めぐちゃんの香港映画感想ブログ

ネタバレおもいっきりあります。

かちこみ!ドラゴン・タイガー・ゲート

かちこみ!ドラゴン・タイガー・ゲート

原題 龍虎門

製作 2006年

めぐちゃんの満足度 ★★★★☆

 

葉偉信(ウィルソン・イップ)監督、甄子丹(ドニー・イェン)主演、香港の漫画家である黃玉郎(ウォン・ヨクロン)原作の漫画「龍虎門」を実写化した現代カンフーアクション作品です。

 

武術家兄弟のウォン・ホンロンとフーフーは龍虎門を創設し、多くの若者に武術を教えていました。
フーフーには2人の息子たちがおり、事情により兄と弟は生き別れとなってしまいます。

 

マフィアのボスであるマー(陳觀泰)は犯罪組織「羅刹門」の頭領シブミ(喻亢)の下で商売をしています。

 

茶樓にいるマーの所に白獅組が乗り込んで来ます。
マーが商売を独占していることが気に入らない白獅組はマーに不満を募らせています。

 

たまたま仲間たちと茶樓で食事をしていたタイガー(謝霆鋒)は、客に対し傍若無人な振る舞いをするマーの手下たちに我慢出来ず、次々とマーの手下たちを成敗します。
タイガーの仲間が羅刹門の組織の証である令牌を拾うと、マーの下で働いているドラゴン(甄子丹)が現れ、タイガーと闘います。
両者決着せず、マーたちは茶樓から立ち去ります。

 

ドラゴンは羅刹門の令牌を取り戻すため、タイガーたちがいる料理屋へ向かいます。
ドラゴンはあっさり羅刹門の令牌を取り戻しますが、マーの手下であるファン(施祖男)と些細な事で仲間割れをしてしまいます。
タイガーは食事をしているターボ(余文樂)の客室に突っ込み、ターボも参戦します。
ファンは逃走し、ターボたちは手下たちを倒します。
ドラゴンは羅刹門の令牌を持って去って行きます。

 

タイガーの仲間が落ちていた龍虎門の令牌を拾うと、タイガーは龍虎門の令牌の片方を持っており、ドラゴンが生き別れの兄だということを知ります。
ドラゴンの両親は離婚し、ドラゴンは母親と一緒に暮らしていましたが、火事で母親を亡くし、幼かったドラゴンはマーに引き取られます。
マーに恩を感じているドラゴンはたとえ堅気の仕事ではなくてもマーの下で働いているのです。

 

タイガーはドラゴンと対面し、タイガーはマーと縁を切って欲しいと頼みますが、ドラゴンは聞き入れません。
タイガーはマーの娘のシャオリン(董潔)に頼み、協力して欲しいと頼みます。

 

ターボは龍虎門のウォン師匠(元華)に入門したいと頼みますが閉め出され、手合わせを申し出るとあっさりやられてしまいます。
ターボはウォンに負けたことで自分の実力が自信過剰だったことに気づき、心の強さを鍛えることを誓うと、ウォンは龍虎門に置いてくれます。

 

マーは羅刹門の令牌を返却することにします。
それはつまり羅刹門の下で商売をすることを辞めるということです。
羅刹門の令牌を突き返されたことに腹を立てたシブミは仲間のローザ(李小冉)にマーとドラゴンの殺害を命じます。

 

幼い頃からドラゴンと共に育ったローザはドラゴンを見殺しにすることは出来ず、シブミの刺客が迫っていることをドラゴンに告げます。

 

ファンは羅刹門の組織に入り、デーモン(行宇)とスティック(嚴華)がマーを襲います。
マーはデーモンに殺され、ドラゴンが駆けつけます。
デーモンは味方のスティックを誤って殺してしまい、ドラゴンはデーモンを倒します。
シャオリンを殺そうとするファンを倒すドラゴンですが、デーモンは生きており、不意打ちを食らったドラゴンは重傷を負いながらも今度こそデーモンを倒します。

 

シブミが直々に龍虎門を訪れ、ターボを倒し、ウォン師匠を殺害。
駆けつけたタイガーもやられてしまいます。

 

シャオリンはもしもの時には白雲山のケイ師(黃玉郎)のもとを訪ねるようにウォンから言われていました。
傷ついたタイガーとターボを荷台に乗せ、シャオリンは白雲山へ向かいます。
しかし塔へ入るには試練が待ち受けており、幻に惑わされず、強い信念を持って挑んだシャオリンはケイ師の力を借りることに成功します。

 

シブミは桁外れに強いドラゴンとの対戦を望み、ローザを使って重傷のドラゴンを治療させます。
ローザも重傷を負っており、治療する薬は1つしか無く、ローザは自らを犠牲にしてドラゴンを助けます。

 

タイガーとターボはそれぞれケイ師から必殺技と武器を授かり、シブミの神殿へ向かいます。
タイガーとターボはタッグを組み、シブミに挑み、ターボは必殺技のゴールデンマスクでシブミの攻撃を防ぎます。
タイガーはドラゴンドリルでシブミを攻撃しますが、必殺技が効かず、投げ飛ばされます。

 

ドラゴンが到着し、シブミとの一騎打ちとなります。
シブミの猛攻を受けながらもドラゴンは圧倒的な力でシブミを倒します。

 

龍虎門へ戻ったドラゴンは亡くなったウォン師匠の遺志を引き継ぎ、タイガーとターボの3人で龍虎門を守っていきます。

 

私は原作の漫画は全く存じ上げませんでしたが、ウォン・ヨクロン氏は香港では大変著名な漫画家さんだそうです。
機会があったら原作の漫画も読んでみたいです(^-^)
今作ではウォン氏はケイ師役で出演もされていますが、「プロジェクトA2 史上最大の標的」や「香港国際警察 / NEW POLICE STORY」などにも出演されています。

 

実は初見ではそんなにハマらなかった今作。
でも改めて観てみると、やはりなかなか面白いです。
序盤の茶樓でのニコラス・ツェーのアクションや、日本料理屋での闘い、中盤のドニー様とシン・ユー、イム・ワーのアクションシーンは凄いです。
ニコラス・ツェーがあんなにアクションが出来るなんて感動しました('◇')
ラストのアクションバトルはちょっとCGの表現が誇張されているかなって思いましたが、コミックス原作ですし、こういうのもアリなのかなぁ。
なるべくなら個人的にはCGをそんなに使って欲しくはなかったりしますけど(;^_^A

 

元華さんはやっぱり凄いです!!
大刀を華麗に振り回したり、お年を召してもあれだけのアクションが出来る方は多くはないと思います。
恐らく回転ジャンプキックもご本人がやっていると思うんですよね(・o・)
検事Mr.ハーでユン・ピョウも行っていたキックなんですけど、凄い身体能力です。

 

陳觀泰(チェン・カンタイ)かっこ良すぎ(*´ω`*)
お年を召してますますダンディになられています♪
今回はアクションが無くて残念でしたけど。

 

シブミを演じているのは喻亢(ユー・カン)なのですが、声は古天樂(ルイス・クー)が担当しています。
ユー・カン氏は中国出身なのでやはり広東語は話されないんですかね?
それにしてもなぜ古仔が配音をされているんだろう?

 

ドラゴンがローザに入れ墨を入れるシーンがあるのですが、入れ墨って素人がいきなり入れられるものなんですかね??
あとプールで入れ墨を入れてたけど、衛生的に良くなさそう(;'∀')