奪われます。

 

テキーラテレサは新生児室にいる赤ん坊たちを避難させると、テキーラはすぐにトニーの援護に向かいます。
取り残されていた赤ん坊を見つけたテキーラは赤ん坊を抱えたまま闘います。

 

トニーは用心棒と一騎打ちになりますが、一般人を巻き込みたくない用心棒は患者たちを避難させます。
しかしジョニーは冷酷で一般人も容赦なく殺害し、用心棒がジョニーを非難すると、ジョニーは用心棒も殺害します。

 

院内に爆弾を仕掛けたジョニーは起爆スイッチを押し、テキーラは赤ちゃんを抱えて窓から飛び降ります。
脱出に成功したテキーラですが、トニーを人質にされてしまい、手が出せません。
トニーは一瞬の隙をついてジョニーの銃を奪い、自らの腹を撃ち抜き、テキーラはすかさずジョニーの目を撃ち抜きます。

 

ジョニーは死に、武器密輸団を壊滅に追い込みますが、自ら腹を撃ったトニーは帰らぬ人となってしまいます。

 

もの凄く見応えのある作品です(;゚Д゚) 銃撃戦凄すぎ!!!
やはりCGでこの興奮は味わえません。
役者さんの安全を考えると、危険なシーンはCGを使うのが現在の主流ですが、わたし個人的にはアクションを売りにしている作品でCGはちょっと萎えちゃうかなぁ。

 

序盤の發哥は爪楊枝くわえて二丁拳銃というマークを彷彿とさせるスタイル(*‘∀‘)

 

病院や赤ん坊など、惨劇とかけ離れた世界を導入しているのはジョン・ウー監督っぽいなぁって思いましたね。
トニーが殺した人の数だけ折り鶴を折るというのも印象的だったなぁ。

 

テキーラが偽名を使って霊安室に潜入するシーンなのですが、日本語字幕&吹き替えだと「ジョン・ウー」と言っていますが、広東語では「ン・ユーラム」と言っています。
これはジョン・ウーの名前「吳宇森(ン・ユーサム)」をもじって「吳宇林(ン・ユーラム)」と言っているかと思われます(-∀-)

 

赤ちゃんを使った撮影はちょっとハラハラしました。
もちろんアクションの最中はダミーを使用されていますし、事故が起こらないように配慮されているとは思いますが、新生児もいたので結構怖い。

 

テキーラが病院の2階からマットなしで飛び降りるの怖っ!
もちろん發哥ではなく吹き替えで、シンプルだけど高難度なスタントだと思います(・・;)

 

気になったのは病院のシーンで、テキーラが患者を避難させる合図にテレサに花を送るというもの。
あれってどうやってテレサに花を送ったのでしょうかね??これが私ちょっとよく分からない。
あと黒社会が経営に関わっている病院って実際あるんですかね(^^;)??
あったら絶対入院したくない(;'∀')

 

發哥も偉仔も陳Sirも超カッコイイのですが、なんといっても今作は郭振鋒(フィリップ・コク)がかっこ良すぎ!!
タバコを燃えた車の火でつけるのイカすぜ☆
悪人なんだけど一般人には決して手を出さず、極道なりの流儀を持っているのです。

 

そして同じ五毒メンバーの羅莽(ロー・マン)さんもホイの部下役で出演されていました☆

 

ジョン・ウー監督もバーのオーナー役で出演されていました♪
元警察官で、テキーラに色々アドバイスするんです☆
気になったのはテキーラがバーで話すシーンで、一瞬だけ發哥の声が声優さんによる吹き替えでした。何でだろ??
それ以外はチョウ・ユンファご本人の声です。
ちなみにトニー・レオンもご本人の声です。アンソニー・ウォンは吹き替えだったな~。

 

てかトニー・レオンアンソニー・ウォンってインファナル・アフェアじゃん(笑)
偉仔はこの頃からすでに潜入捜査官だったのね…。しかも結末も一緒(;'∀')

 

日本語版だとトニー・レオンの役名が「トニー」になっていますが、本当は「ロン」です。
「ロン」だと林保怡(ボウイ・ラム)の役名と被るから「トニー」になったんですかね??
厳密にいうと同じ「ロン」でも発音が違うんですけどね。

 

日本人俳優の國村隼氏が出演されていました!
強面のポーカーフェイスで銃をぶっ放すのが凄まじかった('Д';)
國村さんってわりと香港映画に出演されているんですよね。
相変わらずクレジットのローマ字が微妙に間違ってた(笑)
「Y YONEMURA」になってた(^^;)

 

脚本は黃炳耀(バリー・ウォン)、王晶じゃない方の「バリー・ウォン」です。
てか王晶バリー・ウォンって呼ばれてるの日本だけだよね。

 

カースタントは羅禮賢(ブルース・ロー)で、ホイの部下役としても出演されています。
火だるまバイク凄かったなぁ…(;゚Д゚)
羅禮賢をカタカナ表記する際、英語名が「Bruce Law」なので、「ブルース・ロウ」が望ましいとは思うのですが、「羅」という漢字はカタカナ表記すると「ロー」が近いんだよね。
悩ましいなぁ(-_-;)