めぐちゃんの香港映画感想ブログ

ネタバレおもいっきりあります。

少林寺怒りの鉄拳

少林寺怒りの鉄拳

■原題
三德和尚與舂米六

■製作年
1977年

 

めぐちゃんの満足度 ★★☆☆☆

 

洪金寶(サモ・ハン・キンポー)監督のカンフーアクション作品です。
サモ兄の初監督作です。

 

う~ん、悪い作品ではないのですが、いくつか引っかかる箇所があります。

 

ストーリーを簡単に説明すると、
極悪非道の限りを尽くす満州人達に父親を殺されたサモ兄演じる米六が、
自分も殺されそうになった所を陳星(チェン・シン)演じる三德和尚に
救われ修行を積み、満州人達を倒すというお話です。

 

ストーリーはありがちな復讐劇ですが、
それを面白く演出するのが映画の醍醐味だと思います。

 

まず、米六の復讐に対する思いがちょっと弱いんですよね。
もっと復讐心を燃やす描写が欲しかったですね。
修行のシーンも少ないし、
途中で遊郭行ったりして少しチャラチャラした印象がマイナス。
ブルース・リーの怒りの鉄拳みたいに熱い感じがないんですよね。

 

あと盧海鵬(ロー・ホイパン)演じる染色屋の男は自分の妹を
強姦されて死んでいるのに(終盤で妻も強姦され母親も殺されます)
こちらも復讐心がどうも弱い。

 

本作はシリアス路線ですし、
米六と染色屋が三德和尚の元で復讐心をメラメラ燃やして、
強く成長する過程が欲しかったです。

 

あともう一つ、チェン・シン演じる三德和尚に崇高なオーラがない(^^;)
チェン・シンって悪役顔なので、三德和尚の崇高さを出すには、
それなりの演出と役作りがないと厳しい。
実際の三德和尚が崇高な方だったかどうか分かりませんが、
私の中で三德和尚は偉大なイメージがあるので(;^ω^)

 

カンフーはとても素晴らしいです。
あと出演者が豪華ですね。皆様とても若いです(*^^*)

 

ちなみに本作は強姦シーンが結構ハードですので、
視聴の際、苦手な方はご注意ください。