めぐちゃんの香港映画感想ブログ

ネタバレおもいっきりあります。

インファナル・アフェア

インファナル・アフェア

原題 無間道

製作 2002年

めぐちゃんの満足度 ★★★★★

 

劉偉強(アンドリュー・ラウ)&麥兆輝(アラン・マック)が監督を務めた傑作香港ノワール作品です。

 

アメリカではレオナルド・ディカプリオマット・デイモン主演でリメイクされ、日本でも西島秀俊香川照之主演でドラマ制作されました。
この内容ならパク…リメイクしたくなる気持ち分かります。

 

マフィアのボスであるサム(曾志偉)は商売を円滑に行うため、新入りの青年たちを警察学校へ送り込み、「潜入マフィア」を育てます。

 

サムの組織を検挙するため、警察訓練学校のイップ校長(許金峰)と組織犯罪課のウォン警視(黃秋生)は訓練学校に在学中のヤン(余文樂)を退学させ、マフィアに潜入する「潜入捜査官」の任務を与えます。

 

警察と黒社会の板挟みとなり命懸けの日々を送るヤン。
サムの手下であるラウ(陳冠希)は警察官となり順調に昇進していきます。

 

月日は流れ、ヤン(梁朝偉)は10年も続く潜入捜査にうんざりしています。
イップ校長が亡くなり、ヤンが警察官であることを知っているのはウォン警視だけです。
ヤンはサムがタイ人から麻薬を手に入れるという情報をウォンに伝えます。

 

サムの取引現場を押さえるため、組織犯罪課と情報課の捜査員を集め、ウォンが指揮を執ります。
潜入マフィアである情報課のラウ(劉德華)はさっそくサムに捜査の動向を知らせます。

 

ビルの一室でタイ人の麻薬の売人(Chaucharew Wichai)とサムが取引を行います。
ヤンにブツの確認をさせて、取引は成立します。
ブツの受け渡しは別の場所で行われるため、サムの部下であるキョン(杜汶澤)とディトロ(林迪安)たちは葵涌(クワイチュン)埠頭へ向かいます。
捜査員たちはキョンたちを追跡します。

 

ラウは捜査員たちの目を欺き、捜査をするふりをしてサムに捜査の状況を伝えます。
捜査の動きがサムたちに知られていると感づいたウォンは追跡を中止させます。

 

ラウはウォンがモールス信号でやり取りをしていることに気づき、サムの一味に内通者がいることを知ったため、サムたちに取引の中止を指示します。
埠頭では捜査員たちがキョンたちの身柄を拘束し、ビルに突入した捜査員たちによってサムたちは警察に連行されます。

 

取引は行われなかったためサムたちは釈放されますが、警察とマフィアに内通者が存在することが明らかになります。

 

サムは内通者を特定するようラウに指示します。
警察の上層部からも内通者の特定を命じられたラウは内務調査課へ異動となります。

 

サムは精査するための資料をラウに渡すため、部下たちに書類を書かせます。
漢字が書けないキョンに対し、ヤンは封筒に漢字を書いて教えます。

 

サムは部下たちが書いた書類をラウに手渡します。
サムと接触したラウの後を追うヤンですが、結局正体はつかめませんでした。

 

ラウは資料を元に調査を開始。
モールス信号も勉強します。
そして内通者と接触する可能性があるウォンを監視するため、同僚のビー(林家棟)に追跡を指示します。

 

サムは来週新たな取引が行われることをヤンに伝えると、ヤンはキョンたちにマッサージ店に行くと嘘をつき、ウォンの所へ向かいます。

 

ビルの屋上でウォンと接触したヤンは新たな取引が行われることを伝えますが、ヤンは正体が発覚することを恐れており、ウォンは次の取引での逮捕は見送ることにします。
ウォンが内通者と接触しているという知らせをディトロから電話で受けたヤンは急いでビルから立ち去ります。
ディトロたちがビルにやって来たため階段とエレベーターが使えず、ヤンは屋上のゴンドラを使って地上へ逃げます。

 

ウォンは素知らぬふりをして堂々とエレベーターで下りようとしますが、ディトロはウォンに気づき、捕まえます。

 

ヤンはビルの正面側へ到着するとウォンはビルの屋上から突き落とされて死亡します。
キョンたちは駆けつけた捜査員たちと銃撃戦になり、ディトロは捜査員に撃たれて死に、キョンはヤンを連れて逃げ出します。

 

ウォンは痛めつけられても決して内通者のことを口にしませんでした。
サムは出入りに現れなかった人物が内通者だと言い、キョンはヤンが外出していたことを黙っていました。
キョンも銃撃戦で腹部を負傷しており、ヤンの目の前で死亡します。

 

組織犯罪課のチョン(吳廷燁)は直向きに捜査を行うウォンを情報課によって監視させていたことに憤りを感じます。

 

サムがウォンを殺害したことでラウの心境に徐々に変化が現れ始めます。
ラウはウォンの遺品から携帯電話を取り出すと、登録されている内通者に電話をかけます。
ラウは内通者であるヤンに協力を要請します。

 

ヤンは死亡したキョンが潜入捜査官だったので始末したとサムに伝えます。
キョンが麻薬を保管する倉庫の存在を知っている可能性があるので、ヤンは保管している麻薬を移動させた方がいいとサムに促します。

 

ヤンと手を組んだラウは捜査を指揮し、ヤンの情報を元に捜査員たちを倉庫へ向かわせます。
捜査員たちは麻薬を積んだサムたちを追いつめ、サムは逃走を図ります。
ラウがサムの前に姿を現し、善人になる道を選んだラウはサムを殺害します。

 

サムが死んだことで組織は壊滅し一件落着。
ヤンがラウのオフィスに現れ、自分が潜入捜査官であると告げます。
2人は以前、ヤンが店番をするステレオショップにラウが客として訪れており、顔見知りでした。
潜入捜査官の任務を終え、ラウに身分データの返還を求めます。

 

ラウが席を外している間、ヤンはラウのデスクで漢字の書かれた封筒を発見します。
漢字が分からないキョンに字を教えてあげた際、ヤンが封筒に書き残したものです。
これによってラウが潜入マフィアであることを知ったヤンは姿を消し、正体が気づかれたと悟ったラウはヤンのデータを完全消去します。

 

ヤンは通院している精神科のリー先生(陳慧琳)の元を訪れます。
リーはヤンが警察官だというのを話半分で聞いていましたが、ヤンが本当に警察官であることを知ります。

 

ラウが帰宅すると同居する婚約者のマリー(鄭秀文)は店員がステレオの調整に来たことを伝えます。
店員が置いていったというCDを再生すると音楽の後にサムとラウの会話が録音されており、マリーは涙を流して家を出て行きます。

 

CDを置いて行ったのはヤンで、ヤンはラウをビルの屋上へ呼び出し、身分の返還を求めます。
ラウは考えを改め、これからは善人として生きていくつもりだとヤンに告げますが、ヤンはそれを決めるのは自分ではないと言います。

 

ラウの同僚であるビーが現れ、ヤンに銃を向けます。
ヤンはラウを盾にしてエレベーターへ向かいますが、ビーはヤンの額を撃って殺害します。
なんとビーもサムの手下で潜入マフィアだったのです。
サムが死んだ後釜にラウを推薦するビーですが、マフィアと縁を切りたいラウはビーを殺害します。
警察官たちが駆けつけると、ラウは自分が警察官であると名乗り、ビルを後にします。

 

半年後、イップ校長の遺品からヤンの資料が発見され、ヤンの警察官としての身分が証明され、ヤンはウォンの墓の隣で眠りにつくのでした。

 

完成度の高いシナリオで非常に面白い作品です。
役者さんの演技も素晴らしくて、とても引きつけられます。
ここからストーリーは第3章へ繋がります。
第2章は過去のストーリーでまた違った一面のサムやウォンをみることが出来ます。
個人的には第2章が一番好きなんですよね(*'ω'*)

 

原題の「無間道」とは仏教経典である涅槃経第19巻に記載されている八大地獄の最たる無間地獄からきていて、要約すると超つら~い苦しみが絶え間なく続くということらしいです。
考えただけでも恐ろしいね(~_~;)

 

最後ヤンの身分が証明されて本当に良かったです。
そうでなければヤンが気の毒過ぎます(T_T)
10年も潜入捜査なんかしてたら気が狂っちゃうよ…。
体を張って麻薬の品質チェックもしなきゃいけないし…ひえ~。

 

エリック・ツァンは福星シリーズの時と同一人物とはとても思えません(゚Д゚;)
多彩で素晴らしい役者さんですね。

 

陳慧琳(ケリー・チャン)美しすぎる(*´▽`*)
こんな顔になりたい(´q`)
私は昔日本で放送されていたドラマ「鬼の棲家」を観てケリー・チャンを知ったんですよね。

 

ウォン警視の殺され方は衝撃でした…。
たとえ命を落とすことになっても決してヤンの存在を口にしないなんて…警察官としての誇りは素晴らしいですが、辛いよ…(T^T)

 

ビーが潜入だったことには驚きました(;゚Д゚)
お互いサムの手下なのに面識がないって怖いなぁ…。
改めて考えると、サムがタイ人と取引するシーンでビーが電話に出るという行動が不可解だったもんなぁ。

 

ひとつ分からないのは、ラウはヤンのデータを消したはずなのにパソコンにヤンのデータがあるとマリーに言っていたけど、コピーしてたのかな?
そこだけがちょっと気になります。

 

キョンが書類を書く時に漢字が分からなくてヤンに教えてもらうシーン。
用心棒は広東語で「ポウピウ」と言いますが、私は「保鏢」の漢字で覚えていたのですが、「保標」とも書くんですね。

広東語は同じ音でも様々な漢字が当てられます。
例えば「好き」は広東語で「鍾意(ジョンイー)」と書きますが、「鐘意(ジョンイー)」と書く人もいます。
「結構です。」という意味の「唔使(ンサイ)」は「唔駛(ンサイ)」と書く人もいます。
漢字は異なりますが、どちらも正しいです。

 

主題歌は華仔と偉仔のデュオによる「無間道」です。
挿入歌は蔡琴(ツァイ・チン)が歌う「被遺忘的時光」で、美しくて切ないメロディ(:_;)

 

実はインファナル・アフェアには別エンディングが存在します。
別エンディングの結末はラウがビーを殺してエレベーターから出て来ると、ラウが潜入マフィアであるという証拠を手に入れた吳廷燁(ン・ティンイップ)演じるチョンたちが現れて、ラウが逮捕されるというものです。

 

なぜ別エンディングが存在するのかというと、これは中国の映画市場が関係しているそうです。
中国ではエンターテイメントであっても映画に対する規制が厳しく、犯罪を助長するシナリオは制限されます。
ラウが捕まらずに警察官として職務を続けるオリジナル版のエンディングは警察官の犯罪を助長する表現にあたるそうで、中国で公開する際は別エンディングを使用されたといわれています。
厳しいっスね(^^;)
てか別エンディングの終わり方だと第3章に繋がらないじゃ~ん!