めぐちゃんの香港映画感想ブログ

香港映画が大好きで気ままに感想を書いています。ネタバレありなので観ていない方はご注意下さい。

ファイナル・プロジェクト

ファイナル・プロジェクト

■原題
警察故事4之簡單任務

■製作年
1996年

 

成龍主演のアクション映画、ポリス・ストーリーシリーズの第4弾です。
監督は前作に引き続き唐季禮で、期待して観ました。

 

ストーリーはジャッキー演じるチェンが、
CIAから依頼を受けてウクライナの女性を尾行する任務から始まり、
そこから核兵器の国際密輸グループの事件に巻き込まれていくというものです。
話のスケールが大きいですね。007を彷彿とさせます。

 

でも正直私には刺さらなかったな~(^_^;)

 

ポリスストーリー「らしさ」が無いというか、
香港映画っぽくないというか、
あの初代の「わくわく」が感じられないのは私だけかしら。

 

終盤の水族館で闘うシーンもアイデアは面白いんですけどねぇ。
ちょっと間延びしてたかなって印象。
あと、メイ(張曼玉)がいないのも淋しかったな~(T_T)

 

作品自体は高水準で、
アクション映画としては楽しめると思います。

 

序盤のスノーモービルの逃走シーンも楽しいですし、
倉庫みたいな所でアレン達と闘うシーンも好きです。
でもなんかいまいちハマれない。

 

なんだろう、ハリウッドのジャッキー作品を観ている感じかな。
私はそこまでハリウッド版のジャッキー作品を
数多くは観ていないのですが。リンチェイ然り。

 

ハリウッド映画って、私の琴線に触れないんですよね。
(ハリウッド映画ファンの方々、申し訳ありません)

 

でも私が知らないだけで、きっと良い作品があるんだろうなぁ。
「めぐちゃんの知らない、ハリウッド映画の世界」なんちゃって(笑)

 

もちろん好きな作品もあります。
ポール・ニューマンロバート・レッドフォード共演の
「スティング」とか凄い面白くてかっこいいし、
ってかこの作品をハリウッド映画って呼んでいいのかな?
ユニバーサル製作だからハリウッドでいいのかしら?
考えてみたら「ハリウッド映画」の定義がいまいち曖昧だわ(^^;)

 

ケビン・コスナー主演の男の友情、カポネとの対決を描いた
アンタッチャブル」とかも凄い好きですね。

 

って話が脱線しました(^^;)

 

今作はポリス・ストーリーシリーズとしてではなく、
別のアクション作品として観れば楽しめると思います。