めぐちゃんの香港映画感想ブログ

ネタバレおもいっきりあります。

ロンゲストナイト

ロンゲストナイト

原題 暗花

製作 1998年

めぐちゃんの満足度 ★★★☆☆

 

游達志(パトリック・ヤウ)監督、梁朝偉トニー・レオン)主演のノワールサスペンス作品です。
少々バイオレンスな作品なので、苦手な方はご注意ください。

 

マカオでは古参のケイ(方剛)率いる組織と新興のジョージ(龍方)率いる組織が対立し、抗争が絶えません。
痺れを切らしたマカオの顔役であるホンは両組織の壊滅に乗り出すと、ホンを恐れたケイとジョージは雲隠れし、互いに歩み寄ることを考えます。
さすがのホンもケイとジョージが手を組めばマカオを牛耳ることは難しくなります。
そしてケイとジョージの首に懸賞金が懸けられたという噂が流れ始めます。

 

汚職警官のサム(梁朝偉)はケイと長い付き合いで、サムはケイとジョージの和解を成立させるため、2人の首を狙う暗殺者を次々と脅して痛めつけます。

 

刺客のイウトン(劉青雲)がマカオにやって来ます。
宿に着いたイウトンは電話で船の手配をします。

 

レストランにやって来たイウトンは店の電話を使い、ケイの息子であるウィン(鄭浩南)と会う約束をします。
サムが部下を連れてレストランにやって来ると、暗殺を企てていた男を痛めつけて去って行きます。

 

サムはホンの手下であるチョン(王天林)の元を訪れると、チョンは暗殺の噂を流した男を捕まえたと言い、サムは男を痛めつけます。
しかし男が口を割ることはありませんでした。

 

サムの家で頭部の無い遺体が発見されたという情報が入り、サムは現場に駆けつけます。
遺体の手のひらにはペンで番号が書かれていました。

 

イウトンはロー(盧海鵬)のクラブへ向かい、席に着くとウィンが現れます。
2人はひょんなことから口論となり、支配人のローがやって来て仲裁に入ります。
ローの店で働いているホステスのフォン(邵美琪)は報復を恐れてローと一緒に店を出ますが、道端でローが殺害されます。

 

外を歩いているイウトンを見つけたサムはマカオから追い出そうとタクシーに乗せますが、イウトンはタクシーを暴走させて警察官(程小龍)を車外に投げ出します。

 

ローの遺体が発見されるとサムはクラブへ行きます。
フォンはウィンがローを殺したと証言しますが、ケイの息子であるウィンに制裁を加えられるのは困ると思ったサムはフォンを連れ出します。

 

サムはバーにいるウィンの所にやって来ると、ロー殺害を問い詰めます。
ウィンは否定し、バーでサムと撃ち合いになりますが、ウィンに逃げられてしまいます。

 

サムは連行したフォンを脅し、ロー殺しの犯人の供述を無理やりイウトンに変えさせます。

 

イウトンは肌身離さず持っていたバッグをフェリー乗り場のロッカーに入れると、警察官に囲まれ拘束されます。

 

サムはチョンに呼び出されてチョンの店へ向かうと、床には遺体があり、遺体の男はサムが暗殺の噂を流したと証言したとチョンは告げます。
寝耳に水のサムは自分ではないと否定します。

 

その後、別の証言からロー殺しの犯人がウィンではないことが明らかになります。
フォンが嘘をついてウィンを陥れようとしていたのです。

 

サムが警察署に戻ると大金が入った女性物のバッグを見つけます。
すぐにチョンと部下たちが現れ、サムは暗殺の疑惑をかけられます。

 

押収した携帯電話の履歴からイウトンがいたレストランの番号が見つかり、サムは留置所にいるイウトンの元へ向かい、暴行を加えます。
イウトンはサムに罪を被せるという計画はホンによって企てられたものだと告げます。
チョンもフォンも共謀です。
ホンの計画によってサムはジョージを暗殺し、ホンが再びマカオのボスに君臨するという筋書きです。

 

ジョージが現れるという情報が入り、警察が動き出します。
狡猾なホンを相手にするのは分が悪いので、サムは大金の入った女性物のバッグを持ち出し、フェリーに乗って現場を離れることにします。
しかしサムが乗って来た車のトランクから男性の遺体が発見され、警察官が駆けつけます。
遺体はウィンでした。

 

ホンの計画通り陥れられたサムは警察に見つかる前にフェリーに乗ろうとしますが、目撃者によって身体的特徴や持ち物が明らかになってしまったため、サムはやむを得ず持っていたバッグをロッカーに隠そうとします。
サムはロッカーの番号を見て、サムの部屋で見つかった頭部の無い遺体の手のひらに書かれていた番号を思い出します。
恐る恐るロッカーを開けると、中にはイウトンが持っていたバッグが入っており、バッグの中にはケイの頭部が入っていました。

 

サムは警察に包囲され、逃げ出します。
ジョージの組織と鉢合わせするとサムは撃たれますが、サムも撃ち返し、ジョージを殺害します。
サムは防弾チョッキを着ていたため命を取り留めました。

 

フェリーに乗ることが出来なくなったサムはフォンが運転する車を乗っ取り、フォンから逃げる手段を聞き出すと、彼女を車から投げ出して轢き逃げします。

 

サムに生きていられては困るので、イウトンはサムを消すつもりでいます。
辿り着いた先の建物内でイウトンとサムは撃ち合いになり、激しい攻防の末に2人は建物の外へ出ると、強風によって飛んで来たトタンがイウトンの首を引き裂きます。

 

生き残ったサムはイウトンになりすますために頭を丸めて船に乗ろうとしますが、チョンの手下によって殺されます。
イウトンも所詮チョンに雇われた捨て駒に過ぎませんでした。

 

私は当初、杜琪峯(ジョニー・トー)が監督を務めたのかと思っていたのですが、トー監督は韋家輝(ワイ・カーファイ)と共同製作とクレジットされておりました。

 

サスペンス調で緊迫感があってストーリーも良く出来ている作品だと思うのですが、私はそこまでハマれなかったなぁ…。

 

ここまで超極悪人役のトニー・レオンって珍しいのではないでしょうか?
でも残念なことに怪演のラウ・チンワンが強烈過ぎて偉仔食われている(;'∀')

 

偉仔演じるサムがあまりにも粗暴過ぎるので自業自得だと思い、感情移入出来なかったです。
逆にあそこまで粗暴だと警察官でいることの意味ってあるのかな?
汚職警察官って警察のオイシイ立場も利用しながら裏社会の甘い蜜も吸うというバランスで成り立っていると思うのですが、やっていることがほとんどチンピラなので、もう警察官じゃなくてもいいじゃんって思うんですよね。

 

王家衛ウォン・カーウァイ)のトニー・レオンが好きな方が今作の彼を観たら、「ちょっと違う…」って思うかもしれない(^^;)

 

殴る時の効果音がアクション映画っぽいのがちょっと気になる。
シリアスな作品なのでもう少しリアリティのある効果音にして欲しかったなぁ。

 

冒頭のケイとジョージが対立している様子はもっと映像があった方がいいと思います。
ナレーションとカット割りで説明するより、2人が演じている映像を見せた方がキャラクターの印象が残りやすいと思います。

 

映像や効果の演出はかなり好きです(*‘∀‘)
チンダル現象の留置所のシーン、サムとイウトンの廃墟での銃撃戦シーンでは青白い光と細かいガラスがキラキラ舞う映像美が最高です!!
黃英華による劇伴音楽も個人的にはメチャクチャ好みです!!

 

結果的に全てホンの思い通りになったということなんですね。
おじいちゃん、もう引退してくれ~(;´Д`A ```
そういえばホン役をされている方の名前が分からないんですよね。
分かる方がいたらご一報ください(=゚ω゚)ノ