めぐちゃんの香港映画感想ブログ

ネタバレおもいっきりあります。

モンキーフィスト/猿拳

モンキーフィスト/猿拳

原題 雜家小子

製作 1979年

めぐちゃんの満足度 ★★★★★

 

洪金寶(サモ・ハン・キンポー)監督、元彪(ユン・ピョウ)主演のカンフーアクション作品です。
サモハンは武術指導も兼任されております。

 

記念すべき元彪の初主演作です♪
日本では「燃えよデブゴンシリーズ」としてカテゴライズされていますが、シリーズ物ではありません。

 

レイ(元彪)とマー(梁家仁)は駆け出しの詐欺師で、騙し取った金で賭博に興じる日々。
ある日、茶館で出会ったモードウ(劉家榮)を騙そうとしますが、彼の方が一枚上手で返り討ちに遭い、敵わないと悟ると、2人はモードウに弟子入りをします。

 

レイとマーは修行をして強くなり、モードウに仕返しをしようと考えますが、実はモードウは悪人で、モードウは2人組の追手(李海生、王光裕)や役人(火星)を殺して、さらに相棒のマーまで殺してしまいます。

 

レイは復讐を誓いますが、今の自分の実力ではモードウには敵いません。
するとレイの回りでちょいちょい姿を見せていた謎の男(洪金寶)がカンフーの達人だと知り、男に弟子入りをします。

 

謎の男はモードウを追っていた隠密の役人で、レイと力を合わせ闘い、モードウを倒します。

 

元彪が若くて初々しいです♪超かわいい(*´ω`*)
そして身体能力の高さには感服です。
美しい足技、連続バク転や縄跳びの修行シーンなど、目を奪われるカンフーの数々!本当に素晴らしいです!!

 

ラストの元彪とサモハンのタッグは息がピッタリ合っていて、テーブルの上でのバク転や天井からぶら下がるアクションなど、ワクワクする闘いが満載です!元彪のアクションが堪能できます♪

 

個人的には元彪主演作の中で、「ユン・ピョウ inドラ息子カンフー(敗家仔)」の次に大好きな作品です(*´▽`*)