めぐちゃんの香港映画感想ブログ

ネタバレおもいっきりあります。

デブゴンの快盗紳士録

デブゴンの快盗紳士録

原題 貓頭鷹與小飛象

製作 1984年

めぐちゃんの満足度 ★★☆☆☆

 

洪金寶(サモ・ハン・キンポー)製作、監督、主演のアクション作品です。

 

泥棒のダンボ(洪金寶)は最後の銀行強盗を行い、泥棒稼業を引退します。
詐欺師のフクロウ(林子祥)はマフィアを騙して金を横取りし、この仕事を最後に引退します。

 

警察官のチョン(馮淬帆)はマフィアのボスであるアウ(田俊)を追っており、何としてもアウを逮捕するため、ダンボとフクロウを利用することを企てます。
チョンはダンボとフクロウにそれぞれ手紙を出してホテルへ呼び出します。
チョンは現場には現れず、ホテルの一室で2人きりのダンボとフクロウに電話をかけ、過去の悪事をばらされたくなかったら命令を聞くように脅します。

 

チョンはダンボとフクロウが青少年感化院でボランティア教員をする手配をしており、感化院の教員のリョン(葉德嫻)がダンボたちの前に現れます。
寝耳に水の2人ですがチョンに弱みを握られ、仕方なく引き受けることにします。

 

感化院では非行少年たちに仕事を斡旋するのが2人の役目です。
チョンは言葉が話せない清掃員を装って感化院に潜入し、2人の行動を監視します。

 

青少年たちは全く言うことを聞かず、教員のヨン(楊紫琼)が困っているとフクロウたちが入室します。
青少年たちを指導するのは一筋縄ではいかず、フクロウたちは一刻も早く自分たちに命令をしている依頼人を捜すことにします。

 

ダンボは教員のリョンと徐々に親密になっていきます。

 

チョンから新たな指示があり、アウたちが参加しているオークションで土地の競売価格を吊り上げるように命じられます。
2人は指示通り金額を吊り上げますが、吊り上げ過ぎて落札してしまいます。

 

ダンボがリョンとのデートから帰ってくるとフクロウが姿を消し、フクロウから連絡を受けたダンボは指定された場所へ向かいます。
フクロウはアウたちに捕まっており、アウはダンボたちが落札した土地を買い取ると申し出ますが、金額で揉めます。
アウの手下たちとやり合いますが、結局ダンボはアウに土地を譲ることにします。

 

青少年たちは相変わらずヨンを見下し、真剣に取り組もうとしません。
彼らの態度に腹を立てたフクロウは厳しく指導し、徐々に青少年たちの心情に変化が現れます。
真剣に向き合ってくれたフクロウやヨンに対し青少年たちは心を開いていきます。

 

ダンボは街でチョンを見かけます。
言葉が話せないはずのチョンが男と話している様子を見たダンボは不審を抱き、調べるとチョンが自分たちに命令していた依頼人だと知ります。

 

アウは金を横取りした詐欺師がフクロウだということを突き止め、青少年たちを脅してフクロウをおびき寄せます。

 

感化院へ戻ったダンボはチョンを見つけると騙したことを問い質しますが、青少年からフクロウが捕まったことを聞き、ダンボはすぐにフクロウが捕まっている倉庫へ向かいます。

 

ヨンは警察署を訪れてルイ警視(張景坡)に助けを求めますが、ルイは悪徳警察官でアウの仲間でした。
警察はルイをマークしており、ルイはあっさり逮捕されます。

 

倉庫に駆けつけたダンボはアウの手下たちと闘いますが数が多く、青少年たちが加勢し、乱闘になります。
警察が到着してアウ一味は逮捕され、ブツも押収し事件は解決です。

 

この時代の香港アクション映画はハチャメチャでデタラメであっても活力があって痛快だったりするのですが、今作はいまいちそういった勢いが感じられませんでした。
個人的には感化院の教員になるという設定が勢いを妨げている要素の1つかと思いました。
感化院にボニー(馬斯晨)という女子がいるのですが、生まれた環境が恵まれず家族を養うために夜の仕事をしていて、綺麗事だけでは生きていけないと教員のヨンに不満をぶつけるシーンがあるのですが、こうなったらもう内容的に社会派ドラマなんですよね。
アクションコメディとして撮るならダンボとフクロウのキャラクターを活かしてとことんハチャメチャにして欲しいですし、感化院のような話を撮るならリアリティをある程度追求した作品であって欲しいなと思います。
香港アクション映画は痛快で爽快でワクワクでとても楽しいのですが、この非現実的な要素と現実的な感化院という要素を調和させるのは非常に難しいと思うのです。

 

そもそもマフィアを摘発するのにダンボたちを感化院の教員にさせるという行為自体がよく分からない。
下手すれば青少年たちに危害が加わるかもしれない危険な行為だと思います。
あとオークションのくだりも謎なんだよなぁ。
アウが狙っている土地の競売価格をダンボたちが吊り上げたところで、アウの逮捕にどんな意味があるのかという疑問が湧きます。

 

本作は楊紫瓊(ミシェール・ヨー)の映画デビュー作で、当時は「ミシェール・キング」という名前で活動されていました。
※中国語名は「楊紫琼」とクレジットされていたので当時のクレジットに準じて表記いたします。
まだ初々しくて可愛いミシェール姉さん(*^^*)
でも今回アクションシーンはありません(>_<)

 

ルイSir役の張景坡(チャン・ギンポー)がチョンの同僚の警察官役もされていました(^^;)
人手が足りなかったんですかね??

 

ダンボが入れたてのコーヒーをひっくり返してリョンの顔にかかるシーンがあるのですが、リョンは「唔緊要(大丈夫よ)」と言っていたけど、実際入れたてのコーヒーが顔にかかったら結構ヤバいよね(;゚Д゚)
撮影では熱くないコーヒーを使用されていると思います。
そうでなければディニー・イップが火傷しちゃいます(゚Д゚;)

 

邦題に「快盗」とありますが、快盗要素、ほとんどない(^^;)
正しくは「怪盗」ですが、あえて痛快要素を取り入れて「快盗」にしているのでしょうかね??

 

スポンサーになっている「Guy Laroche(ギ・ラロッシュ)」はフランスのアパレルブランドで、昔ジャッキーがCMをやっていました。
發哥もブランドの広告モデルをされていたことがありました(*‘∀‘)
ギ・ラロッシュは他の香港映画でもスポンサーとしてわりと見かけるブランドです。

 

Polo Ralph Lauren(ポロ・ラルフ・ローレン)」も本作の主要スポンサーなのですが、劇中でジョージ・ラム演じるフクロウが「ポロ」という競技をするシーンがあります。
馬に乗って行う球技なのですが、ラルフ・ローレンのロゴはこの「ポロ」という競技がモチーフになっているそうです。
あとこの競技で着ていたユニフォームが「ポロシャツ」の由来だそうです。